<   2011年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

いよいよサマーリーグ!

明日から待ちに待ったサマーリーグです!
今回のサマーリーグは、先日のスポーツスピリッツで高松選手が仰っておりましたが、サマーリーグは若手中心のメンバーでいかれるようで、その実力や如何に!?というところですが、当方は明日から応援に行かせて頂く予定で、今から非常に楽しみです!
卜部里菜さんのファンサイトでありいつも貴重な情報を発信されているD.Kさん情報ですと、2日にはウェルカムパーティーも行われるとのこと!
また、連日笠岡ラーメンやホルモンうどんなど、いまホットな岡山グルメや震災支援として特産品販売や支援定食として赤豚カレーや角煮丼などがあるようです!これは今から何を食べるか迷いっぱなしですね!
もちろん、この梅雨の最中に猛暑の連続の日々なので、熱いものはちょっと・・・という方向けにも、シーガルズソフトクリームやかき氷もあります!
詳しくは『岡山シーガルズを応援する笠岡友の会』さんのブログの方で情報がありますので、要チェックです!

また、完全に余談なのですが。
昨日久しぶりに母親と電話で話していたときのことです。
僕の出身は山口県で、僕以外の家族は山口県内で暮らしていて、妹婿が山口の方でバレーの審判員をやっています。
電話で、僕が残業やら出張が色々あって大変だぁ、みたいな話をしていると、妹婿も本日から岡山の方に出張で審判に行く、というではありませんか。
タイミング的にどう考えてもサマーリーグなので、「その出張先、笠岡市っていうところじゃない?」と聞いてみると、母はよく知らない、とのこと。妹もどうやらどこに何の試合の出張なのかはいつもそんなに気にしてない、ということでした。
そんなところへ、今日妹から『山口から笠岡の体育館まで車でどれくらい?』とメールがきました。
どんぴしゃ、やっぱりサマーリーグの審判だったようです。
シーガルズを応援するのはもちろんですが、審判が妹婿だったら「ミスジャッジしませんように・・・」と祈ることに一生懸命になってしまいそうです・・・

ともあれ、泣いても笑っても明日はサマーリーグ。
連日のタイトな試合日程でシーガルズの方々も大変と思いますが、シーガルズGO!GO!!ですね!
[PR]
by dafeng5 | 2011-06-30 00:00 | 試合など

2011ファン感謝会 詳細決定

※6月23日付けで岡山シーガルズ公式ホームページ上にて情報が掲載されましたので、決定としてタイトルを修正しました。また、記事更新日付も元の『2011年6月12日』から現在へ日付を変更しています※

以前記事でもお伝えしたとおり、今年もファン感謝会が開催されます。
本日会報誌とともに、感謝会についてのお知らせも入っておりましたので、詳細決定と思われますので、ご報告いたします。

(以下、お知らせより引用)
名称:岡山シーガルズ2011ファン感謝会
開催日時:8月13日(土) 13:00〜16:00(受付12:00〜)
会場:岡山武道館(岡山県岡山市北区いずみ町2-1-8
主催:岡山シーガルズを応援する会
内容:バレー教室、トークショー、サイン会、抽選会など(変更有)
お問い合わせ:〒700-0081 岡山県岡山市北区津島東1-2-10-1
岡山シーガルズを応援する会事務局(TEL/FAX:086-252-8035)
※体育館内では土足厳禁ですので、スリッパ等の上履きをご用意ください。
※駐車場には限りがございます。できるだけ公共機関をご利用ください。
(以上)
なお、『当日岡山シーガルズを応援する会への入会も可能なので、お誘い合わせの上、沢山の方とお越しください!』とありましたので、シーガルズファンだけどまだ入会されていない方はこの機会に是非!

昨年は都合が悪くていけなかったのですが、今年は是非行きたいと思います。
ただ、昨年の感謝会の様子の写真を見ていると、バレー教室とかすごく楽しそうなんですが、僕の周りに一緒に行く人がいないので、一人で行ったら人見知り炸裂しそうで、遠慮の鬼になって、何もできませんでした!ということになりそうな気がするのが自分で怖いです・・・
もしお一人で行かれる方とかいらっしゃったら、ここは一つ団結して一緒にいざ参らん!とも思いますが、当日初めて会うようだとそれはそれで人見知りが・・・

・・・人見知りって、大変だぁ・・・

いずれにしろ、楽しみですね!
[PR]
by dafeng5 | 2011-06-24 12:30 | その他

2010世界バレーのDVDが発売されるそうです!

すでにご存じの方もいらっしゃるとは思いますが、昨年の2010世界バレーのDVDが7月27日の予定で発売されます!
正式なタイトルは『2010世界バレー ~32年ぶりの快挙!全日本女子 銅メダル獲得の軌跡~【初回限定生産】』!
発売元はTBS、販売元はTCエンタテインメントで、定価は税込みで6825円です!

詳しい内容は、販売元のホームページに記載されています(↓こちら)
http://www.tc-ent.co.jp/products/detail.php?product_id=1583

気になるDVDの内容は・・・

(以下、TCエンタテインメントホームページより抜粋です)
眞鍋ジャパン、世界への挑戦! 32年ぶりの快挙!全日本女子 銅メダル獲得の軌跡!!

世界バレーで未来へ繋がるメダルを手にした全日本女子。
なぜ彼女達は輝くことが出来たのか?
日本中を熱狂させた眞鍋JAPAN。
3週間に渡り繰広げられた全11試合の激闘を完全プレイバック!!

