<   2011年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

第18回うらじゃ シーガルズ関連情報

最近とんとシーガルズ関連の情報がなくなってしまったところではありますが、8月のシーガルズのスケジュールを考えるときっと今は色々と大忙しだと思います。
9月のサマーリーグへ向けての練習はもちろんのこと、8月開催の岡山のおまつり・うらじゃへの参加に備えた練習や8月13日のファン感謝会に向けての諸準備、各種地域とのふれあい活動などなど・・・

そんなシーガルズに関する情報として、うらじゃについてご紹介いたします。
『うらじゃ』とは、岡山の夏の一大イベントである『おかやま桃太郎まつり』の一環として行われるお祭りのことで、阿波踊りの『連』のように、同好の志達が集まって連を形成し、市内各所を『うらじゃ』もしくはそれを基にしたオリジナル曲にあわせてめいめいに踊っていく、というものです。

『うらじゃ』というのが聞きなれないと思いますが、皆さんは桃太郎なら一度は聞かれたことがあるのではないでしょうか。
岡山はその桃太郎発祥の地(他にも諸説ありますが)として有名で、その元となった人物といわれているのが吉備津彦命という人で、その人物を神としてまつる神社も岡山にはあります。
その吉備津彦命に関する伝説の中でライバルとして登場する人物がいます。
その人物の名が『温羅(うら)』なのです。
鬼ノ城に住んで悪さをしていた温羅を、吉備津彦命が3人の家来を連れて退治した、という伝説が残っているのですが、ここまで書くとお気づきとは思いますが、『うらじゃ』の『うら』は、この『温羅』のうらなのです。
それでは『うらじゃ』の『じゃ』は?となりますが、それがよく分かりません・・・
たぶん、『うらです』というのを岡山弁で言うと『うらじゃ』になるのでそういうことと思いますが、低い確率で『温羅冠者(うらのかじゃ)』が縮まったともとれますが、間違いなく前者とは思います。

ともあれ、前置きが異様に長くなりましたが、われらが岡山シーガルズもうらじゃに参加します。
うらじゃは平成23年8月6日(土)、7日(日)と開催され、各連が決められた時間に決められた場所で演舞を披露します。


気になる岡山シーガルズはというと・・・

日付:平成23年8月7日(日)
時間:14時05分~14時10分
場所:市役所筋パレード【北進】 イトーヨーカドー前出発

となります。

なお、このうらじゃの様子は岡山のテレビ局で生放送が放送されます。

○OHK岡山放送
生中継:8月7日(日)13時30分~15時00分
総集編:8月21日(日)0時25分~1時25分

現時点で分かっているのは上記OHKのみです・・・
昨年は僕はテレビで生中継を見たのですが、登場時間は上記の時間からも分かるとおり一瞬です・・・
使用している曲自体はおそらくオリジナル曲だったのですが、シーガルズらしく曲に合わせてサーブ、レシーブ、スパイクなどのバレーの動きを取り込んだおどりでした。

今年は現場で観戦するかどうかですが、前回も観戦するつもりだったのが、人が多すぎて断念した・・・というところだったので、今回はどうなることやら・・・


興味をもたれた方は、以下のホームページにうらじゃの情報がいろいろ載っているのでご覧下さいませ!

2011第18回うらじゃ実行委員会Webサイト
http://2011.uraja.jp/index.html


シーガルズメインの情報ではありませんが、関連のイベント情報でした!
[PR]
by dafeng5 | 2011-07-25 19:00 | その他

小林亜里沙選手

e0234998_20581479.jpg

<選手データ>
背番号:17
名前:小林 亜里沙
生年月日:1986.1.10
出身校:大阪国際滝井
ニックネーム:アリサ、カナ
身長:177cm
血液型:A型
ポジション:センター
※岡山シーガルズ公式ホームページより抜粋

<コメント>
岡山シーガルズのセンターと言えば、現在全日本チームで活躍している山口選手をはじめ、森選手、卜部選手、川島選手、関選手と実力派が揃ったポジションで、レギュラー争いもなかなか熾烈ではないかと思います。
小林選手は怪我で悩まされることが多く、なかなかレギュラーとして出ることは少なかったりするのですが、先日の2011年のサマーリーグではご自身が『普段はこてこての関西人だが、コート上では冷静』と自己評価をされているとおり、落ち着いたプレーながらも、若手(小林選手もまだ25歳ですから普通は若手ですが、シーガルズは若い選手も多いので・・・)をなんというか言葉や行動だけでなく、気持ちでも引っ張っているように見えました。
今年のサマーリーグは、地元メディアでは、川島選手と宮下選手と共に注目を浴びていた小林選手ですが、僕個人の感覚では、ダントツで小林選手が光っていたように思います。
シーガルズ、特に、昨シーズンのシーガルズではなかなか感じることが出来なかった『この選手に回せば決まる』という選手が、今回のサマーリーグではまさに小林選手にぴったり、という感じでした。
スパイクはもちろん、ブロックも的確に決めていくそのプレーには本当に魅了されました・・・
シーガルズは現在世代交代が進んでいるとも言われていますが、その中でもこの選手がどうなっていくのか、非常に興味深く見守っていきたいと思っています。
[PR]
by dafeng5 | 2011-07-21 20:00 | 選手紹介

【業務連絡】コメントを承認制に変更いたします。

業務じゃないブログで業務連絡もどうかと思いますが、ここのところ、コメント欄に迷惑メールじみたコメントが投稿されるようになってしまったので、コメントを承認制に変更しようと思います。

