女子バレーボール全日本代表のテレビ出演について

本日、我らが岡山シーガルズと、W杯で来日したイタリア代表と親善試合がありました!
が・・・仕事で結局行けず・・・

そんな中、全日本代表入りしている山口舞選手と森和代選手についてですが、最近テレビでW杯が近づくにつれ、メディアで女子バレー関連が取り上げられることが多くなってきました。
シーガルズファンとしては2選手の話題がほしいところですが、悲しいことにいつも同じ選手ばかり・・・。試合風景もいつも同じ映像・・・

が!本日BSフジにて放送された『カンニングのDAI☆安吉日!ワールドカップバレーSP』はひと味違いました!
髭男爵が全日本の記者会見に潜入する、というコーナーがありました。
会見終了後、彼らが選手にインタビューにいく、という流れのところで、台に座ってちょっとくつろぎながら髭男爵を迎える森選手や、髭男爵がお決まりの「ヒグチカッター」を選手達とやるシーンでは、座安選手などと共に山口選手と森選手が笑いながら「ヒグチカッター」。
地上波のガンバレー部が基本的に過去の試合映像や今まで見たことがある映像で構成している分、BSではちょっと毛色を変えた構成にしているのかもしれないと思いました。
その分、逆に今までは出たことがない情報が出てくるかもしれない、と今後に期待できる内容でした!
ただ今後はどうなるかは分かりませんが・・・
久しぶりに2選手の様子が見れて良かったです!

親善試合の方は3セットストレートで取られて、その後イタリア側からもう1セットという申し出があったようで。
ストレートとはいえ、得点を見る限りある程度接戦だったようで、逆に負けたことで発奮してシリーズでガツンと他チームを負かしていけると良いな!と思いました。
は~、見たかったです・・・応援したかったです・・・
[PR]
# by dafeng5 | 2011-11-01 23:45 | その他

11月1日イタリアナショナルチームと親善試合開催!

最近仕事がバタバタで滞りがちな当ブログですが、貴重なニュースソースの地元新聞・山陽新聞発のビッグニュース!
11月4日から開催されるW杯に出場するために29日に来日するイタリアナショナルチームと、我らが岡山シーガルズが、11月1日に岡山県赤磐市の山陽ふれあい公園体育館で対戦するそうです!
17時開場の18時試合開始で、なんと入場は無料!
イタリアと言えば、モデルとしても活動している女性アスリートとしてメディアでもよく取り上げられるフランチェスカ・ピッチニーニ選手が有名ですが、wikipediaによると彼女がバレーを始めたきっかけは嘘か真か定かではありませんが、『アタックNO.1』を見たからだそうですよ!
イタリアやドイツは親日の国として有名ですし、あながちない話ではないかもしれませんね!
行く気満々になってますが、冷静にカレンダーを見ると1日は平日・・・。
午後休みか・・・。

きつい・・・かも・・・

昨年はトルコナショナルチームとの試合で勝利もおさめたシーガルズですが、今回の相手は世界ランキング7位の強豪・イタリア相手。
これは楽しみですよ!
[PR]
# by dafeng5 | 2011-10-26 07:22 | 試合など

スポーツスピリッツ『瀬尾有耶選手』編(平成23年10月11日放送)

岡山放送のスポーツ情報番組『スポーツスピリッツ』ですが、先週関李香選手が登場しましたが、それに引き続き、今週は瀬尾有耶選手が登場です!
しばらくスポーツスピリッツにシーガルズの選手が登場することがなかったですが、久しぶりの登場は二週連続シーガルズということで、嬉しいところです!
先日記事にも書きましたが、『おいでませ!山口国体』では、丸山選手との事実上ダブルリベロが実現し、普段は見ることの無いサーブでは見事なサービスエースもあった瀬尾選手。

ということで、岡山シーガルズ・瀬尾有耶選手の登場回について、レポートいたします!

○まずは、登場シーンから、関選手の選手紹介を映像を交えて
瀬尾選手の服装は、前回の関選手のレポートの最後の方で既に書いてしまっているのですが(該当記事はこちらをクリック)、ざっくりともう一度ご紹介します。

・ヘアスタイルは、前髪は下ろして、横の髪の毛は後ろにあげ、綺麗に編んだ髪の毛がクルリと巻かれた感じの髪型。
・服は、ネイビーのジャケットを袖までまくり(裏地は灰色地にドット柄)、下にはラクダの絵が描かれたTシャツ
・アクセサリーは、首からは鍵の形をした飾りの付いたネックレスと緑っぽい石のついた上品なネックレス(ここまで)

そんな、いつもとは雰囲気の違う瀬尾選手です。
雰囲気がぐっと変わった感じです!