さらに彼女達を支えたチームの舞台裏に完全密着。
カメラはそのすべてを捉えていた!
眞鍋JAPAN 大躍進の真実が今明かされる!!

【大会概要】
★日時:2010年10月29日(金)~11月14日(日)
★場所:東京 浜松、松本、大阪
★出場選手:
荒木 絵里香、栗原 恵、中道 瞳、竹下 佳江、井上 香織、山本 愛、
佐野 優子、山口 舞、石田 瑞穂、木村 沙織、江畑 幸子、迫田 さおり、
井野 亜季子、濱口 華菜里
監督:眞鍋 政義

商品情報
2010年/日本/カラー/本編267min(予定)+特典映像58分(予定)/16:9/片面2層/音声:ステレオ/2枚組
※デザイン・仕様・収録内容は変更となる場合がございます。

★特典情報★
※特典内容は変更となる場合がございます。
◎特典映像
・「木村沙織 特典映像 ~世界バレー全得点」 58分(予定)

(以上、抜粋終わり)

ということで、当然のこと!我らがシーガルズの山口選手の映像も収録されていることと思います!
特典映像として木村選手の全得点の映像が入っているようで、木村選手ファンにはたまらないのでしょうね!
個人的には『井上香織選手&山口舞選手の全コンビプレー』という特典映像があれば万々歳!だったです。

今でも家の録画機には世界バレーの日本最終戦の映像が永久保存版としてとってあるので時々見ていますが、やっぱり何回見ても良いもので、その都度感動とともに勇気をもらえるような気がします。

ということで、実際はどういう内容かは全く分からないのではありますが、もし気になった方はチェックしてみてくださいね!
[PR]
by dafeng5 | 2011-06-22 23:20 | その他

スポーツスピリッツ『高松未選手』編(平成23年6月21日放送)

このブログのメインみたいな様相も呈してきた、スポーツスピリッツのレポート。
やっとこさまとめることが出来ましたので、早速掲載いたします。
書きたてほやほやなので、誤字脱字はご容赦くださいませ・・・(自分で後で見て気づいたときはこっそり修正すると思います・・・)

それでは、スタートです!

○まずは、登場シーンから、高松未選手の選手紹介を映像を交えて
高松選手は、金色の文字が大きく前面に書かれた白いTシャツに、柔らかそうな生地の長めの黒いベスト、自然な感じではき込んだ風合いのあるジーンズというラフな出で立ちで登場です!
司会者が「『ひでみ』って最初はなかなか呼ばれないでしょう?」と高松選手のお名前から話題を始めました。
それを受けた高松選手、
「はい。最初に『・・・』てついてから、『み?』(笑)」
こんな感じのやりとりで今回のスポーツスピリッツは始まりました。
確かに、高松選手のお名前、僕も最初は分からず、今でもパソコンでは『ひでみ』では変換できないので苦労しています・・・
その名前の由来は、「お父さんが未来に向かってがんばって欲しい」ということでお付けになられたそうで、素敵な名前ですよね!
しかし、さすがに182センチの身長。スポーツスピリッツの司会者の方はそんなに大きくない方なので、より背の高さが際立って見えます!
映像を交えた選手紹介。
ライト高松未25歳、シーガルズがかつて本拠地にしていた富山県出身で、高校卒業後2004年に入団。身長182センチはチームでも1、2の高さを誇り、入団2年目からライトのレギュラーに定着。高さを生かしたアタックやブロックはもちろん、守備が乱れたときはボールをつなぎ、セッターがレシーブをしたときはトスも上げるマルチプレーヤ、という紹介でした。
シーガルズに入ったきっかけは「シーガルズが富山にいたので、バレー教室や合宿などに参加させてもらって、岡山にチームが移っても合宿に参加させてもらって、そこから」ということです。
富山の良さは?の質問に「魚がおいしい!(『ます寿司とかありますよね』の司会者のコメントに)はい!」ということです。ます寿司、いいですね〜。おいしそう・・・
ここで、自己分析のフリップが登場。
内容は、
体力・・・3
アタック・・・2
ブロック・・・4
サーブ・・・3
レシーブ・・・2.5
強運・・・4
自己主張・・・1.5
根性・・・3.5
という内容で、やっぱり自己分析だから厳しめなんでしょうね。
「レシーブは小さいときからやっているけど、正面とか強打に対しては怖さが無くてついていけてる部分があるけど、スピードとか変化があるとついて行けないので」
自己分析の中でも異彩を放っているのが『強運』。
「強運というよりも、出会い運というのがあって、小学校・中学校・高校で出会った指導してくれた監督がいたからシーガルズと出会えた」
ということでした!出会いって、本当に運命だなぁ、と思うので、出会い運があるのはとてもうらやましいです。
高松選手は、小学校の時はスポーツ少年団でお母さんに教えてもらって、中・高は部活でやっていたそうで、部活の思い出は「高校の時はみんなでわざわざ行事を作ってみんなでご飯を食べに行ったり、わいわい楽しくやってました」んだそうです!