コメントをご投稿いただいた方にはご迷惑をかけてしまいますが、迷惑メールの不快なコメントをお目にかけるのも申し訳ないので、ご理解のほどを宜しくお願いいたします。

承認制に変更するに伴い、せっかくコメントを頂いてもなかなかコメントが表示されない、といったことがあるかもしれませんが、迷惑メール以外のコメントはなるべく早く承認させていただいて、表示されるようにしていこうと思っております!
[PR]
by dafeng5 | 2011-07-19 00:00 | その他

【プチ情報】OHKスポーツスピリッツのサマーリーグ情報&岡山市広報誌のシーガルズ情報

サマーリーグ予選リーグが一段落して、記事もちょっと一休みというところですが、岡山ならではの情報として、シーガルズ情報の貴重なニュースソースであるOHKスポーツスプリッツでサマーリーグのことがちょっと放送されたので、その内容などをお伝えします。
スポーツスピリッツは毎回岡山のスポーツで活躍する選手を紹介し、その後、県内の部活でがんばっている人を紹介するコーナー、地域の主なスポーツの映像という構成なのですが、サマーリーグは地域の主なスポーツということで紹介されました。

予選リーグ最終戦の久光製薬戦の映像を交えながら、注目選手などを紹介する内容でした。
内容としては。

○3日間の試合で成長を見せたのが川島亜依美選手で、速攻が効果的に決まっていた。
○高校2年生で全日本候補にも選ばれた宮下遥選手は、自分の力がどのくらい発揮できるのかの良い機会になった。

というものでした。
また、宮下選手はインタビューもありました。
試合後なのか、オレンジ色のシーガルズTシャツを着た(と思われました。顔アップの映像だったので襟からしたが見えなかったので定かではありません)宮下選手がインタビューに答えていました。
「自分で悪くなったときに立て直していかないといけないな、というのが今日の課題として見つかりました。最後まで攻めきれるっていうのは、しっかり9月までに培っていきたいなと思います」
ということで、しっかりと予選リーグでの自らの課題、次への目標などを見据えていることがうかがい知れるインタビューでした。

次は、岡山市の広報誌『市民のひろば』で、シーガルズの情報が掲載されていました。
内容は、山口選手と宮下選手が全日本候補に選ばれたという内容でした。
記事の内容は↓みたいな感じでした。
e0234998_024331.jpg

余談ですが、広報誌には小学生対象のシーガルズによるバレーボール教室の参加募集も記事にありました。
トップアスリートによる指導は貴重な経験なので、とても良いことですよね!

以上、岡山ならではの情報と言うことで、プチ情報をお伝えしました。
[PR]
by dafeng5 | 2011-07-06 00:00 | その他

2011・Vサマーリーグ 予選リーグを振り返って。

岡山県笠岡市にて7月1日〜3日に開催された2011・Vサマーリーグの1次リーグ。
この1次リーグから6チームが9月に行われる決勝リーグへと進みます。
サマーリーグは、若手中心のメンバー構成で行われるのが特徴ですが、それはすなわち将来のチームの強さを占うような大会でもあると言えるのではないでしょうか。

我らが岡山シーガルズは、1次リーグ・1stステージを2勝1敗の1位で通過、続く2ndステージでは2勝1敗の2位で通過し、無事決勝リーグへと駒を進めました。

この大会は、岡山県笠岡市が岡山シーガルズの監督である河本昭義氏の出身地でもあることから、地元メディアでも注目されました。
なかでも、地元新聞の山陽新聞さんでは、各試合日翌日の朝刊で、試合結果を伝えるとともに、囲み記事で注目選手を特集していました。
その選手とは、川島選手、宮下選手、小林選手です。

確かにこの3選手は今大会において様々な局面で注目に値する活躍を見せていたと思います。
さて、自分はどうかと言えば、小林亜里沙選手という人に改めて注目するようになりました。
e0234998_2101775.jpg


コート上では仲間に冷静に指示を出し、動きを確認するように声を出し、コート外にいるときでも突き刺すような真剣なまなざしでボールや仲間、そして敵の動きを見つめ、いざコートに立つと「小林選手に回れば決まる」といった安心感さえ抱かせるほどの決定力を魅せてくれました。
川島選手や高松選手といった長身の選手達がブロックに飛ぶ中、センターとしては決して高い方とは言えない176センチという身長ながらも、力強いブロックで相手の攻撃を阻んでいく。
怪我などの不運に見舞われることも多かったこの選手が、自ら様々なプレイで若い仲間達を引っ張っていくさまが、僕にはとても輝いてみえました。
e0234998_2103419.jpg


地元新聞を入手することは他県の方々には難しいと思いますが、山陽新聞さんのWEBサイトでその記事が掲載されていますのでご紹介いたします。

※各選手の記事は、山陽新聞WEBサイトのシーガルズ関連ページへのリンク先にてご覧ください※
川島選手について(7月2日付)
宮下選手について(7月3日付)
小林選手について(7月4日付)