紹介映像前の司会者とのトークでは、

司会者「バレーボールの選手は背が大きいイメージがあるのですが、瀬尾選手はどちらかというとかわいらしいイメージがありますが、身長は?」
瀬尾選手「157です。」
司会者「ファッションもいつもこんな感じのかわいらしい感じで?」
瀬尾選手「こんな感じです」
司会者「今二十歳?」
瀬尾選手「二十歳です」

そんなことで、瀬尾選手の紹介映像がはじまりました。
試合映像は恐らくサマーリーグ決勝大会の決勝戦の試合模様で、相手のフェイント気味のスパイクをとっさにスライディングで拾い上げる瀬尾選手のナイスレシーブな場面を背景に、瀬尾選手の紹介です。

岡山シーガルズの瀬尾有耶、二十歳。
身長157センチのリベロプレーヤーです。
広島県福山市の出身で、高校は倉敷翠松高校へ進学し、セッターでキャプテンとして活躍。
2009年の1月には内定選手として地元岡山でV・プレミアリーグデビューを飾りました。
同期で同じポジションの丸山亜季と競い合いながら、守備力に磨きをかけています。

という紹介ナレーションでした。

紹介後、司会者の「懐かしい映像がでてきましたね」の問いかけに「そうですね〜」。
映像ではシーガルズでのプレー風景の他、瀬尾選手の高校時代、春高バレーの決勝で同じ岡山の強豪校・就実高校との試合映像が映っており、セッターとしてプレーする瀬尾選手のプレー風景がおさめられていました。
その春高バレーの決勝は、スポーツスピリッツの司会者である堀靖英さんが実況か何かをされていたようで、瀬尾選手も「堀さんにインタビューされた」ことを覚えていらっしゃる、とのことでした。
この決勝、司会者の方のお話しだと、翠松が2セット取った後に逆転されて負けてしまったようで、瀬尾選手もちょっと悔しいような表情で頷いておられました。

と、ここで、恒例のテンクエスチョンです。

○テンクエスチョン
1.リベロになって気づいたことがある・・・○
高校の時はセッターとして活躍し、リベロになったのはシーガルズから、という瀬尾選手ですが、「入ってから。ただ高校1年生の時も少しだけリベロをやっていた」
「リベロって言うのは目立たないポジションで、レシーブとかボールに向かっていく気持ちで仲間を引っ張っていく、っていうことに、シーガルズに入ってから感じて、改めて難しいポジションだな、というのはすごい思いますね。(セッターとは)違いますね〜、はい。」
理想のリベロ像について聞かれると、「やっぱり、自分がボールに向かっていく姿勢とかでチームが沈んでいても盛り上げたり、そういう姿勢を見て仲間もがんばれるような自分でありたい。気持ちで盛り上げたい」

2.ほかのポジションにも興味がある・・・○
「やっぱりセッターをやってたんでセッターもやってみたいですし、自分がいろんなポジションができることで、1点を取りたいときとかにそういうのが役に立てばいいな」
「ゲームで途中からセッターという部分もあるので」
ということですが、司会者に普段からセッターの練習をしているんですか?という質問には「普段はなかなか。意識はしています」とのことでした。

3.練習で特に気をつけていることがある・・・○
「気持ちとか仲間に対する声かけとかはいつも気をつけてやってますね。その人その人によって声のかけ方が違うので、この人はいまちょっと焦ってるからこういう声かけをした方が良い、というのを練習の中で考えて、それが試合につながればいい」

4.最近成長したなと思うところがある・・・○
「サマーリーグを通して主に試合に出させてもらって、長い時間集中がもったことがなく、長い時間を試合に出たことが無くて、そんななか二試合続けてもった、っていうのは自分の中でも成長したと思いました」
司会者の「Vリーグというハイレベルな中での1試合の緊張感は違いましたか?」の質問には「全然違いました。観客が違いますし、集中するのは難しいんですけど、そんななかで集中してやるというのはとても勉強になった。」
確かに高校などでの試合とV・プレミアリーグでの試合は、試合会場の雰囲気から観客の多さ、様々な人々、試合を取り巻く環境など、色々異なると思うので、集中は難しそうですよね・・・
どのポジションでもそうなのでしょうが、リベロは様々な局面で瞬間の判断と動作を求められると思うので、長時間集中を切らさずに続けるのはかなり厳しいのでしょうね・・・

5.シーガルズに入団して驚いたことがある・・・○
「シーガルズって、自分が高校生の時に見てた感じだと、おとなしくて、という感じなんですけど、中に入ってみたら、皆さん大阪の方が多いんですけど、大阪のノリですごい楽しく!賑やかで。」とのことで、関選手も同じようなことを仰っていましたが、シーガルズに入られた方はみなさん同じ事を思われるのでしょうね。
確かにシーガルズの方々、近畿圏の方が結構いらっしゃいますし(チーム全体でも岡山ご出身の方は少なかった気がします)、試合や練習以外の時はさぞや賑やかなんでしょうね!
司会者の方に「そんななかで、瀬尾選手は盛り上げ役ということを聞いたのですが?」との問いに、「いや、そんな・・・、いじられ役ですね。」と仰いましたが、その後「フフフ」とおかしそうに笑われていたので、盛り上げ役というのは意外と事実なんでしょうね!