○テンクエスチョン
1.今シーズンの成績には満足していない・・・○
「やっぱりチームとして1勝しかできていない部分もあるが、今シーズンは特に自分がチームに迷惑をかけてしまった・・・」
「精神的な部分なんですけど、みんなで闘うことをチームの武器としているのに、チームと気持ちが離れてしまった・・・」
ということで、ポジションが変わったりしたことなども影響しているのでしょうか、との司会者の談でした。
今シーズンは本当にきついシーズンでしたでしょうし、高松選手に限らず、みなさん精神的にきつかったでしょうね・・・

2.これだけは負けないというプレーがある・・・○
「肩のかたさです(笑)」と仰る高松選手。
(笑)の部分ですが、出だしで高松選手思わずかんでしまいました・・・『かたのかたさ』、早口言葉みたいで難しいですよね。
肩がかたい=「ブロック」というのが負けないプレー!ということです。
河本監督の話によると『いかつい外国人相手でも絶対飛ばされないブロック』という事だそうですが、高松選手「監督は肩が強い、といってくれるんですけど、みんなからは『ただ固いだけでしょ!』と言われます」と笑いながら。
「肩が固いことはブロックにとっては良いです。(肩が柔らかいほうがはじかれたりすることが)あります」
司会者に外国人相手だと怖いんじゃないですか?の質問には「怖さは無いです。やっぱり、後ろのレシーバーやチームの約束を守ってこれだけはやろう、と思っているので」「約束があって、レシーバーの位置と自分のブロックの位置をばらばらにしないようにしている」

3.影響を受けた選手がいる・・・○
「お母さん。今はバレーをやってないけど、自分が小さいときから高校生の時までバレーをしていて、自分の小学校の指導者をしていました」
「お母さんは一生懸命でバレーが大好き!」

4.実はこんな趣味・特技があります・・・○
「なわとびです!」
「大体はできるんですけど、三重跳びができます」
スポーツ選手は大体できるものなんでしょうか?という問いに「大体出来ると思うんですけど、この身長では?」とのこと。
ここで、高松選手、なわとびの腕を披露!
ベストを脱ぎ、本気モードの高松選手。
軽く肩慣らし程度に数回二重跳びをした後、3重跳び炸裂!合計6回!
最近なわとびしてませんが、僕自身は全盛期(小学生)の時でも3重跳びはできなかった記憶が・・・。
ハヤブサ(地域名?腕をクロスさせて飛ぶ技)も出来なかったので、あんまり僕はうまくなかったんですよね・・・

5.岡山にお気に入りの場所がある・・・○
「三徳園です」
とのこと。
僕は初めて聞く名前だったので調べてみると、シーガルズの寮の近くにあるらしい公園で、樹木や芝生の緑が美しく、季節になると桜や椿が綺麗だそうですよ。小鳥の森では野鳥の会も開催されているということで、自然豊かな良いところみたいです!
「季節によっていろんな花が咲いているんですけど、桜が咲いているときは綺麗なので一人で散歩に行きます」

6.見た目通りの性格だ・・・○
「おっとりしている風に見られます。そういう部分もあるんですけど、ズバッと言う部分もあります」
司会者がブログで高松選手がフランス語のテキストを広げている様子があってどうしたんですか?と聞くと、「勉強しようと思って買ってきたんです」
どうしてフランス語だったんですか?との問いには「フッと来たのがフランス語だったんで・・・」。
理由のような、理由でないような・・・。ちょっと不思議なところがある方なのかもしれませんね!

7.これだけはダメというものがある・・・○
「お酒とたばこです」
「お酒は飲めないです。(たばこは周りで吸うのも)ダメです、はい」
「シーガルズにはお酒は飲む人はいるんですか?」の司会者の質問に「はい。結構います」。
お!こういう話題はあまり無いので、新鮮です!
司会者の「誰?誰?」と聞かれて慌てたように笑いながら「言えないです!」と高松選手。
それでもしつこく聞かれ、ついに高松選手陥落!すごい小声で

「・・・森さんです・・・」

意外!すごく意外です!なんで意外かは分かりませんが、僕はとても意外です!
でも、お酒くらい飲みますよね。
と思っていたら、司会者の森選手のお酒の話題について突っ込みます。
司会者の「(森選手は)酒豪ですか?」の質問に高松選手、またまた小声で「・・・強いです・・・」
ここだけの話と司会者は言って、高松選手も「お願いします!」と言ってましたが、公共の電波に乗っているので時既に遅し、ですよね。
この放送みたら、高松選手は森選手にちょっと呼び出されるのではないでしょうか・・・心配・・・

8.負けたくないライバルがいる・・・×
チームメートはどういう存在?と司会者に聞かれ、「チームとして、個人の武器・特徴を生かす、というチームなので、ライバルというか、自分の中にそういうものを作ってしまうと自分の武器も生かせなくなってしまうので。」
チームの外でも同じようにライバル、と意識されている方はいらっしゃらないそうです。

9.まだまだ成長出来ると思っている・・・○
「すべてにおいて、だと思うんですけど、自分の自覚次第でプレーはどんどん広がってくると思う」
司会者が河本監督に聞いたところでは『あと2種類くらいスパイクが打てるようになると良いな』と仰っていたそうで、それについては「今は平行、低めのトスを同じところで打つ、ということが多いんですけど、それを移動してブロックをはじいたり、とか、レシーブやトスが崩れてしまったときにスピードのあるボール、重さのあるボールを打てるようになれれば、チームが楽になると思う」

10.バレーボールを続ける上で夢がある・・・○
「シーガルズで日本一になることです!」

○ビデオレポート
今回もありましたビデオレポート。
本日のレポーターは・・・村田奈都美選手!
今回は、村田選手のレポートぶりがおもしろかったので、一言一句を書いてみようと思います。