もちろん、こうしてメディアでは取り上げられていない他の選手達もそれぞれの持てる力を発揮されました。
その振り返りとして、シーガルズの選手達、そして、今回は裏方として活躍された選手や事務局の方々など、
3日間の激戦を戦い抜いた岡山シーガルズを少しでも感じて頂ければ幸いです。

e0234998_20281295.jpg

e0234998_20293581.jpg

e0234998_2029983.jpg

e0234998_20292676.jpg

e0234998_20284376.jpg

e0234998_20283395.jpg

e0234998_20282770.jpg

e0234998_20281745.jpg

e0234998_20275243.jpg

e0234998_2028795.jpg

e0234998_2028267.jpg

e0234998_20282141.jpg

e0234998_20283873.jpg

e0234998_20284781.jpg

e0234998_20285340.jpg

e0234998_20292068.jpg

e0234998_20285830.jpg

e0234998_2115650.jpg

e0234998_20291449.jpg

e0234998_20275856.jpg

e0234998_20293178.jpg

e0234998_21145657.jpg

選手の皆様、連日の激闘、お疲れ様でした!
また、大会前から表に裏にてご尽力された事務局の方々、試合に参加されなかった選手の方々、そして、今大会の運営に携わられたたくさんの方々、お疲れ様でした!
[PR]
by dafeng5 | 2011-07-04 21:25 | 試合など

サマーリーグ3日目フォトレポート

7月1日から開催されたサマーリーグもついに3日で最終日。
1stステージを2勝1敗でBグループ1位通過を成し遂げたシーガルズですが、本日の相手はAグループで同じく首位の久光製薬戦。
ここで勝って弾みをつけて9月10日〜11日開催の決勝リーグに駒を進めたいところです!

会場に着いたとき、試合をしていたのはKUROBEアクアフェアリーズ対大野石油広島オイラーズ。
試合は終盤でしたが、小菅選手がセッターとして出場されていました。
e0234998_0461065.jpg

試合はフルセットの末、KUROBEアクアフェアリーズが勝ちました。

その後、同じコートでは上尾メディックス対JA岐阜の試合が行われたのですが、隣のコートでは波乱が起きていました。
健祥会レッドハーツがパイオニアレッドウィングスを、日立リヴァーレがNECレッドロケッツを破ったのです。つまり、チャレンジリーグ勢がプレミアリーグ勢を打ち負かしていたのです。

会場内が異様なムードにある中、いよいよ岡山シーガルズ対久光製薬スプリングスの試合です。
e0234998_0532422.jpg

最後の試合と言うこと、また、相手が同じプレミアリーグ所属のチームということで、見ているだけのこちらもとても緊張してきました・・・

シーガルズのスターティングメンバーは、小林、宮下、村田、川畑、高松、川島、リベロ丸山という布陣です。
ついに試合が始まりました。
e0234998_0561829.jpg


この試合で非常に注目されている川島選手のサーブ。
そして、チームに声援を送り、見守る選手達。
e0234998_057815.jpg

チームが一丸となって勝利へと向かう姿勢がひしひしと伝わってきます。

サーブを打つのを待っている間、ここまでの試合ではないくらい会場も静まりかえります。
やはりこの試合の結果を固唾を呑んで見守る、という気持ちは、会場内にたくさんいるシーガルズファンに共通した想いのようです。

昨日は非常に終始安心できるゲーム展開だったシーガルズですが、17-25で第1セットを落としてしまいました・・・。随所にサービスミスやレシーブの乱れなどが目立ち、それがじわじわと効いてしまった感があります。
こういう展開になると、僕自身写真を撮るどころではなく、応援に力が入ってしまいます・・・

続く第2セット。
最終戦と言うだけに、祈りにも似た気持ちで試合を見守ります。

e0234998_104070.jpg

この大会では非常にスパイク、ブロックと安定したプレイを見せる小林選手。
それだけに、小林選手が入ってくると相手コーチが「17番17番!」と選手に注意を促し、マークも厳しくなってきます。

e0234998_122370.jpg

この大会でメインでセッターを務める宮下選手。
昨日のレポートでも書きましたが、この大会での気迫はすごいものを感じます。
e0234998_19426.jpg

この試合でも、幾度か厳しい体制でも果敢にトスを上げていく、ボールに向かう気持ちがすごく強く感じられました。河本監督も、全日本の合宿から帰ってきた宮下選手は、「以前とは眼が違う」と仰っていましたが、それが本当に感じられるプレイを随所で見せます。

また、この試合で改めて気づいたのは、川畑選手のプレイです。
e0234998_1115517.jpg

この写真では普通にスパイクを打っているのですが、要所要所で相手を手に当てていき、ワンタッチを狙っていくことがよくありました。
また、本日はバックアタックなども敢行するなど、プレイの幅がとても広がっているように感じました。

第2セットは、かなりの接戦だったのですが、終盤、激しく追い上げられ、正直セットを取られてしまうかも・・・という流れになりました。
どきどきしながら見ていると、ここで登場したのが卜部選手です。
e0234998_1155489.jpg

今大会では意外と出場機会の少なかった卜部選手ですが、ここから明らかに試合の流れが変わり、一気にシーガルズ優勢ムードとなり、25-22で第2セットはシーガルズがとりました。

そして、泣いても笑っても最後のセットが始まります。
e0234998_1385854.jpg

フォトレポートなのに申し訳ないのですが、ここから写真の数が激減しています・・・
もう応援で精一杯です・・・

e0234998_126933.jpg

e0234998_13610100.jpg

e0234998_1255624.jpg

e0234998_1185573.jpg

e0234998_1362375.jpg

e0234998_1264274.jpg

e0234998_1265640.jpg

ひたむきに勝利を目指して、コートに立つ選手だけでなく、控えている選手達も一緒になってボールを追い続けます。

きっと、辛かった昨シーズンへのそれぞれの想いもあったと思います。
そして、その想いを次へのバネとして新たなスタートを歩もうとする選手達。

15-11。

第3セットは久光製薬がとり、この結果、セットカウント1-2で久光製薬スプリングスが勝利しました。

この敗戦は、『選手達の健闘空しく』という結果では無いと思います。
何事でもやり遂げるまでには困難にぶち当たることも必ずあります。
その困難にあるからこそ、壁を越える力をつけ、壁を乗り越え、そして、高く高くはばたいていけるのだと思います。