6.休日はバレーボールのことを考えない・・・×
「考えますね〜。昨日の練習はこうだったとか、仲間とか同期ともしゃべりますし、明日はこうしていこう、とか。」
寮生活ですものね、という司会者の受けの後、恒例のビデオレポートへと入っていきました(ビデオレポートは後述です)。

7.実はこんな趣味・特技があります・・・×
この質問には×と答えた瀬尾選手ですが、改めて聞かれると、
瀬尾選手「趣味、無いって言ったんですけど、洗車が趣味です」
瀬尾選手はお車をお持ちではないようなのですが「監督さんの車を洗わせてもらって。休みの日の朝とかは。車を洗っていると心が落ち着きます」

8.B4(ビーフォー)で一番おとなしいのは私だ・・・×
同期4人がB型ということから名付けられたB4について瀬尾選手「みんなおとなしくないです」。
卜部選手はプレー中の様子を見ていると結構おとなしい方なのかなぁ、と思っていたのですが、意外とそうでもないのでしょうか。
瀬尾選手「おとなしい人はいないです。(B4の中での役割に聞かれると)まとめてると思います」と仰る瀬尾選手ですが、司会者の方曰く、スポーツスピリッツに来る方、みんなそれぞれがみんなまとめ役と自覚しているそうです。
それを聞くと笑いながらそうなんですか?と答える瀬尾選手ですが、「みんなもうばらばらなんですよ。買い物4人で行ってもバーってなっちゃうし、部屋に集合ってなるんですけど、集合場所が丸山選手の部屋に集合かけなくても、みんな休みの日とか、行く。で、集まってどっか行こうか〜、って。」

9.目標とする選手がいる・・・○
「岡山シーガルズの金森選手。」と、シーガルズで同じポジションで先輩の金森純子選手を挙げた瀬尾選手。
「ジュンさんは気持ちの部分でチームを引っ張っている人。そういう気だったりを見習いたいと思う」

10.競技を続ける上で夢がある・・・○
瀬尾選手、真剣な表情で、「シーガルズで日本一となることです。」と語る瀬尾選手。
その日を目指し、ボールを拾って拾って拾いまくる瀬尾選手。
頼もしい限りです!


○ビデオレポート
6番目の質問の後で、恒例のビデオレポートです。
今回のレポーターは・・・丸山亜季選手です!
丸山選手は瀬尾選手とは同期で、同じく同期の卜部選手、川島選手と併せて『B4(ビーフォー)』と呼ばれていることは、シーガルズファンなら既におなじみのはず!
ちなみに、4人ともB型ということで、B4らしいですよ!

丸山選手の自分撮りの自己紹介の後に画面に映ったのは、目をつむっているラクダ(熊?)のぬいぐるみみたいなスリッパです。
そこからカメラが上に振られていくと・・・「じゃん!こんばんは〜」と手を振るオレンジのシーガルズTシャツを着た瀬尾選手です!
丸山選手「瀬尾選手の机の上を見てみましょ〜」とカメラを振り、机の上を色々写していきます。
机の後ろの壁に掛かったコルクボードには紐が横に二本張り渡されて、そこに木製のクリップで最近よくみかける、元気が出るようなメッセージの書かれたポストカードが吊されています。
机の上の棚には、沢山のDVDが!
映画やコメディ、アイドルのライブのDVDなど沢山のDVDが並べられています。
机の上には、NHKでも放送されている『アルフ』のキャラクターのトートバッグに、ステレオコンポ、鏡や美容用品の他に・・・線香のようなお香がおかれて、煙がそよそよと出ています。
丸山選手「お香があります。瀬尾選手、このお香はなんですか?」
瀬尾選手「このお香はGONESH NO8というお香で、すごく甘いにおいで、すごく癒されるんです」
丸山選手「そうですか。気になったのがこちら、30万円貯まるバンク。これはどうしたんですかー?」
瀬尾選手「これ、ちょっと、もってみてください、ほら」
と丸山選手に『30万円貯まるBANK』と書かれた黒い缶の貯金箱を渡す瀬尾選手。
渡された瞬間、丸山選手「お!ずっしりきてます!」と、そこまで比較的フラットな語調だったのが、貯まったお金に興奮されたのか、いきなりハイテンションです!
瀬尾選手「重いでしょ?これね、今、500円玉貯金、がんばってるんです」
その缶の貯金箱、机の上に2つありまして、「こっちは自分で買って、こっちは引退された堀田選手に買ってもらいました」
丸山選手「おお〜。60万円貯まると良いですね」
瀬尾選手、ガッツポーズとともに「頑張ります!」

