<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

【プチ写真レポート】平成24年3月3・4日V・プレミアリーグ豊田大会

3月16〜18日に行われるセミファイナルに行くかどうかを真剣に悩んでいるdafeng5です。
16日はさすがに平日なので年度末のこの時期は無理と思われますが、17、18日は行きたい・・・
カーナビに会場をセットすると『所要時間315分』。
・・・う〜ん・・・
でも見たい・・・

と、そんな私事はさておき、恒例となった試合中の選手達の様子を少しでもお伝えするためのプチ写真レポートです。
少しでも試合当日の様子が伝わればなぁ、と思います。

まずは、3月3日土曜日、対久光製薬スプリングス戦からです。

試合会場となった、愛知県豊田市のスカイホール豊田です。
かなり大きな体育館でした。
e0234998_101268.jpg

ちなみに、車が写っている向こう側に、我らが岡山シーガルズの受付がありました。

森選手と山口選手の全日本組による豪華なブロックです。
森選手はもちろんのこと、山口選手もブロックは相当なもので、翌4日第4セットで勝負を決めたブロックポイントは山口選手があげた得点でした。
e0234998_112371.jpg


村田選手のサーブです。
左手を前に出し、少し前にボールをあげて打つ。
基本に忠実なサーブですが、それにしてもギリシャ彫刻を思わせるような素晴らしい筋肉だと思います。
この腕からあの強力なスパイクも打ち出されるのです。
e0234998_12463.jpg


ホイッスルを待つ選手達。
タイムアウトは試合の流れを変えるための重要な戦術です。
規定時間を過ぎ、コートに入っていき、流れを良い方向に持っていくことができるか。
とても緊張する時間なのではないかと思います。
e0234998_143477.jpg


意外と僕は丸山選手の写真を撮っていません。
正確には『撮れていません』。
サーブはレシーブが苦手な選手だけでなく、相手のアタッカーを狙うことが多いため、狙って写真を撮ろうにもなかなかリベロにボールがいかないため、なかなかシャッターチャンスに恵まれないのです・・・
シーガルズの若き守護神・丸山亜季選手の活躍、もっと写真で紹介したいなぁ、と思っています。
e0234998_17693.jpg

e0234998_204556.jpg


コート上でプレーする選手達の闘志を鼓舞するベンチからの声援。
富山時代のシーガルズから最前線でプレーしてきた主将・岡野弘子選手と副主将・若浦貴子選手。
若いチームは時に雰囲気が暗くなるとそのまま調子を崩してしまうこともあります。
そんな若い選手達をベンチから後押しし、コート上に立つと背中で引っ張っていく。
これほど頼もしい存在はないのではないでしょうか。
e0234998_1101789.jpg


そんな岡野弘子選手のプレー。
今シーズンは宮下遥選手がメインのセッターを務めましたが、調子を崩したときやゲームの流れを変えるときに投入されたのが岡野選手でした。
変幻自在なトスワークは健在で、自身と同じく、富山時代から共に戦ってきた森和代選手とのコンビプレーは切れ味鋭く相手コートを引き裂いていきました。
e0234998_1151770.jpg


森和代選手は、180センチを越える関・川島両選手の登場が増えたことで逆にコートに立つことが若干少なくはなりましたが、その円熟味有る巧みなプレーは見るものに未だに驚きを与えてくれます。
クールな表情で瞬間瞬間の正確な判断でチームの窮地を幾度も救ってきました。
e0234998_1172511.jpg

森選手がコートに入ってくるとき、選手達はたまらない安心感を覚えるに違い有りません。
彼女もまた背中で語るプレーヤーの一人なのだと思います。
e0234998_1193267.jpg


関選手は2010年にデンソーエアリービーズから岡山シーガルズへ移籍してきたものの、リーグの規約上2010/11シーズンに出場することができず、今シーズンが初のリーグとなりました。
昨年のサマーリーグでの活躍もめざましく、シーズンに入ってからは時折垣間見えた不安定さもなりを潜め、コンスタントに活躍する選手へと成長しました。
比較的上背のない選手が多かったシーガルズの中で、チーム一の長身となる彼女の存在は、新生シーガルズの柱の一つなった、と言えるのではないでしょうか。
e0234998_121137.jpg