村「(自分カメラでレポーター自己紹介)岡山シーガルズの村田奈都美です。今から高松選手のインタビューをします」

村「これは、なにを、見てますか?」
高「BIGBANGの中のラップを担当しているT.O.PとG-DRAGONの二人組のユニットのDVDを見ています!」
村「ほう。踊れるんですか?ちなみに」
高「(高松選手、笑いながら踊っています!)」
場面変わって、紺色の財布を持って座っている高松選手。床にはもう一つ、黒いバッグが。
村「それは、なんですか」
高「こっちは(紺色の)財布です。去年の9月に一目惚れして買っちゃいました!」
村「財布。ちなみに、どこの、ブランドですかね、これ」
高「グッチです!」
村「ほう!グッチ!高そう〜!」
高「これは(床に置いてあった黒いバッグ。それをカメラに思い切り近づけて)一番気に入っているカバンです。これも買う予定は無かったのですが」
村「ふむ」
高「遊びに行くといってお母さんに伝えて出て行ったときに」
村「ふむ!」
高「これを見つけてしまい衝動買いしてしまいました」
村「あら!」
高「帰ったらお母さんに怒られました」
村「あ〜あ。でも、結構衝動買いしますもんね。なんでもね。」
高「・・・(小声で)なんでも買っちゃいます・・・」
村「そのたびにチームのみんなにも『また買った』ってね。言われてま〜す」
高「・・・(小声で)言われてま〜す・・・」

という感じでした。
村田選手、しっかりとした男らしい(村田選手、すいません!)しゃべり方をされ、妙に四角張ったレポートをされていたので、おもしろかったです!
衝動買いのくだりでは、終始高松選手は申し訳なさそうな感じでした・・・

ビデオレポートが終わった後、衝動買いについて司会者に聞かれると「(貯金よりも)使っちゃう方です」とのことで、それでお母さんに怒られるの?と聞かれて、「・・・(小声で)ハイ・・・」
「欲しくなったら買わずにはいられない。一応貯めるんですけど、このときに使うって決めてしまう」
他にも高い買い物は?と聞かれて「今回の帰省で5月に帰ったんですけど、服とか靴とかまとめて買ってしまって・・・。それも『お金はもう使わない』ってお母さんに言って出て行って、それで買ってしまったので、お母さんに怒られた・・・。(使ったのは)4万円・・・」ということでした。
衝動買いは僕もしてしまう方なので、高松選手の気持ちは分かりますね〜。高松選手はお母さんに怒られるようですが、僕はお嫁さんに怒られます・・・
あとは、ここにきてやはり韓流なのですが、今回はいつものシーガルズ選手を虜にしている東方神起ではなく、BIGBANGというグループ。・・・恥ずかしながら、当方全く知りませんでした・・・高松選手、すいません・・・

○宝物
「今つけているネックレスです」ということで、画面にはチェーンの先に小さくて平らな金色のリングに、きらきら光る透明なダイヤ(かどうかはわかりませんが、輝いていましたよ!)を8つも埋め込んだ綺麗なネックレスでした。
「岡山に出てくるときに家族が『がんばっておいで!』とくれたものです」ということで、ご家族のあったかい想いが詰まったネックレスなんだそうです。
丸山選手や小林選手もそうでしたし、恐らく他の選手も同じと思いますが、やっぱり家族は一番の応援団ですよね!
高松選手、衝動買いをしたときは怒られるけど、やっぱり良いご両親じゃないですか!うらやましいです!

○キーワード
キーワードは・・・『なわとび』
僕の中では、『衝動買い』がキーワードと勝手に思っていましたが、なわとびでしたね〜。


○抱負
7月に監督のふるさとである岡山県笠岡市で開催されるサマーリーグへ向けての抱負を聞かれ、
「若手を中心にチームを作って練習をしているので、今までとはちょっと違ったシーガルズを見れると思うので、そこを見て頂きたい!」
ということで、司会者からもうすぐ26歳になるということで、ますますがんばってください!ということで締めとなりました。
最後に女性に年齢のことを言うとは!

とはいえ、見に行く予定のサマーリーグへ向けての抱負も聞くことができましたし、これからも高松選手、がんばって欲しいです!

以上でした!
[PR]
by dafeng5 | 2011-06-22 01:29 | その他

スポーツスピリッツ『丸山亜季選手』編(平成23年4月12日放送)

ここまで、最近のスポーツスピリッツのレポートをいくつか掲載してきましたが、録画していた回でまだ記事にしていないものがありましたので、過去の内容になりますが、レポートいたします。

それでは、岡山シーガルズのリベロ・丸山亜季選手がご登場された回のレポートです!

○まずは、登場シーンから、丸山選手の選手紹介を映像を交えて
黒地に小さな色とりどりの模様がたくさん入った大人っぽいワンピースに白いカーディガンを羽織り、くるぶしあたりまでの長さの黒いスパッツ(すいません、ファッションに疎くてスパッツで正しいのかどうかわかりませんが)という出で立ちの丸山選手。
髪型も試合の時のポンパドールとは違い、素直に下ろしたショートボブぎみの前髪を左から右に流して垂らしたこれまた大人っぽい髪型で、いつもとはちょっと雰囲気の違う丸山選手でした。
・・・余談ですが、本当にファッション系に疎いので、この選手紹介をどう書いたらいいのかが毎回一番悩むところです・・・服用語とか髪の表現は間違っているかも・・・

滋賀県出身近江高校から岡山シーガルズに入団。
身長は157センチで、チームでもっとも小柄ですが、その負けん気は人一倍。入団2年目ながら、レギュラーとして25試合に出場し、好レシーブでチームを盛り上げた存在!という紹介でした。
バレーを始めたのは小学校3年生の頃で、ずっと身長が低かったので、ずっとレシーブをしていたそうです。