画面が棚の上のDVDに切り替わります。
ミッキーマウスからやり過ぎコージー、DEATH NOTE、東京フレンズ、余命1ヶ月の派如目、海猿、Mr.ビーン、硫黄島からの手紙、アンフェアといった、ノンジャンルなDVDが並ぶ中、カメラが移動していくと・・・
丸山選手「シーガルズおなじみ、東方神起があります!」と、画面には『東方神起 season3』なるDVDが。
やはり有るんですね〜、東方神起。他にも2009年の4th LIVE TOURやHISTORY in JAPAN vol.4といった東方神起関係が並んでいます。
ところが・・・丸山選手「でも、今〜、瀬尾選手がはまっているのは〜、じゃん!BEASTで〜す!」
瀬尾選手「ほんと最近なんですけど、アリサさん(小林亜里沙選手)、クミ(丸山亜季選手)に『BEASTがいいBEASTがいい』って言われて、テレビで見てから・・・はまりました」だそうです。
誰が一番好きなんですか?の問いに瀬尾選手、6人のメンバーの顔が写ったポストカードをカメラの前に差し出し、「この人です!」と指さします。
丸山選手、「名前は?」と聞いた直後、瀬尾選手の言葉も聞かず、その人の顔を見て「かっこいいですね〜!」と質問そっちのけでBEASTファンっぷりが伺えるコメントです。
瀬尾選手「これは、クミさんも好きなんですよね」
丸山選手「はい!大好きです!」
質問の主従が逆転してますね・・・
気になる瀬尾選手、丸山選手のお気に入りの方は、ユン・ドゥジュンという方だそうですよ!

場面変わって、椅子に座って机の上になにやらノートのようなものを広げて何かを書かれている瀬尾選手。
丸山選手「セーヤさん(セーヤは、瀬尾選手のコートネーム)、いま、なにしてるんですか〜?」
瀬尾選手「いまはね、ボールペン字実用練習帳で字の練習をしてます」
丸山選手「セーヤさんって、字、苦手でしたっけ?」
瀬尾選手「苦手じゃないんですけど、すごいくせ字なんで、ヒロさん(岡野弘子選手)とホクトさん(村田奈都美選手)に勧められてやってま〜す。結構やってますよ、ほら、ね?」
と、カメラが練習帳に寄っていくと、『つき』『なつ』『おと』など、綺麗に書かれたひらがながたくさん!
丸山選手「お、なかなかきれいです。引き続きがんばってくださ〜い」
瀬尾選手「は〜い」

丸山選手「瀬尾選手、この袋に入っているのはなんですか?」と再び画面が変わり、『RH CALIFORNIA』と文字が書かれ、星印が三つ縦に並んだピンク色のチェックのポシェットくらいの袋が登場。
瀬尾選手「見つかっちゃいました?」
丸山選手「お菓子ですか!?またこっそり食べて〜!」
と突っ込み。
気になるその袋の中身は、瀬尾選手「アミノバイタル〜!(ドラえもん風に)」。
瀬尾選手「アミノ酸とかビタミンが素早く吸収されて、疲労回復に良いそうなんです。なので、トレーニングをした日の寝る前とか、練習始まる前にシーガルズのみんなも飲んで、愛用しています!」
丸山選手「では、それを飲んで明日からもばりばりとがんばってくださ〜い!」
瀬尾選手「はい!」と元気よくガッツポーズをして、ビデオレポートは終わりとなりました。

ビデオレポートが開けて、司会者の「30万円は貯まったら何に使うですか?」の質問に「え?そんなん、考えてないです(笑)」ということで、貯めることに意義があるそうですよ。
BEASTについては、2009年にデビューした韓国の6人組のグループだそうで、「まだ注目されてなくて。先取りです!BEASTお勧めです」と瀬尾選手。
シーガルズの中では、韓流ブームは如何に先取りするか、というステージに入っているそうで、そんな中のBEAST。
少なくとも瀬尾選手をはじめ、小林選手、丸山選手も注目するBEASTは、これからクルか、要注目、というところですね!
瀬尾選手が好きなドゥジュンさんについて好きな理由を聞かれると「彼は包容力があるからです」と照れ笑いながら答える瀬尾選手でした。
また、DVDの中にあったMr.ビーンについて司会者に振られると、瀬尾選手「ああそうです!それは隠したかったんですけど、写ってしまいました(笑)。好きなんです。ずっとちっちゃいころから見てて。」
ボールペン字は、くせ字(丸字)だったそうで、「直しなさい」と岡野選手、村田選手から言われて始めたそうで、一生懸命字を綺麗に書けるようになって「大人の女性に・・・」と瀬尾選手。
確かに字が綺麗な方って、男女問わず、その人自身もしっかりしているように見られるので、綺麗に書けるにこしたことはないですよね。


○宝物
瀬尾選手の宝物は『カギとネックレス』。
カギはカギでも、ネックレスのカギです。
選手「これはですね、高校の時からずっと付けてるんですけど、何のカギかちょっと分からないんですけど、自分は心のカギと言うんですけど。相手の心のカギを開けるんです」
司会者「自分の心のカギは?」
瀬尾選手「閉めたまま(笑)エヘヘ」
司会者「開けて下さい!」
瀬尾選手「開いてます!(笑)」
もう一つのネックレスは、二十歳の誕生日の日にご両親から頂いたそうですよ!