その名のごとく美しく舞い上がるのは山口舞選手。
卓越したジャンプ力は、世界の舞台においても、並み居る長身選手のブロックをかいくぐる狙い澄ましたスパイクと、咄嗟の判断で相手の手に当ててアウトを狙っていく頭脳的なプレーを自由自在に繰り出し、一躍世界中の脚光を浴びました。
余談ですが、国際バレーボール連盟FIVBのWEBサイトのトップページ上部にあるイメージには、多くの世界的選手と共に、全日本のユニフォームに身を包んだ山口選手が登場します。いかに彼女が世界的に注目を集めているかがよく分かります。
そんな彼女もチームの中では中堅どころで、新聞記事などでは若手に対する想いを語ることが多くなっています。とはいえ、その輝きは全く衰えず、ぶれない気持ちで進化を続けている素晴らしい選手だと思います。
e0234998_126474.jpg


宮下遥選手は次世代の全日本を背負っていく可能性を秘めた若き司令塔です。
e0234998_1433831.jpg

若きと簡単に言いましたが、若干17歳。
シーガルズの多くの選手は大阪国際滝井高校でプレーし、春高などを経験してシーガルズに入団、という流れが多いと思うのですが、彼女は在学中から既にバレーボールのトップリーグで活躍しています。それどころか、既に大阪国際大和田中学校に在学中に内定選手としてプレーを始めているのです。
河本監督は常々、将来の日本を背負う長身セッターとして大いに期待していることを語られています。
e0234998_1442797.jpg

主将の岡野選手に変わり、今シーズンのレギュラーラウンドはセッターとしてスターティングメンバーに入り続け、見事4年ぶりとなる4強入りに貢献しました。
次なるはセミファイナル、そして、ファイナル。さらには全日本代表チームでのセッター。
彼女には遙かなる高みが待っているに違い有りません。
e0234998_1342013.jpg


フライングビューティー・卜部里菜選手。
特徴有るジャンピングフローターサーブを得手とする卜部選手は、小兵ながらもスパイク、レシーブなど、様々なプレーをこなすオールマイティーな実力を持っています。
なんと3月4日の対トヨタ車体クインシーズ戦ではリベロとして出場。会場のファンの度肝を抜きました。
彼女は出身校である大阪国際滝井高校在学中に春高バレー優勝を経験しています。
日本一の栄光を今度は岡山シーガルズで。
その研ぎ澄まされた表情は、きっとそう心に誓っているのではないかと思います。
e0234998_1455492.jpg


個人的に森選手、山口選手のプレースタイルを受け継いでいくのではないかと思っているのが、この川畑愛希選手。
時に力強く、時にクレバーに。
瞬時の判断を求められるそのプレースタイルを涼しい表情で身につけようとしている彼女は、将来のシーガルズをしょって立つ選手となることは間違い有りません。
e0234998_1495580.jpg


再び森選手。
彼女には女性ファンも多いと聞きます。
凛とした表情で気迫のこもったプレーを繰り広げるその姿を見ていると、それも納得できる気がします。
e0234998_1524763.jpg


『この試合に勝利すれば4強入りが確定する』
そんなプレッシャーに選手達が固くなり、第1セットは落としてしまったものの、第2セット中盤からは選手達も落ち着きを取り戻し、今シーズンのシーガルズに見られた粘りの末に得点を決める、という姿を取り戻しました。
e0234998_243682.jpg

e0234998_158628.jpg

e0234998_2223742.jpg


関李香選手と同じく、かつてデンソーエアリービーズに所属した福田舞選手。
今シーズンは昨シーズンの鬱憤を晴らすかのような大爆発!
本人曰く、苦手としていたサーブ、サーブレシーブを徹底的に練習し、攻守にわたって大活躍のシーズンでした。
e0234998_1593361.jpg


野口彩佳選手も今シーズンは飛躍の年となったと言えます。
B4組(丸山亜季選手、瀬尾有耶選手)が試合に出場することが多かった昨シーズンですが、今シーズンは多くの試合で時にリベロとして、時にピンチサーバーとして活躍を見せました。
4日は卜部里菜選手が副リベロとなったことから、主にピンチサーバーとして登場。守備固めとしてももちろん機能し、粘りのシーガルズの一翼を担う存在でした。
e0234998_212234.jpg


川島亜依美選手もB4の一人。
あくまで個人的な感想として、『いつの間にかすごい活躍している』という選手で、若いながらも堅実性溢れるプレーをしているのがその理由なのかもしれません。
とはいえ、関選手と比肩する181センチの身長は、それまでのシーガルズには無かった高き壁として相手の前に立ちふさがりました。
e0234998_25972.jpg