○テンクエスチョン
1.2010・11シーズンは持ち味を出せた・・・○
「自分自身初めてリーグに出て、開幕戦ではすごい緊張したけど、仲間に声をかけてもらったり、監督からも色々おしえてもらったので、持ち味は出せたと思います」
入団1年目は試合に出られなくて他の選手は出ていて悔しかった、と聞いたのですが、という司会者の問いに、「自分だけ出れない、というのは悔しいと思っていました。」
2010・11シーズンは開幕戦スタメン出場、ということでどうでしたか?との問いに「自分自身、どこまで通用するかはすごく不安でしたが、試合に出た以上できることをやるしかないな!と思いました」

ということで、ここでシーズン中の成績がフリップで出てきました。
(フリップ内容)
丸山亜季 2010/11シーズン
○試合数
25試合/26試合
○セット数
82セット/94セット
○サーブレシーブ成功率
66.9%(リーグ15位)

これを見ながら、「サーブレシーブ成功率はもう少しあげないといけないと思います。リベロなので返して当たり前のポジションですし、66.9だとリベロの中では一番低いと思います・・・。やっぱり、そこはもう少しあげていきたいと思います!」

2.守備力は大幅に向上した・・・○
「リーグでしか外国人の選手のパワーやスピードは受けられないけど、リーグに出ていなかったときと比べると、『こういう感じなんだな』というのがつかめた」

3.リベロならではの悩みがある・・・×
「リベロだと『(点を)決めれない』『打ちたい』というのがあるかもしれないけど、私の場合はずっとレシーブしかしてこなかったので、特に『打ちたい』とかは思わない」

4.やっぱり身長はもう少し欲しい・・・○
「身長が低いと上に来たボールに手が届かない時もある。もう少し身長があれば守備範囲が広がるかな・・・」
ただ、身長が低いことにもメリットはあるようで、「低いところに来たボールは下に入りやすいし、足の回転が使いやすいので、そこは身長が低いのは良いと思う」
ちなみに、他の質問に答えるときは緊張の面持ちだったのですが、この質問に答えるときはちょっとはにかむように笑いながら答えられていたので、身長は本当に欲しいんでしょうね。

5.岡山に来て驚いたことがある・・・○
「岡山に来ると、すごく果物を頂くことが多いのですが、夏になると、桃とピオーネが毎日のように食事の時に出てくるので驚いた。」ということで果物が好きになったそうです。
一番好きな果物は「桃です!」ということですよ!

6.休日はバレーボールのことを考えない・・・×
「休みの日とかもボールを触っていないと感覚が鈍るので、寮の中庭があって、そこでボールに触ります」
これはシーガルズの皆さん、共通して仰っていますね。

7.実はこんな趣味・特技があります・・・○
特技は歯笛だそうです。丸山選手曰く、「小さいときに姉がふけて、練習したらふけるようになりました。口笛とは違って、口は普通にしておいて、歯の隙間から・・・ピー・・・結構練習しました!」
丸山選手は人見知りをされるそうで、「初対面の人には自分からは声をかけれない・・・。向こうから声をかけて欲しいタイプです(笑)」。
人見知りだと寮生活は大変そうですが、「怖そうだなと最初思っていたのは・・・米村選手・・・」の衝撃発言!
でも「実際は色々声をかけてくれる先輩で、だいぶ第一印象と違いました!」とのこと。
米村選手、とても優しそうに見えるのですが、試合中などではきりっとしたまなざしだったりしますし、意外と最初は怖そうに見えるのでしょうか。

8.まだまだ成長できると思っている・・・○
「今は自分のことだけで精一杯ということが多いけど、リベロだと自分のチームの一番後ろから相手コートまで見えるのでいろんな事を仲間に言っていけたら良いんですけど・・・。そういうところで、後ろから信頼されるようになりたい」

9.目標とする選手がいる・・・○
「金森選手です。気持ちとか気の部分でチームをまとめているところは、自分のやっていけたらいいな、と思う」
ちなみに、司会者情報によると、金森選手、私生活でもとても献身的な方のようですよ。そのあたりもみんなに信頼される部分なのかもしれないですね!

10.競技を続ける上で夢がある・・・○
「やっぱり、チームで日本一になること!です」
来シーズンに向けてどうでしょう?との質問に「自分の持ち味を出せた部分もあるけど、力が長続きしなかったというのが課題だった。来シーズンは力を出すポイントなどをつかんで、力を長続きさせたいと思います」

○ビデオレポート
6.の質問の後、シーガルズ選手の回の恒例となったビデオレポート。
レポーターはなんと宮下選手!
僕は岡山シーガルズを応援する会の会員証の選手のサインは宮下選手に頂いた、ということからも分かるとおり、シーガルズで特に好きな選手の方の一人なので、俄然色めき立ちました。
「岡山シーガルズの宮下遥です。今日は丸山選手の部屋に来ています」ということですが、自分カメラで思いっきり照明の下であおって撮っているので、顔がほとんど影になってます・・・。自分撮りは難しいからしょうがないですね。
まずは「何してるんですか?」とレポート開始。映像は、右手の手のひらの上に、ちょこんと小鳥をのせた丸山選手「鳥と遊んでまーす」。
オレンジ色のくちばしに濃い茶色の頭、白いほっぺに、淡い茶色と白のツートンカラーの体、というちっちゃなかわいい小鳥です。ブンチョウだそうです。
「その子の名前はなんて言うんですか?」との問いに、「チャーボーです」。
「練習の後はいつもこんな感じですか?」との問いに「暇なときはこうして遊んでいます」と答えていましたが、宮下選手がカメラをチャーボーに近づけていくと、チャーボーはワーッ!と急に飛びだち、丸山選手の頭の上に退避。
「あー!もう!」と言う丸山選手は、嬉しそうに破顔して、とても良い笑顔でした。
「じゃ、ここで一曲『はぶえ』を」と宮下選手。丸山選手は「ふえ?」とちょっと照れ笑い・・・
テンクエスチョンの所の特技のところで歯笛について書きましたが、このビデオレポートの方が先だったので、これを見たときは『はぶえってなんだろう?』と思いました。
再び手のひらの上に戻ってきたチャーボーに、丸山選手は歯を閉じたまま口をちょっと開き、しばらくして「ピーピピー」と何かの曲を奏で始めました。
なるほど、『歯笛』だったのですね。
ちょっと吹いていると、チャーボーがじっとしているのを見て、宮下選手、「鳥、反応せず。」と冷静なつっこみ。
でも、丸山選手、「どや?」とカメラに向かってどや顔。
きっと丸山選手とチャーボーの間だけに伝わる意思疎通はあったんでしょうね。