○キーワード
瀬尾選手からのキーワードは・・・「じゃん!カギです!」。
BEASTとかお香ではないんですね〜。


○抱負
いよいよ開幕まで2ヶ月をきったV・リーグに向けての抱負を聞かれた瀬尾選手。

「全員で『つながり』っていうキーワードを胸に、まずはベスト4を目指して頑張りたいと思います」

と力強く語ってくれた瀬尾選手で、締めとなりました。


国体の記事でも書いたとおり、今回のビデオレポートのコンビである瀬尾選手・丸山選手のダブルリベロ、リーグ中でどうなるか、素人の意見で恐縮ですが、個人的にとても興味があります。
丸山選手が拾ったボールをトスして幅広い攻撃の布石となるも良し、仲間のレシーブミスをフライングレシーブで広いまくるも良し、とても面白いバレーが出来そうな気がします。

そんなこんなの、今回も盛りだくさんのスポーツスピリッツでした!


しかし、シーガルズの韓流好き、毎回言っているような気もしますが、本当に根強いですね!
こうなってくると、逆にシーガルズの中のアウトサイダー=韓流ファンではない方、というのが誰かいるのか、いるとしたら誰なのか、とても興味が出てくるところです!
[PR]
# by dafeng5 | 2011-10-15 13:11 | その他

『おいでませ!山口国体』 ちょっとだけ写真

先日、山口国体の記事を書きましたが、もう少し写真だけ掲載いたします。

10月9日のオレンジ版ユニフォームでの試合開始前ショットです。
e0234998_183654.jpg


その他にも9日のショットをいくつか。
e0234998_192249.jpg

e0234998_19505.jpg

e0234998_110542.jpg


やはりいつものブルーとひときわ色が異なるので、イメージはかなり新鮮ですよね。

サマーリーグで注目を浴びた二人のショットです。
e0234998_111767.jpg

卜部選手、国体ではサーブにトスにブロックと大活躍でした。
e0234998_1123030.jpg

岡野選手、さすがのサーブ、トスに加え、レシーブやブロックなど、素晴らしいプレーを見せてくれました。
e0234998_113386.jpg

丸山選手はサマーリーグ決勝大会では正リベロの座を瀬尾選手に渡しておりましたが、国体では再びリベロとしてチームのピンチを救い、仲間をサポートしていました。
e0234998_1151049.jpg


10日の試合からも、先日の記事では掲載できなかったショットを数点だけ。

高松選手と小林選手、ナイスブロックコンビです。プレミアリーグに入ると、このあたりのポジションがどうなるのか見ものです。
e0234998_1171149.jpg

身長183センチの関選手、卜部選手とともに相手の攻撃をブロック。
e0234998_1183677.jpg

チームで最も高い身長を誇る関選手、今後の活躍が大いに期待されます。


余談ですが、自らの腕はさておき、サマーリーグの決勝大会でレンズの不調があって、ピント調整に出したのですが、こんどは何となくちょっと奥ピン気味のような気も・・・
プレミアリーグが始まる前にもう一度調整に出すかなぁ、と検討中です。

あまり写真点数がありませんが、やはり女子スポーツは、選手がなるべくいい顔で写っているものを選びたいので、そうすると極限まで力を出すスポーツでは、なかなかOKカットがでてきません・・・
このあたり、なかなかOKカットを増やせませんが、精進あるのみ、と肝に銘じている次第です・・・
[PR]
# by dafeng5 | 2011-10-15 01:22 | 試合など

『おいでませ!山口国体』感想 その2

山形県代表・パイオニアレッドウィングス、茨城県代表・日立リヴァーレを下し、準決勝に駒を進めた我らが岡山シーガルズ。

次なる相手は、サマーリーグ予選大会で1位通過を賭けて争い、決勝大会でも優勝の座を奪い合い、いずれも後一歩のところで後塵を拝することとなった相手、佐賀県代表の久光製薬スプリングスです。
もはやこうなってくると因縁の相手と言っても過言ではない相手のような気がします。

僕が会場である山口南総合センターに到着したのは、岡山シーガルズの試合開始時間の13時30分に合わせ、12時過ぎくらいでした。
e0234998_20123714.jpg

会場入口前には人が行列しています。会場に入場制限がかかっており、整理券を配布しているようなのです。
整理券をもらいしばらくすると場内に通され、少しずつ会場の中に通されていきます。
e0234998_20125276.jpg

場内には、1階のコートサイド片側に、入口を挟むように仮設のスタンドが設置され、それぞれ4分の1程度がチーム関係者席として区切られています。
2階はコートエンドの片側方向にスタンドがあり、それ以外は場内をぐるりと囲うように通路があり、そこが立ち見席となっていました。
僕が入るとき、1階は満席で、2階席に通されたのですが、スタンドは満員で、通路に陣取ることとなりました。
場内は一言で言うと『蒸し風呂』。
選手や観客の熱気で、ムシムシと暑く、じっとしていもじわっと汗ばんでしまうほどです。
e0234998_20132238.jpg