岡山シーガルズのとあるファンとしては、課題を看過するのは良くないことだと思いますし、しょうがないという言葉で片付けることも良くないことだと思います。
ただ、敗戦を嘆いて今を憂えるのではなく、それを大好きな岡山シーガルズがいつか乗り越え、そして大空へ飛び上がっていくことを応援し、そして、それが実現すると信じることがファンとしての僕が出来ることと思っています。

サマーリーグの予選リーグが終わり、第1ブロックは久光製薬スプリングス、岡山シーガルズ、上尾メディックス、第2ブロックは日立リヴァーレ、NECレッドロケッツ、健祥会レッドハーツが決勝リーグへと駒を進めることになりました。
9月の決勝リーグまで後2ヶ月。
それまでにはファン感謝会を挟むなど、シーガルズの方々には大変な時期と思いますが、優勝目指してがんばって欲しいです!

以上、2011・Vサマーリーグのフォトレポートでした!
e0234998_159239.jpg

[PR]
by dafeng5 | 2011-07-04 00:00 | 試合など

サマーリーグ3日目速報!

いよいよサマーリーグも本日が最終日。
パイオニアやNECなどのプレミア勢がチャレンジリーグ勢に破れていくという波乱が立て続けに起こり、異様な雰囲気に包まれた会場の笠岡総合体育館。
シーガルズの今日の相手はプレミアリーグ所属の久光製薬です。

気になる結果は・・・



フルセットの末、惜しくも敗れました・・・

サーブやレシーブのミスが最後まで響いた感じです・・・
とはいえ、川畑選手が山口選手のお株を奪うような巧妙なワンタッチ狙い、堀口選手の絶妙なサーブ、福田選手の強烈なスパイクと、随所に見所もありました。

見事加古川へ進出を決めたシーガルズ。
昨シーズンによく見られた、追い込まれたときの脆さは無くなっている気がしました。
課題を見つめつつ、良いところをどんどん伸ばして、優勝目指して頑張ってほしいです!

ゴー!ゴー!シーガルズ!です!
[PR]
by dafeng5 | 2011-07-03 14:51 | 試合など

【プチレポート】サマーリーグ後の『勝手にウェルカムパーティー』

ここまでサマーリーグ2日目の様子をお伝えしましたが、ここでちょっと番外編として、試合後に開催された『勝手にウェルカムパーティー』をご紹介いたします。
サマーリーグ笠岡大会応援実行委員会によって企画されたこのイベントは、サマーリーグにいらっしゃった方々に笠岡らしさを味わってもらいたい!という主催者の心意気から発案されたようです。

岡山シーガルズの試合観戦後、しばらく携帯電話でブログの速報を打っていると、いつの間にか会場からはほとんど人がいなくなっていました・・・
帰ろうかと外に出て駐車場に向かっていくと、向こうの方から拡声器を通して河本監督の声が聞こえてきます。
声は、サマーリーグの会場であるスターハウスというレストランの方から聞こえてきます。
気になってそちらに行くと、まさにそこが『勝手にウェルカムパーティー』の会場でした!

ちょうど会場の側に着いた頃、河本監督の挨拶の後に監督の出身地である笠岡市の飛島の盆踊りが披露されているところでした。
白地に浅黄色とでも言うのか薄い水色と、鮮やかな青色の波のような模様の入った着物を着た方々が、太鼓と囃子に合わせて踊りを披露されていました。

興味深く見ていると、シーガルズの野村さんがこちらにお気づきになって(ちょうどこの大会中に会員更新について色々とシーガルズのグッズショップにお邪魔していたので)お誘いをいただきました。
そこでちょっとした問題が・・・。イベントに参加するためには1000円の参加料が必要なのです。
僕はこの2日でかなり散財してしまい、お小遣いがかなり心許なく、明日の入場料とあと何かグッズを買ったらギリギリという線だったので、最初は参加を遠慮しました・・・
その後、再び帰路につこうと車に向かっていると、ちょうど道路をシーガルズマイクロバスが通り過ぎていき、たぶんあの車に選手達が乗られているんだろうなぁ、お疲れだろうなぁ、と思いながらそのバスを見やっていました。
と、そこで、ふと考え直しました。
会場を去り際、まだ河本監督もいらっしゃったのですが、先日の会報誌で監督の記事にいたく感動したものですから、ひょっとしたら河本監督とお話しできるかも、とも思い、また、人見知りならばここは軽やかに速やかに帰るものを、ちょっといつもとは違う行動をしてみるのも良いかな、と思いました。
そこで、踵を返して、会場に再び向かいました。

e0234998_30727.jpg


会場に着くと、今度はサマーリーグに参加されている選手達(一部チームの代表の方?選手は6〜7人くらいだった気がします。あと監督の方)がステージ上にいらっしゃって、抽選会をされているようです。
司会者の方はどうやら各チームの選手の顔と名前が一致されていないようで(そこが面白みでもありましたが)、「はい!次は○○選手のサイン入り色紙です!あ!あなた、○○さん?」みたいに非常に珍妙な進行で会場の笑いをとっていました。
イベントに参加されている方々は、試合観戦に来ていた方はほとんどいらっしゃらないように見受けられ、地元の方々やイベントの出し物に参加される方が多く、人数も数十人程度だったので、抽選がステージ上でプレゼンテーターとして上がっている方や、会場内にいたそのチームの他のメンバーに当たったりして、それはもうなんというかてんてこ舞い、という感じでした。
商品には各チームの選手のサインボール入りボール(プレミアリーグの時に、試合前に選手達が会場に投げ入れるピンクのボール)だったり、サイン色紙だったり。
抽選会が終わると、他チームの選手達は次の日もあるため、お帰りになりました。