ちなみにこの写真は攻撃をした後、無事決まったことを確認して、「よかった〜!」と思っているのではないかな、という場面です。

試合後のヒロインインタビューは山口舞選手。
インタビュー後、ボールにサインをして、二階の応援席に力一杯ボールを投げ込みました。
e0234998_285919.jpg

インタビューの内容を覚えていれば良かったのですが・・・その時は勝利の歓喜のあまり、とても興奮していて、内容を全く覚えていません・・・申し訳ないです・・・

その山口選手の向こう側では、勝利を喜び合う選手達がいました。
森選手と卜部選手は二人でなにやら楽しそうに会話。
e0234998_2102093.jpg

その表情に、無事勝利を遂げ、当初の目標だった4強入りを達成した事への安堵感がうかがい知れます。

そんな選手達をコート隅から見守っていた河本総監督。
その眼差しがとても優しいものだったことがとても印象的でした。
ストレッチ後の応援席からの最後のエールに応える選手達の前を、河本総監督が通り過ぎるその表情には、安堵感と共に次の闘いへ向けてのスタートが切られているように思えました。
e0234998_211415.jpg


一方、今シーズンから監督に就任した溝田監督。
河本総監督が比較的静かにベンチに座っていることが多かったのに対し、溝田監督は決まったときは選手達共に大声で声をあげ、士気を高めていらっしゃいました。
個人的にシーガルズは静かなチーム、という印象があるのですが、この熱い溝田監督、僕は好きです。
e0234998_2163026.jpg


闘い終わった選手達。
次なる闘いへ向かう前の喜びのひととき。
e0234998_2185360.jpg


こうして、4年ぶりの4強進出を決めた3月3・4日の豊田大会の幕は閉じたのでした。

そして・・・
次はセミファイナルです!

Seagulls Go! Go!ですよね!
[PR]
by dafeng5 | 2012-03-07 02:23 | 試合など

岡山シーガルズ、セミファイナル進出!

ここのところ大変ご無沙汰しておりました。
そして、ご無沙汰しているうちに、V・プレミアリーグの2011/12シーズンのレギュラーラウンドは、昨日平成24年3月4日をもって終了いたしました。

レギュラーラウンドが終了後、上位4チームがセミファイナルに進むことになります。
シーズン序盤で無敗の快進撃を続けていたデンソーエアリービーズと、全日本登録選手を多数有する実力派の東レアローズは早々にセミファイナル進出を決めていました。
そして、同じく全日本代表として切れ味の良いバックアタックと気迫溢れるプレーが魅力の石田瑞穂選手のほか、昨年のワールドカップにてきら星のごとく現れた岩坂選手、新鍋選手、座安選手を要する久光製薬スプリングスも順当にセミファイナルへとコマを進めました。

昨年末に東レアローズを破るなど、昨年とは打って変わって勝ち星を重ねる岡山シーガルズでしたが、去る2月12日の兵庫大会にて、そこまで全敗だったNECレッドロケッツにまさかのストレート負けを喫します。
この敗戦が後々まで糸を引き、暫定4位のJTマーヴェラスにあと一歩のところで追いつけない・・・という状況が続きました。

ところが!
このJTマーヴェラスがシーズン後半にまさかの失速で、なんとセミファイナルに進出するもう1チームが決定するのは、平成24年3月4日のレギュラーラウンド最終日にもつれ込んだのです!

実は2月25〜26日に開催された愛媛大会では25日だけ現地に応援に行っていたのですが、岡山シーガルズが東レアローズに敗北し、一方JTマーヴェラスはトヨタ車体クインシーズ相手に勝利。

『これで勝負あったかぁ・・・』と思った矢先。
翌26日に行われた試合で、JTマーヴェラスが最下位のNECレッドロケッツにまさかのストレート負け!
なんと、岡山シーガルズにまだ4強に残るチャンスが残されることとなったのです!

そんな状況で行われた3月3日、4日の豊田大会。

岡山シーガルズは3日の試合で久光製薬スプリングスにフルセットで惜しくも負けを喫します。
一方JTマーヴェラスは3-1でパイオニアレッドウィングスを下しました。
ここでJTマーヴェラスが勝利数が1つ上回り、4日にJTが勝利するとシーガルズの結果にかかわらず、JTがセミファイナルへと進む、と言う状況になり、シーガルズの4強入りも夢と消えるのか・・・と思われました。

ところが、3月4日に東京体育館で行われたJT対東レ戦に於いて、JTがまさかのストレート負け!