場面変わって、前髪を両手でつかんで上にあげてまとめている丸山選手。
「なんで前髪をあげるんですか?」との質問に「前髪を下ろすと、前髪が浮いて暗くなるから」。
話しながらもずっと髪の毛を丁寧にまとめてゴムでくくろうとしている丸山選手に「結構念入りにしてますね」と宮下選手。それに答えて「最初の髪の毛とるところは丁寧に。後は適当に(笑)」。
確かに、ずっと前髪をまとめていて結局くくるところまでは映っていませんでした・・・
再び場面代わり、寮のロビーのようなところでモップを手に掃除をしている丸山選手。
「なんで今日はここの掃除をするんですか?」との質問に、「一週間毎に部屋で掃除場所が変わるので、今週はここの場所です。」
掃除している所にはストーブがいくつか出ていて、ストーブのすぐ前に、前面以外を紫の小さな毛布で囲われた鳥かごがあります。
「朝起きたらさぶいからストーブの近くで暖めてあげています」と仰る丸山選手。なるほど、チャーボーを暖めてたんですね。「優しいですね〜」と宮下選手。「鳥思いです」と答えた丸山選手に、すかさず宮下選手「私にはそんなにやさしくしてくれない」とつっこみ。
丸山選手笑いながら「そんなことない!遥にはもっと優しくしとる!」と返し。
それに対して宮下選手「チャリ買ってもらった」とコメント。丸山選手「そやな。自転車買ってあげました」と仰っているので、本当に宮下選手に買ってあげたんでしょうね。「遥にはもっと優しくしてる」というのは嘘ではないです!
(宮下選手)「やさしい丸山選手でした〜」(丸山選手)「あはは!」でビデオレポートが終わりました。

丸山選手が宮下選手に自転車を買われたのは、「去年の9月1日の宮下選手の誕生日に何が欲しい?と聞くと『自転車が欲しい』と言ったので、同期4人(B4!)で自転車を1台プレゼントしました!買わされたわけではないです!」
小鳥のチャーボーは「機嫌が良いと手に乗ってくれますが、機嫌が悪いと逃げちゃうんです。頭が結構好きみたいで!」とのこと。カメラはやっぱり近寄られすぎるとびっくりして好きな頭に逃げたんでしょうね。

○宝物
丸山選手の宝物は「おばあちゃん!」
写真で登場したおばあちゃんは、頭にシロツメクサで作った冠を頭に載せて満面の笑顔で両手でピースをされていて、見るからに優しそうな方です。
おばあちゃんは72歳だそうで、写真は去年帰省したときに撮られたそうなのですが、とてもそんなにお年とは見えません!お若いです!
写真に写っている『冠』は、「自分の家の畑にシロツメクサが生えていたので、小さい頃を思い出して編んであげました」という丸山選手お手製のものだそうで、おばあちゃんの満面の笑顔の理由は『孫からのプレゼント』への嬉しさからだったんでしょうね!
以前会報誌でも丸山選手はおばあちゃんのことをお話になっていたのですが、小さい頃は毎日おばあちゃんの畑仕事について行ってたそうです。おばあちゃんっこだったんですね。
次の写真は、丸山選手と一緒に写ったおばあちゃんのお写真。丸山選手は、ほっぺたに2羽のカモメ、眉間には赤いハートマークが書かれていて、頭には青と白のねじりはちまき。岡山の夏の風物詩となったうらじゃまつりの時に撮った写真と思います。
おばあちゃんは毎試合応援にいらっしゃるそうで、「両親が共働きでおばあちゃんに育ててもらったという感じなので、いてくれるのが当たり前、という感じになっていて、試合会場でばあちゃんの顔を見るとホッとする」ということ。本当におばあちゃんが大好きなんですね!

○キーワード
キーワードは・・・『チャーボー』
チャーボーの名前の由来は「私が入団したときからチャーボーはいたのでなんでか分からないんですよ(笑)」

○抱負
「リーグの最終あたりでチームの良さであるつながりが出てきていたので、そのつながりのバレーを、自分でもあげていってシーガルズらしいバレーをしたいと思います」

という内容でした!