というか、この時点で僕はイベントに参加するための参加料を払っていないのです・・・
そのときは既にある程度イベントが進行していたので、入口に受付の方もいらっしゃいません・・・
参ったなあ、誰に払えば良いんだろうか・・・と思っていたら、これまた野村さんが僕に気づかれたので、参加料の旨をお話しすると、受付の方を呼んでくださったので、無事参加料と引き替えに抽選券をもらいました。

と、そこで岡野選手が話しかけてきてくださいました。

実は、本日のサマーリーグのシーガルズの試合後、選手のサイン会がありました。
1枚500円の色紙を購入して、好きな選手のサインを書いていただくというもので、シーガルズからは岡野選手と森選手が参加されていました。
僕は色紙を2枚買い、おまけということでピンクのボールも頂き、両選手に1枚ずつサインを書いていただき、森選手にはボールにサインを頂きました。
岡野選手には以前自分の撮影機材にサインを頂いたことがあり、それが機材を使用していくうちに若干擦れて消えてしまうかも・・・という状態になっていて、あまり触らない場所に再びサインを頂こうと思い、岡野選手にサインをお願いしました。
ペンを差し出し、岡野選手が書かれたのですが、僕の次の番の方がそうこうしているうちに隣の森選手にサインをもらいだしたもので、僕は焦ってちょっと身を引きました。
森選手にも本当はその機材にサインを書いてもらいたくて、再びサインを頂こうとして足を踏み出し、機材を差し出した、そのとき!
抱えていたときにどこかで擦ってしまったのか、いま書いていただいたばかりのサインが『ザッ』と横方向にこすれて、なんというか岡野選手のサインが疾走感満開という感じのとても残念な感じに・・・
岡野選手もそれをご覧になって、二人でなんとなく声なき声でその状況を嘆いたのでした・・・

と、そんなこともあったからか、岡野選手は「サイン大丈夫でした?」と話しかけてきてくださったのでした。
突然だったのでどぎまぎしつつ、「もう一回違うところに書いていただいてもいいですか?」と思い切って訪ねると、快く応じてくださいました!
僕は『サイン会!』と銘打たれた場面でないと、サインを頂くことを申し出ることができない派なので(選手にご迷惑をかけるかなぁ・・・と思ってしまって・・・)、岡野選手から話しかけてくれたことに本当に感謝いたしました!
実は別記事の岡野選手キャプテン就任の件はそのときにお伺いしたのです。
思わぬ出来事で、とても嬉しかったです。

再びここでイベントの紹介に戻ります。
抽選会の後は、フラダンスのご披露という式次第だったのですが、司会者の「フラダンスの方がいないようなので、次はシーガルズの選手から抽選の品をお渡しします!」とアナウンス。
ところが、フラダンスの方々は、会場からすぐそこのステージの裏手にあるグラウンドの東屋でずっと待機されていたので、ちょうどそこからほど近いところにいた僕は思わず慌ててしまいました。
フラダンスの方々も「フラダンス」という言葉だけ聞こえたからでしょうか、急いでこちらにいらっしゃったのですが、ステージには抽選のプレゼンテーターである若浦選手、岡野選手、森選手が既に上がられています。

e0234998_302141.jpg


フラダンスの方々に先ほどの司会者のアナウンスを教えてあげると、彼女たちは急いでステージ横に行かれ、抽選会の後、予定通りフラダンスがお披露目が始まりました。
e0234998_303547.jpg

昨日はあいにくの雨でしたが、この日は幸い曇りどまりの天気でした。ただ、ムォッと蒸し暑い天気でしたから、何となくフラダンスのミュージックがマッチしていて、会場内はひとときの南国ムードで満たされました。
e0234998_9114763.jpg


会場には飲み物や食べ物が用意されており、自由に取って食べても良いようになっていました。
シーガルズの試合やイベントでは必ず見かけるファンの方々が選手達の周りにいらっしゃり、選手の方々とお話ししたりしているのを尻目に、ヒトミシリンの僕は当然のようになんとなく会場入口すぐ脇の隅っこの方で中腰になって一人でお茶を頂いていました。
そこへ、親子連れでしょうか、ご高齢のご婦人とその息子さんとおぼしき方がいらっしゃいました。
そのとき、お二人が座れるように撮影機材をのけてあげ、何となくちょっとした言葉を交わしました。

その後も抽選会が引き続き行われていました。
先ほどの席のやりとりで打ち解けたようになっていたそのご婦人と、珍妙かつ軽快な司会者のしゃべりに何となく顔を見合わせながら楽しんでいました。
次の商品がKUROBEアクアフェアリーズの選手全員のサイン入り色紙という時です。
個人的に、つい先日正式にシーガルズ退団が発表された小菅選手の在籍されるチームですので、「おっ」と思って誰が当たるかなぁ、と抽選を見守っていたところ・・・
そのご婦人の方が見事抽選に大当たり!
商品を受け取り、席に戻られたご婦人に小菅選手のことを教えてあげると、サインを見ながら「ほんまじゃなぁ、真弓って書いとるわぁ」と嬉しそうに仰いました。