前日フルセットで負けていたシーガルズですが、JTが1セットも取れずに敗北したことで、勝利さえすれば勝利数で並び、さらにセット率で4位になる、という展開に!

なんとドラマティックなのでしょうか・・・

運命の3月4日豊田大会第二試合。
岡山シーガルズ対トヨタ車体クインシーズ。

岡山シーガルズファンの方々は、この日の事をきっと忘れないでしょう。
もう僕が何も言うことはないと思います。

当日の様子が少しでも伝われば、と思い、できの良いものではありませんが、写真を何点か掲載させて頂きます。

緊張の面持ちでコートに入った選手達。
e0234998_012581.jpg


河本総監督を囲む選手一同。
e0234998_0133867.jpg


新生シーガルズのレギュラーラウンド最後となる、スターティングメンバーでの円陣です。
ついにドラマが幕を開けました。
e0234998_0145348.jpg


アタック決定本数は、レギュラーラウンド通算で日本人最高位となる3位を獲得した福田舞選手。
持ち前のパワー溢れるスパイクと、本人が苦手としていたサーブ、サーブレシーブを徹底的に修正し、今シーズンめざましい活躍を見せました。
e0234998_0155624.jpg


得点が決まる毎に選手達が集まり、小さくガッツポーズ。
「さぁいこう!」
最初見たときはかわいいとだけ思っていたこの新しいガッツポーズは、プレー毎に選手達の意識を統一するために大きな役割を果たしたことは間違いないと思います。
e0234998_0182811.jpg


宮下遥選手は若干17歳。
現役高校生のセッターは、今シーズン通してメインのセッターを務め、セットだけでなく、ブロックにレシーブにとめざましい成長を遂げました。未来を担うセッターとしての輝きが、コートをまぶしく照らしていました。
e0234998_0212926.jpg


今シーズンから主将を務めた岡野弘子選手。
プレーのことはもちろん、日常生活に至るまでチームのことを色々考えないと行けないという重責を背負った彼女は、その責務を十二分に果たしたと言えるのではないでしょうか。
チームがピンチを迎えたとき、岡野選手、そして森選手がその経験と巧さで窮状を打破する。
岡野選手が常々仰っている『自分の姿を見せて、若手を引っ張っていく』という言葉どおり、そのプレーに選手達は大いに勇気づけられたに違い有りません。
e0234998_0243613.jpg


関李香選手、川島亜依美選手の急成長により登場数が減った森和代選手ですが、それでも彼女の存在は岡山シーガルズにとっては不可欠なものでした。
レギュラーラウンドにおける1セットあたりのブロック決定本数は0.62で第4位。上位3名と比べると約20セット近く少ないセット数ながら、その確実性のあるブロックは素晴らしいものがあります。
シーズン直前に全日本代表として緊急招集されましたが、厳しい調整の中、これだけの数字をあげるのはさすがとしか言いようがありません。
e0234998_029597.jpg


もはや全日本代表には欠かせない存在となった山口舞選手。
世界を相手に堂々たるプレーを見せる彼女のプレーは、もちろんシーガルズでも輝きを見せます。
いくら全日本で活躍するプレーヤーとは言え、シーガルズの中ではチームの中の一員であり、彼女一本槍のプレーというのはありません。
しかし、その随所で見せるスピード、切れ味、技はさすがとしか言いようがありません。
e0234998_0363687.jpg


そして、まだ若手と言ってもいい年代にもかかわらず、既にシーガルズには欠かせない存在となっている川畑愛希選手。
e0234998_0405656.jpg

プレー中はきわめてポーカーフェースな彼女ですが、その奥にはきわめて冷静にプレーを見極める観察眼が潜んでいるように思います。
時に鋭くコート隅をつき、時に相手の手に当ててサイドアウトを取る。
安定した守備力と共に、既に主力たる存在となっています。
e0234998_0412439.jpg

e0234998_0493855.jpg


野口彩佳選手は昨シーズンはあまり登場機会に恵まれませんでしたが、今シーズンはほとんどの試合でリベロ登録された他、要所でピンチサーバー、レシーバーとして登場し、活躍しました。
e0234998_0443499.jpg

e0234998_0462237.jpg

プレーはもちろんなのですが、彼女にはムードメーカー的存在感も感じました。
プレーの一つ一つに静かに気合いを込め、沈んでいるムードを好転させる。今シーズンの影の立役者と言っても良いのかもしれません。
e0234998_0481365.jpg