まだ若手ながらも、とても落ち着かれたしっかりされた方だなぁ、と思いました。
丸山選手は目がクリクリッとされていて外見から何となく誰とでもすぐに打ち解けそうなタイプと思ったのですが、人見知り、というのはとても意外でした!
僕も『相手から話しかけて欲しい』派なので、非常に共感が持てます。
後は、チャーボーっててっきり丸山選手のペットなのかと思ったら、キーワードのところで丸山選手が入団される前からすでにいた、というお話が出たときは、自分的にどんでん返し感100%でした。

全日本では、セッターの竹下選手と同じく、まだまだリベロは佐野選手がメインです。
ここに、シーガルズの宮下選手、リベロの丸山選手が食い込んでくるとおもしろいですよね!
でも、シーガルズは他にもリベロの選手がいらっしゃるので、誰を応援して良いやら・・・
とにかく、丸山選手の今後に要注目です!

追伸
宮下選手のリポート、楽しく拝見したのですが、編集はされているんだとは思いますが、「じゃ、ここで一曲歯笛を」「鳥、反応せず」が言葉的におもしろかったです。
先輩に対して「じゃ、ここで一曲」とざっくり特技披露を要求したり、チャーボーという名前があるのに「鳥、反応せず」ですから。そういうキャラクターがいいなぁ、と思います。
あと、ビデオレポートで部屋にポスターが貼ってありましたが、会報誌Vol.27の選手紹介の内容からするときっと東方神起なんでしょうね!
[PR]
by dafeng5 | 2011-06-19 00:00 | その他

うっかり話とけがの話。

僕のブログでもリンクを張らせていただいており、シーガルズや全日本の情報を素早く配信されている彩花さんのブログ『岡山シーガルズ・山口舞選手を応援する会』にて、あの栗原恵選手がパイオニアを退団され、リハビリに専念される、というニュースを知りました。
栗原選手は、僕の出身地である山口県の隣の県の広島県ご出身で、子供の頃によく歯医者に行くために広島に行っていたのもあったり、三田尻女子、という名前をよく聞いていたので、とても親しみを持っていた選手でした。
退団ということでびっくりしてパイオニアのHPを思わず見に行ってしまいました。

ここで本題なのですが、何がうっかりかと言いますと。
パイオニアのホームページに行くと、『ファンクラブ募集』とでかでかと出てきて、他のチームのファンクラブはどんな感じかなぁ、と何のけなしにのぞいてみました。
そのページに、特典として『グッズの割引』がありました。

よく考えると、シーガルズを応援する会の会員特典にもグッズの割引があります。
でも、僕は割引で買ったことはなく、いつも表示されている金額で買っていました。
あれ?と思ったのですが、よく考えますと、割引を受けるには会員証を提示する必要がある、ということで、シーガルズのホームページにも明記されています。
そういえば、会員証を提示して、グッズを買ったことはありませんでした・・・
うっかりです・・・

うちはお小遣い制なので、いつも限られたお小遣いとへそくりで何とかグッズを買っていたのですが、割引を活用するともっと色々変えてたな・・・
そんなことを考え、うっかりうっかり・・・と思った、というお話です。

なので、冒頭の栗原選手のお話は全く関係ないうっかり話だったのですが、スポーツ選手はけがが付き物とはいえ、やっぱり選手は辛いでしょうね・・・
僕はいとこに現役のプロ野球選手がいますが、ピッチャーで肩やいろんな所を痛めたりしていてすごく苦労しているのを知っているし、その親御さんもやっぱりすごく心配されています。
スポーツ選手、特に動きの激しいスポーツは、選手寿命が結構短めですし、限られた時間があるなかでのけがはやっぱり怖いです・・・
シーガルズでも若浦選手や村田選手などなど、けがで苦しめられている選手がいらっしゃいます。
現在の時期、いったんシーズンが落ち着き、次のシーズンへ向けて様々な取り組みを行われることと思いますが、けががありませんように!と祈るばかりです。
[PR]
by dafeng5 | 2011-06-17 21:51 | その他

シーガルズらしさ。

僕は日本バレーボールリーグ機構が発行しているVリーグのメールマガジンを購読しています。
1週間毎に発行されるものなので、常に最新情報が配信されるわけではないですが、Vプレミアリーグ、チャレンジリーグに所属するチーム(男女とも)の情報を得ることができます。
他チームの試合以外の情報は、そのWebサイトなどをチェックしないと得ることができないので、例えばどのチームがファン感謝祭をした、とか、バレーボール教室をした、のような、他チームの動向が何となくつかめて重宝しています。

さて、今回は最新の配信分である6月15日号の記事に気になるものがありましたので、取り上げてみました。
その記事とは『2010/11シーズンの最長・最短の試合時間と最多得点のセットについての記録』です。

その記録とは、以下の通りでした。

(以下、『Vリーグ・メールマガジン Vol.296 2011年6月15日号』からの引用です)
<プレミアリーグ女子>
【最長試合】
2時間22分     2月5日東レvs久光製薬

【最短試合】
1時間7分     1月23日東レvsJT
1時間7分     2月19日デンソーvs東レ

【最多得点試合】
32-30      11月27日 NECvs岡山  第3セット目
32-30      12月5日トヨタ車体vs岡山  第3セット目
32-30      1月16日パイオニアvs岡山  第2セット目

<チャレンジリーグ女子>
【最長試合】
2時間21分    12月26日上尾vsKUROBE

【最短試合】
1時間00分     3月5日PFUvsGSS

【最多得点試合】
32-30      12月12日PFUvs三洋電機  第2セット目

(引用、ここまで)