この抽選会は、当たりの番号を持った方が帰ったのかどうかで、当たりの番号のアナウンスされても当選者の方が出てこない、ということが非常に多かったのですが、会場から「おらん!」の声が上がると、司会者が「お!おらんのなら、今おらんって言った人に商品あげる!」という破天荒ぶり。
その後は当たりの番号が読み上げられると、会場内からは「おらん!」「おらん!」の連呼。
「おらん!」ボーナスはすぐに無効となりましたが、スキップをして商品をもらいに行ったらおまけがつく、というスキップボーナスも登場。
もう何でもありです。
一般の方がほとんど参加されていないせいなのですが、当たった方は、大会関係者やイベントの催しをされた方、果てはシーガルズの事務局の方と、関係者の方が異様に多いことも特徴であり、そこがまたなんとも言えず僕は好きでした。
シーガルズの方では、野村さんや難波さんが当選されてました!
e0234998_304636.jpg

ちょうど写真は事務局の難波さんが商品を受け取って、若浦選手と握手をされているところなのですが、同じシーガルズの方なので握手することって実はあまりないんではなかろうか、とちょっと可笑しかったです。

その後の抽選では先ほどのフラダンスの方も大当たり!
フラダンサーの方々は僕が座っていた近くに抽選券と一緒に荷物を置いて行かれていて、会場内のどこかに行かれてしまったので、もし当たったら教えてあげないと、と番号をチェックしていたのですが、まさにその番号が呼び上げられて僕はびっくりです。
会場内を慌てて見回すと、フラダンスの方が券を求めて走ってこられていたので、急いで当たりの抽選券を渡しました。
商品を受け取って帰るその方に、司会者が「帰られるときはフラダンスを踊ってくださいよ!」と仰ったのですが、その通りにフラダンスを軽快に踊りながら自分の席に戻られるその方を見て、プレゼンターのシーガルズの方々も思わず「かわいいー!」と歓声。

すべての抽選が終わると、司会者から「次は最後の花火なんですが、もう準備できとるかいのー?」のあり得ない段取り確認発言。
もう、この司会者の方、最高です!
破天荒すぎます!

花火が用意されていたのは会場すぐ脇の芝生広場で、どうやら準備が終わったようです。

いよいよ花火が上がろうか、という緊張の一瞬。
一同期待感を膨らませて打ち上げの一瞬を待ち受けました。
e0234998_31047.jpg





『シュゴォォォォ』



なんと、意外や意外、最初に点火された花火は、スーパーでよく売っている、火柱と火花が1メートルくらい上がる吹き上げ花火でした!
e0234998_321397.jpg

最後の締めの花火ということで打ち上げ花火を勝手に想像していたので、完全に意表を突かれました!

そうなんです。
別の記事で、このイベントをちょっとだけ紹介したときに掲載した上の写真は、まさにそのときの写真なのです。

その後、やはりスーパーで売っているような打ち上げ花火が2、3発あがったり、再び吹き上げ花火が火花をあげたり、というのが微妙な間を開けて点火され、数分経って会場が静かになった頃、司会者の「花火終わり?」の一言で、無事このイベントを幕を閉じました。

イベントが終わって一般の方が帰り支度を始めたり、スタッフの方が片付けなどを行われている間、突然再び吹き上げ花火が数回盛大に火柱を上げたりしていました。
それがまたお客さんは帰り支度なものだから誰も見ていなくて、そのギャップというか乖離感というか、個人的にツボでした。

そんな『勝手にウェルカムパーティー』でしたが、非常に手作り感満載のイベントで、司会者の進行ぶりもなかなか軽妙でかなり楽しめました。
この手作り感というものが、そのイベントを開催した方々の『盛り上げたい!』という強い気持ちを本当にかんじさせるもので、実に良かったです。
これが逆に非常に理路整然としたイベントになっていたら、それはそれで楽しいのでしょうが、たぶん、今回のような楽しさを感じることは僕自身は出来なかった気がします。
最後の花火も、どっかででかい花火が打ち上がって「おお〜!」よりも、今回のような誰でも手に入るような花火を最後の締めに持ってくる、というところが、『盛り上げたい!』という気持ちがダイレクトに伝わってきました。

試合観戦後、サマーリーグを観戦されたほとんどすべての方々がこのイベントには参加されなかったと思うのですが、はっきり言ってこれは参加しておくべきだったと思います。
と同時に、沢山の方が参加されたら、僕が体験したこのイベントの楽しさは出てこなかった気もしますし、ある意味それはそれで良かったと思います。
もちろん、イベントを主催された方々はたくさんの人であふれかえって欲しかったかもしれませんが、僕個人としては、このイベントは絶対今回くらいの方が良かったと思います!

イベント終了後、飛島の方なのか、監督のお知り合いと思われる方が監督と思い出話をされたり、シーガルズのメンバーやイベントに参加された地元の方々がみんなでステージの前で集まって記念撮影をされていたり(そのときのどなたかの発言で「カメラがいっぱいあってどれ見りゃええん?市政だよりに載るのはどのカメラかなあ?」がなんともほのぼのした感じで秀逸でした)、なんだか、とても温かい気持ちになれるイベントでした。

一旦は参加せずに帰ろうとしたのですが、思い切って参加してみて本当に良かったと思います。
大げさかもしれませんが、やっぱり自分の殻って破らないといけないんですね。

イベントを企画された方々、とても良い体験をさせていただき、ありがとうございました!