会場内に入った時間だと、予定通りならば、東レ対トヨタ車体の試合をやっているはずなのですが、試合はまだその前の茨城・日立リヴァーレ対大阪・三洋電機レッドソアが絶賛試合中でした!
結局、東レ対トヨタ車体の試合が終わり、岡山シーガルズの試合は16時過ぎくらいと、実に2時間30分押しでした・・・
よく考えると、この国体の日程、1試合の予定時間が1時間20分という、そりゃ時間がおすよな・・・という時間設定なんですけれども・・・

シーガルズの試合の前の東レ対トヨタ車体でちょっと注目だったのは、東レのメンバーの中に堀川真理選手と二見梓選手がいらっしゃったことです。
このお二人、昨年の春高バレーの頃だったか、テレビのスポーツ番組でライバルとして取り上げられていた選手達で、お二人とも東レに入られたということで気になっていた選手達だったのですが、本日はそのプレーが見れるかも、ということで楽しみにしておりました。
堀川選手はカナダと日本のハーフの方で共栄学園を卒業し、過去にアジアユース選手権や世界ユース選手権などに選出されたこともあり、今年の全日本にもメンバー登録された実力派の選手です。
一方、二見梓選手は大和南高校を卒業し、身長180センチという長身を活かしてミドルブロッカーとして東レに今年から在籍している選手です。
それぞれ試合に出場したのはセットの終盤あたり、ということで、まだまだ実戦での経験値を積んでいく、という段階なのかな、という印象でした。
堀川選手はサウスポーで、当方の観戦歴が短いからとは思いますが、サウスポーの選手はあまり見かけないので新鮮で、思い切りよいスパイクを打ち込んでいました。

そしていよいよ始まった岡山シーガルズ対久光製薬スプリングスの試合です。
恐らくほとんどの方がご存じと思うので、結果からお伝えしますと、

第1セット:21-25
第2セット:17-25
第3セット:23-25
で・・・岡山シーガルズは負けてしまいました・・・

この日のスターティングメンバーは、川島亜依美、高松未、川畑愛希、岡野弘子、福田舞、関李香、リベロ丸山亜季という布陣です。
関選手はサマーリーグ決勝大会でブロードにスパイクにサーブと、様々なプレーで抜群の活躍を見せた選手ですし、川島選手は同じくサマーリーグで全チームの中から敢闘賞を贈られた急成長中の選手です。
その他のメンバーも、ここ最近の試合で安定した実力を見せている選手達ですので、期待は出来ました。
リベロについては、サマーリーグ決勝大会ではメインが瀬尾選手だったのですが、ここにきて再び丸山選手が入ってきています。
選手の善戦も及ばず、ストレートで負けてしまった岡山シーガルズ。
連覇は途絶えましたが、次の日の3位決定戦で前試合に東レに敗れたトヨタ車体クインシーズ・愛知と争うこととなりました。

試合内容については、実はほとんど詳しい内容は覚えていません・・・
というのが、やはり敗戦のショックが大きすぎて・・・力が抜けてしまって・・・
とはいえ、全体的な試合の印象としては、
・レフトが比較的多めな印象で、それだけに攻撃がある程度単調になってしまい、攻撃が読まれがちだったこと。
・粘りのプレーは随所で見受けられたものの、粘った末に決めきる、ということがなかなか出来なかったこと。
というところで、このあたりがやはり敗因だったのかなぁ、と素人ながら思いました。
選手個々についても、スターティングメンバーの攻撃がなかなか思うように調子が上がってこないように見受けられ、その代わりとして出場した村田選手がゲーム後半に調子が上がってきたものの、最初の躓きがそのままになってしまった、という感じです。
また、第3セットは多めのリードを奪いながらも、結局は逆転されてしまい、ゲームを落としてしまった、という、昨シーズンと同じような印象を感じました。
この、勝ちきれない、というところは、果たして何が影響しているのか、僕みたいな素人風情には何とも言えません。
負けはショックはショックですが、きっとこのあたりをシーガルズの皆さんも修正してきて、明日の3位決定戦ではきっと見事な勝利を成し遂げるはず!
そう信じて、その日の観戦は終えました。

そして迎えた、10月10日。

僕は軽やかに寝坊をして、あわや間に合わないか!?というところを、なんとか奇跡のドラテクで試合開始には間に合いました。
会場に入ったときは既に選手達が練習を始めており、そこからすぐに試合開始となる位のタイミングでした。
この日の試合は3位の座を賭けたトヨタ車体クインシーズ・愛知とのゲームとなります。
この日のスターティングメンバーは、小林亜里沙、高松未、村田奈都美、岡野弘子、福田舞、関李香、リベロ丸山亜季という布陣です。
試合開始前のポジション確認で選手がコートに立つ際、小林選手のポジションに川島亜依美選手が一旦はコートに立ったのですが、すぐに河本監督から声がかかり、小林選手に変更されました。最初からこのスタメンだったのか、急遽変えたのかまではちょっとわかりません・・・
昨日の敗戦を引きずらず、全力を出して勝利を目指して欲しいところです!