今シーズンめざましい成長を遂げたと言えばやはりこの人は外せないでしょう。
関李香選手です。
身長183センチという、シーガルズの中では大柄な選手で、ブロック決定本数では森選手に次ぐ2位。
緩急自在のブロード攻撃と合わせ、若手中心の今シーズンのチーム構成で重要な役割を果たした選手で、今後の成長が本当に楽しみになってきました。
e0234998_051228.jpg

e0234998_054343.jpg


丸山亜季選手は、シーズンを通して正リベロとして活躍しました。
大きくはじかれたボールをフェンスにあたるまであきらめずに追いかけていくその静かな闘志溢れるプレーに、チームのピンチはいくつも救われてきました。
同期4人で構成されるいわゆる『B4』の中では、最も登場回数が多く、シーガルズの守護神として今後さらなる成長を遂げていくことは間違い有りません。
e0234998_0552641.jpg


川島亜依美選手は昨年のサマーリーグで敢闘賞を受賞した成長著しい若手です。
関選手に次ぐ身長181センチの長身は、クールな面持ちで相手の攻撃を防いでいきます。
e0234998_0592148.jpg

対トヨタ車体クインシーズ戦で、最後の相手の攻撃の前に立ちふさがったのは、山口選手と彼女でした。
e0234998_124940.jpg


このプレーをもって、我らが岡山シーガルズは2007/08シーズン以来4年ぶりとなる4強入りを果たすことになったのです。

昨年12月10日のV・プレミアリーグ開幕戦で岡野主将が誓った『4強』。
1勝25敗という昨シーズンを終え、その結果を真摯に受け止め、チームが一丸となってただひたすら前を向き、自らを鍛え続けて目指したもの。
それが、平成24年3月4日17時03分に現実のものとなったのです。

ゲーム終了後、喜びを分かち合う選手がいました。
e0234998_144451.jpg


整列する選手達に、応援席から勝利を称えるエールがとどろきます。
e0234998_1114753.jpg

e0234998_1124929.jpg

e0234998_1131076.jpg


もちろん、まだシーズンは終わったわけではありません。
セミファイナルラウンド、そして、ファイナルラウンドが控えています。

ただ。

この日、この時、みんなの心の中から自然と湧き出てきたものが喜びならば、素直にその喜びをみんなで分かち合うのも良いのではないでしょうか。
少なくとも僕は彼女たちにこう言いたいです。

おめでとう。
そして、感動をありがとう、と。

e0234998_1174097.jpg

[PR]
by dafeng5 | 2012-03-06 01:24 | 試合など


女子バレーボールチーム・岡山シーガルズを応援する、とあるファンのブログです。主に、岡山近辺で行われる試合やイベントなどの情報等を発信しますが、更新はえっちらおっちらマイペースです。


by dafeng5

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

facebookページを開設..
at 2012-12-13 18:23
2012/13V・プレミアリ..
at 2012-12-10 00:00
24時間テレビ チャリティー..
at 2012-08-27 00:13
牛肉サミット2012
at 2012-08-25 23:28
赤磐市パブリックビューイング..
at 2012-08-12 10:09

カテゴリ

全体
選手紹介
チアスティック
応援歌
試合など
その他
未分類

外部リンクです。

●岡山シーガルズ公式サイト●
岡山シーガルズの公式サイトです。

●Seagulls Support Shop●
岡山シーガルズのオフィシャルショップです。
こちらのサイトの売り上げの一部は岡山シーガルズの活動資金の一部となるそうです。

●exciteによる東日本大震災義援金(寄付)のお願い●
平成23年3月11日に起きた東日本大震災への義援金(寄付)にexciteが取り組んでいます。
少しの力でもきっと何かの役に立つと思います。是非ご覧ください。


●岡山シーガルズ-卜部里菜ファンサイト/flying-beauty.net●
岡山シーガルズの卜部里菜選手のファンサイトです。ここに来れば、きっとあなたも卜部選手の魅力に虜になります!

●岡山シーガルズ・山口舞選手を応援する会●
岡山シーガルズの山口舞選手のファンサイトです。山口舞選手の情報を始め、様々なシーガルズ・バレーボール情報が盛りだくさんです!

●岡山シーガルズ丸山亜季選手のファンブログ!●
岡山シーガルズの丸山亜季選手のファンであるGOHさんのブログです。関西にお住まいで県外のシーガルズファンの雄です!笑顔が素敵な丸山選手の写真も満載!

以前の記事

2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月

最新のトラックバック

小林亜里沙選手
from Strange days

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

オーストラリアドルfx業者

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ

画像一覧