それと、若浦さんや森さん、岡野さんといった選手の方々、野村さんや神田さんをはじめとするシーガルズの事務局の方々、連日の激務の中、夜遅くまでお疲れ様でした!
おかげでとても楽しいひとときを過ごせました!
サマーリーグもあともう少し。
お疲れを出されないようにがんばってください!


追伸
つい勢いで書き始めてしまったこの記事。
気づいてみると、もう3時を過ぎています・・・
明日に備えて寝ないといけないのに・・・
寝坊しないように気をつけて眠ります。
最後に、もう一度だけ、『勝手にウェルカムパーティー』の関係者の方々に一言。

イベント、大成功だったと思います!
ありがとうございました!


※(7月3日起床後追記)夜眠い中書き上げた記事なので、誤字や文章が変なところ等あまりに多く、加筆・修正・写真追加をしています。というか、先ほど起きたのですがちょっと今も眠い・・・。笠岡に行かねばならぬのに・・・※
[PR]
by dafeng5 | 2011-07-03 03:23 | 試合など

サマーリーグ2日目フォトレポート

サマーリーグ初日の昨日はあいにくの雨でしたが、本日はとても蒸し暑い日でした。
そんな熱さに負けない熱戦が繰り広げられたサマーリーグ2日目。
写真とともにレポートをしていきます!
e0234998_062637.jpg


昨日第1戦を落とすも、その後快勝した岡山シーガルズ。
本日の最初の相手は、昨シーズンのチャレンジリーグの首位だったチーム、すなわち強敵です・・・
スターティングメンバーは、川島、高松、川畑、村田、宮下、小林、リベロ丸山でした。

本日も出だしから快調に飛ばします!
まずは小林選手!
e0234998_061284.jpg


続いて、本日の地方新聞でも『成長株』と紹介されたブロックが得意な川島選手と、これまたブロックが得意だと河本監督も太鼓判の高松選手!
e0234998_063652.jpg

このお二人は今大会はかなり冴えてます。特に高松選手は昨シーズンなかなか試合出場に恵まれませんでしたが、それが嘘のようにブロックやサーブなどが冴え渡っていました!

川畑選手も今回安定している一人。パンチ力というよりも、的確さとブロックとサーブと、すべてが安定しているという印象です。
e0234998_065048.jpg

余談ですが、川畑選手は月刊バレーボールの各チームの情報記事によると『家庭菜園部員(部員一名)』ということ。植物を丁寧に育て上げるところと安定したプレーは相通じるものがあるのでしょうか。

僕の中で、今大会のシーガルズを物語っているようなプレーを一つ紹介します。
e0234998_011323.jpg

華麗にフライングレシーブする宮下選手。このプレイは惜しくも拾ったボールがアウトになってしまいましたが、直前のプレーでも同じように落ちるボールに食らいつき、惜しくもレシーブがかなわず、思わず床をたたいていました。
選手の気迫、執念がよく現れているプレーと思ったのですが、今大会はどの選手も気合いの入ったプレーが多く見られました。
昨シーズンの成績から色々と悲観する向きもあるように思いますが、これからのシーガルズに大いに希望が持てるプレーだと思いました。

吉田選手の華麗なサーブです!
現在世代交代が進みつつあるシーガルズに於いて、若いのに相対的には中堅のような位置である吉田選手。
e0234998_014209.jpg

吉田選手はよく声も出ますし、気迫も入ったプレーをされますし、もっと出場の機会があっても良いのに、と思います。
シーガルズはポジションがかぶる選手が比較的多いように感じますが、そのせいもあるのかもしれませんね・・・
アジア選手権では強烈なスパイクを見舞うなど、非常に幅広い能力をもった選手なので、もっと活躍するところを見てみたいです!

そして気になる結果は、強敵・上尾にストレートで勝利で、見事Bグループ1位で1stステージを突破しました!
見ててひやひやすることもなく、安心してみることが出来ました。

つづきまして、2ndステージ。
対するは、Aグループ2位のJA岐阜です。
我らがシーガルズのスターティングメンバーは・・・お恥ずかしながら速報でも書いたように、余裕でトイレに行っていたら、余裕で試合が始まっていました・・・
恐らく、小林、川畑、村田、宮下、高松、リベロ丸山と後は川畑選手ではないかと・・・。写真で見ると川畑選手がベンチに座ってましたので・・・
・・・僕はレポーター失格です・・・

高松選手のサーブ。
この大会、本当に高松選手は活躍されています。ブロックにガッツあふれるフライングレシーブ。
e0234998_02553100.jpg

このサーブの時は連続ポイントだったりしましたし、今大会、何か持ってます!

そして、小林選手。
e0234998_0304477.jpg

結構僕は小林選手のサーブをよく写真に撮っているのですが、どうも気になる存在です。
なによりかっこいいです。
「コートの上では冷静」とスポーツスピリッツで仰っていましたが、試合前の円陣では中心となっていらっしゃいますし、かたや激しいスパイクは、今大会では冴えています!

e0234998_032760.jpg

再び、川島選手のブロック。止めますよ〜!
一緒に飛んでいるのは宮下選手。長身なだけにブロックもいけますね!
今日はいきなりのツーもあり、それは相手に拾われましたが、かなり意外なツーだったのでびっくりでした。

そして卜部選手。
e0234998_033547.jpg

ちょっと気になるのは、試合前の練習でスパイク練習で結構ネットにひっかかったりするなど、ひょっとすると調子がなかなか出ていないのかなぁ、と思われる一コマもありました。
とはいえ、このJA岐阜戦では最後までコートに立っていましたので、僕の気のせいなのかもしれません!