そしていよいよ試合開始。
e0234998_2015183.jpg

福田選手のサーブで火ぶたが切られました。
序盤から快調に点数を重ねる岡山シーガルズ。
第1セットは福田選手、村田選手のスパイクが要所で決まり、危なげなく1セットを取りました。
続く第2セット。ここからトヨタ車体がめざましく追い上げをしていきます。
一旦はシーガルズがリードするものの、いつの間にか逆転をされてしまいます。
トヨタ車体は、相手選手の強烈なジャンプサーブで守備を崩し、返ってきたチャンスボールを的確にパワフルにコートにたたき込んできます。随所にブロックアウトを狙ってくる攻撃もスピードとパワー溢れる攻撃にアクセントを付け、なかなかシーガルズは跳ね返すことが出来ません・・・
随所では、村田選手や小林選手、福田選手といった攻撃陣の強烈なスパイク、卜部選手のトスなど、光るプレーが見られるのですが、なかなか波に乗りきれません・・・
e0234998_20283087.jpg

e0234998_2028599.jpg

e0234998_2030667.jpg

e0234998_20321583.jpg

結果、第2、第3セットは惜しいところまではいくのですが攻めきれず、相手に連取されてしまいます。

流れとしては、この時点で完全にトヨタ車体です。
続く第4セットは取られてしまうと当然ですがゲームを落としてしまいます。
そんな勝負がかかった第4セット。

ここからシーガルズは怒濤の反撃を見せていきます

圧巻だったのは、福田選手のスパイク!
e0234998_20165182.jpg

試合序盤から、昨日ゲーム後半で一時下げられるなど、なかなか調子が上がらなかった福田選手はこの日絶好調!
強烈なスパイクをたたき込む福田選手に、トヨタ車体はついに福田選手に3枚を付けてきます!
興奮してて三枚ついているときの写真は残念ながら無いのですが、伸びてくるブロックをかいくぐって相手コートに突き刺さるそのスパイクは、思わず興奮せずにはいられません!
この日のスタメンからは外れた川畑愛希選手も、その鬱憤を晴らすかのように攻撃を決めていきます。
e0234998_20191082.jpg


そして岡野選手。
e0234998_20201225.jpg

相手にうまく振られて、岡野選手一枚のブロックしかないとき。
ああ、厳しいかもと思った次の瞬間、完全に相手のスパイクを見事なブロックでシャットアウト!
あの瞬間は思わず「おお!!」と声を上げてしまいました!
もう一つ印象的だったのは、第3セットだったと思うのですが、流れが完全にトヨタ車体側に傾いたとき、岡野選手がコート上にいる選手達に声をかけ、コートの真ん中で円陣を組んで気合いを入れた場面でした。
岡野選手は今期からキャプテンを務めています。
チームを一つにまとめ上げるその責務を背負った試合において、メンバーが落ち込みかけたその時を的確につかみ、今一度気持ちを一つにしようとしたその行動に、岡野選手のキャプテンシーの片鱗を垣間見た気がしました。
e0234998_20492927.jpg

そのセットは惜しくも取られてはしまったのですが、今にして思えば、このときに選手達がくじけなかったことが、ひょっとしたら第4セットの奮起につながったのかもしれません。
e0234998_20233545.jpg


そして、そんな頑張りを見せる選手達をさらに後押しするのは、中田コーチと宮下遥選手が掲げるメッセージ!
e0234998_2025545.jpg

『さらりととめて 気を流す』と書かれたお手製の横断幕をいつしか掲げながら、宮下選手は試合内容をメモしつつ、プレー中は真剣な顔で仲間達を見つめ、中田コーチと共にコート外から力一杯応援をされていました!

一進一退の様相を呈してきた第4セットをもぎ取ったのは我らが岡山シーガルズ!

そして迎えた最終セット。
コート上でセット開始を待つのは、川島、卜部、福田、川畑、岡野、リベロ丸山。
会場内は1点が入るごとに大歓声があがる盛り上がりを見せます!
もうここから写真、ほとんど撮ってません・・・

14-11。
先にセットカウントを迎えたのは、我らが岡山シーガルズでした。
e0234998_2026461.jpg


トスが上がり、レフトからスパイクを打つ川畑選手。




次の瞬間、歓声をあげたのは、岡山シーガルズでした。
e0234998_2027861.jpg

コート上の選手はもちろん、年齢制限で出場できなかった宮下選手も、中田コーチも、喜びを爆発させた瞬間です!