最後に堀口選手!
e0234998_0352739.jpg

昨日も堀口選手がセッターとして登場されるシーンがありましたが、この試合でも最後の方で登場。
サーバーとしてサーブを打った後、すぐさまポジションにつき、見事なトスで得点を演出!

気になる試合の結果は、見事ストレート勝ち!
e0234998_0372374.jpg


昨日の初戦後は本当にハラハラしたものですが、それ以降の戦いはハラハラしたことを謝らないといけないくらい、終始安定した試合運びで勝利を続ける我らがシーガルズ!
いよいよ3日の最終日は久光製薬との対戦です!
この勢いで勝利です!

最後に。

僕が個人的に今回の大会でとても光っていると感じる二人です。
e0234998_0545353.jpg

冷静に戦局を見据え、決めるときにはバシッと決める小林選手。
自由自在なトス回しからブロック、果ては気迫あふれる守備で魅せる宮下選手。
かっこいいです・・・

ということで、2日のシーガルズの様子をお伝えしました!


余談ですが、フォトレポート、リベロの丸山選手、瀬尾選手のお写真が無いのは・・・なかなか良い写真が無いからです・・・すいません・・・
両選手のファンのためにもがんばります!
[PR]
by dafeng5 | 2011-07-03 00:00 | 試合など

岡山シーガルズのキャプテンについて。

サマーリーグも第2ステージに突入し、我らがシーガルズも第1戦のJA岐阜をストレートで順調に下し、いよいよ明日のAグループ1位の久光戦を残すのみとなりました。
と、ここで、いったんサマーリーグの話を置いておきます。

サマーリーグの初日、入場料を払うとサマーリーグのプログラムをもらいました。
夏らしくひまわりの絵が大きくあしらわれた表紙のプログラムの中身は、各チームの注目選手は所属選手の紹介という内容でした。
シーガルズのページを見ていると、「おや?」と気になるところがありました。
岡野選手のところに『キャプテン』と書かれているのです。

これってサマーリーグでのキャプテンということなんだろうか・・・と不思議に思っていたのですが、本日試合後に催された『勝手にウェルカムパーティー』というのにせっかくなので参加させていただいたとき、岡野選手に直接お伺いしてみました。

僕「キャプテンになられたんですか?」
岡野選手「そうなんですよー」

なんと!昨シーズンのキャプテン・若浦選手から、今シーズンはどうやら岡野選手がキャプテンをされるそうです!
キャプテンの重圧は大変と思いますが、がんばって欲しいです!


追伸
ひょっとしたらシーガルズファンの方には周知の事実だったのかもしれませんが、僕は恥ずかしながら初耳でしたので、ちょっと記事にしてみました。
「知らなかったの?」という方、お許しあれ・・・


追伸その2
『勝手にウェルカムパーティ』での一コマです。
芝生広場で始まった花火を眺める若浦選手と森選手です。
e0234998_2243535.jpg


つねづね思っていたのですが、若浦選手って、すごいかっこいいと思うんですけど、どうでしょうか。
なんというか、すらっとされてて、姿勢も良くて、礼儀正しくて、とても素敵な方だと思います。
[PR]
by dafeng5 | 2011-07-02 22:06 | その他


女子バレーボールチーム・岡山シーガルズを応援する、とあるファンのブログです。主に、岡山近辺で行われる試合やイベントなどの情報等を発信しますが、更新はえっちらおっちらマイペースです。


by dafeng5

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

facebookページを開設..
at 2012-12-13 18:23
2012/13V・プレミアリ..
at 2012-12-10 00:00
24時間テレビ チャリティー..
at 2012-08-27 00:13
牛肉サミット2012
at 2012-08-25 23:28
赤磐市パブリックビューイング..
at 2012-08-12 10:09

カテゴリ

全体
選手紹介
チアスティック
応援歌
試合など
その他
未分類

外部リンクです。

●岡山シーガルズ公式サイト●
岡山シーガルズの公式サイトです。

●Seagulls Support Shop●
岡山シーガルズのオフィシャルショップです。
こちらのサイトの売り上げの一部は岡山シーガルズの活動資金の一部となるそうです。

●exciteによる東日本大震災義援金(寄付)のお願い●
平成23年3月11日に起きた東日本大震災への義援金(寄付)にexciteが取り組んでいます。
少しの力でもきっと何かの役に立つと思います。是非ご覧ください。


●岡山シーガルズ-卜部里菜ファンサイト/flying-beauty.net●
岡山シーガルズの卜部里菜選手のファンサイトです。ここに来れば、きっとあなたも卜部選手の魅力に虜になります!

●岡山シーガルズ・山口舞選手を応援する会●
岡山シーガルズの山口舞選手のファンサイトです。山口舞選手の情報を始め、様々なシーガルズ・バレーボール情報が盛りだくさんです!

●岡山シーガルズ丸山亜季選手のファンブログ!●
岡山シーガルズの丸山亜季選手のファンであるGOHさんのブログです。関西にお住まいで県外のシーガルズファンの雄です!笑顔が素敵な丸山選手の写真も満載!

以前の記事

2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月

最新のトラックバック

小林亜里沙選手
from Strange days

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

オーストラリアドルfx業者

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ

画像一覧