セットカウントは、
第1セット:25-18
第2セット:23-25
第3セット:23-25
第4セット:25-21
第5セット:15-11
というフルセットの激戦となりました。

こうして、3連覇中の岡山シーガルズは、第66回国民体育大会『おいでませ!山口国体』の結果は3位という結果に終わりました。
e0234998_20342770.jpg

e0234998_20345011.jpg


一つ、これはシーズンでもアリなのでは?と思ったのが、瀬尾選手と丸山選手のダブルリベロ防衛ラインです。
e0234998_20335950.jpg

瀬尾選手は、全日本に急遽招集された森和代選手の代わりにメンバー登録をされ、その登録はリベロではありませんでした。
そのため、守備力を高める際や要所でのピンチサーバーとして出場した瀬尾選手。
リベロが入っている際は、事実上二人のリベロがコートに立つことになるわけで、ナイスレシーブを連発していました。
e0234998_20332630.jpg

普段はリベロなのでサーブを見ることはありませんが、ピンチサーバーとして出るだけあり、サービスエースを決めるなどもしていましたし、守備固めの際は瀬尾選手をあえてリベロ以外で起用、ということもあり得るのではないかと思いました。
昨日深夜(正確には本日)に放送された岡山放送のスポーツ番組『スポーツスピリッツ』に瀬尾選手が登場した際、瀬尾選手はリベロ以外にセッターもやってみたい、ということを仰っていました。
元々彼女は翠松高校時代、セッターとしてプレーしており、そのあたりもあるのだとは思いますが、リベロというポジションについて気づいたこともある、ということで、『リベロを外れる』という意味ではなく『リベロ以外のポジションで起用する』というプラスの意味での起用もアリなのではないかと思いました。
外国人選手や全日本組が加わった相手に試合をしていく上で、シーガルズは長身の選手が少ないことから、まずは返す、ということを実践するためにある意味、理にかなっているような気もしないではないのですが。
とはいえ、素人の僕が考えることなので、理にかなっていないかもしれないですし、そのあたりはあくまで個人の感想と言うことで・・・
昨年の世界選手権で、全日本のコート上に、竹下選手、佐野選手、井野選手、中道選手と4人の170センチ以下の選手達が立ったことがありました。
その時の守備力は尋常ではなかったです。
シーガルズでも、そういう、とにかく拾って拾って拾いまくる、という守備的な布陣を時々見てみたいなぁ、ということを思いました。


サマーリーグ、ミニ国体、国体と続いてきたオフシーズンの試合ですが、この後はいよいよ12月に迫ったV・プレミアリーグです。
そこに向けてどう調整していくか。
また、高速バレーを標榜する新生全日本でプレーしてきた山口舞選手、森和代選手が合流してきたとき、現在のチームとどう融合していくのか。
リーグ開幕へ向けて、これからも目が離せません!

とはいえ、しばらくシーガルズのゲームを見ることはできないので、寂しくなりますね・・・
[PR]
# by dafeng5 | 2011-10-11 20:30 | 試合など


女子バレーボールチーム・岡山シーガルズを応援する、とあるファンのブログです。主に、岡山近辺で行われる試合やイベントなどの情報等を発信しますが、更新はえっちらおっちらマイペースです。


by dafeng5

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

facebookページを開設..
at 2012-12-13 18:23
2012/13V・プレミアリ..
at 2012-12-10 00:00
24時間テレビ チャリティー..
at 2012-08-27 00:13
牛肉サミット2012
at 2012-08-25 23:28
赤磐市パブリックビューイング..
at 2012-08-12 10:09

カテゴリ

全体
選手紹介
チアスティック
応援歌
試合など
その他
未分類

外部リンクです。

●岡山シーガルズ公式サイト●
岡山シーガルズの公式サイトです。

●Seagulls Support Shop●
岡山シーガルズのオフィシャルショップです。
こちらのサイトの売り上げの一部は岡山シーガルズの活動資金の一部となるそうです。

●exciteによる東日本大震災義援金(寄付)のお願い●
平成23年3月11日に起きた東日本大震災への義援金(寄付)にexciteが取り組んでいます。
少しの力でもきっと何かの役に立つと思います。是非ご覧ください。


●岡山シーガルズ-卜部里菜ファンサイト/flying-beauty.net●
岡山シーガルズの卜部里菜選手のファンサイトです。ここに来れば、きっとあなたも卜部選手の魅力に虜になります!

●岡山シーガルズ・山口舞選手を応援する会●
岡山シーガルズの山口舞選手のファンサイトです。山口舞選手の情報を始め、様々なシーガルズ・バレーボール情報が盛りだくさんです!

●岡山シーガルズ丸山亜季選手のファンブログ!●
岡山シーガルズの丸山亜季選手のファンであるGOHさんのブログです。関西にお住まいで県外のシーガルズファンの雄です!笑顔が素敵な丸山選手の写真も満載!

以前の記事

2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月

最新のトラックバック

小林亜里沙選手
from Strange days

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

オーストラリアドルfx業者

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ

画像一覧