シーガルズファンの方ならお気づきですよね!
最多得点試合は32-30のトップタイが記録となっているのですが、セットをとったチームはすべて別のチームなのですが、その相手がすべて岡山シーガルズなのです!
昨シーズンを通してみるとシーガルズらしい試合展開がなかなか見られない、という評が多かった気もするのですが、要所要所では粘りのシーガルズが垣間見えるシーンもあった結果ではないかと思います。
会報誌では監督もチームの移行期は1〜2年はなかなか結果が伴わないのが普通、と仰っておりましたが、全日本にも登録されている宮下選手を始め、B4、黒河選手と新しい世代の選手が将来的にはシーガルズを担っていくようになっていくと思うのですが、確かに若鴎が飛び立とうとする現在はまさにその移行期なのでしょうね。
次世代のチームになっていくのは良いとは思いますが、そうなると現世代の方々は・・・と考えると寂しいですよね・・・しょうがないことなのはとは思いますが・・・

ともあれ、サマーリーグまで半月をきったこの時期、梅雨でじめじめした日が続きますが、シーガルズはきっと大きく羽ばたくはず!
そう信じて、7月1日までを指折り数え、楽しみを押さえきれない毎日です。
[PR]
by dafeng5 | 2011-06-16 00:00 | その他

会報誌 VOL.27が届きました〜。

いつも楽しみにしている会報誌、本日届きました〜!

e0234998_23531749.jpg

内容は・・・

○おすましSeagulls
○リレーエッセイ
○【特集1】2010/11V/プレミアリーグを振り返る  interview「壁を越えなくてはならない責任と覚悟」
○〜岡山大会レポート〜2010/11V・プレミアリーグ ホームゲーム4試合を開催!
○【特集2】河本監督かく語りき。「雌伏の時。」〜力を養いながら次のチャンスを〜
○【特集3】次世代を担う若手が語る、第60回黒鷲旗 対談「芽生えてきた自覚と責任」
○【BIG対談】上治丈太郎氏(ミズノ株式会社専務取締役)×河本昭義(岡山シーガルズ監督)
○〜私たちにできること〜「東北地方太平洋沖地震」チャリティマッチ開催
○かわら版
○スポンサー&法人会員一覧
○Farewell 引退選手&スタッフ
○NEW FACE 新人紹介
○岡山シーガルズ選手名鑑

というものです。
目次を参考にしましたが、一部選手の名前が入るところをあえて書いていません。
そこは、『誰と誰が対談しているのかな?』『誰のインタビューかな?』というのは、会報誌の楽しみと思うので、ネタバレは避けます。
個人的に、おすましSeagullsは、今回はすごく良くて、『内田恭子さん?』と思いました。必見です。
あとは、とあるコーナーで、再び『シーガルズ内東方神起大好き体制発動』という認識を新たにするなど、結構見応えのある内容でした。

シーガルズを応援する会の会員の特典の一つですので、シーガルズファンだけどまだ応援する会には加入していない、という方は是非この機会にどうぞ!
入会については以下のアドレスをご覧ください!(シーガルズの公式サイトへ飛びます)
http://okayama.v-seagulls.co.jp/suportor.html
[PR]
by dafeng5 | 2011-06-12 00:06 | その他

スポーツスピリッツ『川島亜依美選手』編(平成23年6月7日放送)

このブログでは二回目となる、岡山放送の番組『スポーツスピリッツ』から、岡山シーガルズの選手である川島亜依美選手が登場された回について、レポートをいたします!

○まずは、登場シーンから、川島選手の選手紹介を、映像を交えて
白い薄手のジャケットを肘の下まで折りまげ、その下にはオレンジ色のボーダーのTシャツ、首からはハートにマリンのネックレスに、下にはジーンズという夏らしい出で立ちです。
岐阜県出身のセンターの選手で、中学校三年生の時には全日本ユースにも選出。九州文化学園を経て、一昨年シーガルズに入団。
持ち味は身長181センチの高さを生かしたスパイクや、相手を徹底的にマークするブロックが持ち味で、今シーズン出場機会を一気に増やして、将来のレギュラー候補として期待されている選手!

なお、今回はいつもとちょっと違って、5段階の自己分析がありました。
体力2、アタック3.5、ブロック4、サーブ3、レシーブ2、強運3.5、自己主張2.5、根性3という自己分析だからか控えめな結果でした。
体力は自信がもともと無かったそうで、「長いシーズンで、一試合を通して、という体力がなかなか続かなかった・・・」という自己分析でした。
自己主張はあまりしないそうですが、ご自分で「どちらかというとわがままかな」とコメント。司会者には「B型らしい性格なんですね」と突っ込まれていました。
それにしても、自己主張はしないけど、わがままって・・・複雑な性格なんでしょうか。でも、適度なわがままって、いいかもですね!

○テンクエスチョン
1.今シーズンは大きく成長できた・・・○
(15試合28セット出場15ポイントという成績を振り返って)「チームとしては1勝しかできなかったけど、個人としては去年よりも試合に出られて、スパイクにしてもブロックにしても練習でやってきたことが自分の中で出せたかな。」
「試合経験が今まで無かったので、緊張したところで自分の力を出すことの大変さを理解できたことは、リーグで学べたことだと思う。」

2.プレーの幅が広がったと思う・・・○
「いろんなプレーで幅が広がったと思う。」
「特にセンターなのでクイック攻撃をやりますが、近いところに入るAクイックをしていたのに加えて、離れたクイックやブロードなどを実戦でできるようになった。」
(ここで転機となったという去年の千葉国体の決勝の映像を挟みました)
「第2セットの途中からの出場で、途中から入る選手は流れを変えることが多く、自分の力を出し切る、ということは難しかった。
自分のできることをする!という意識があったので、集中して冷静なプレーができた。この経験がリーグでのプレーにも生かせた。」

3.これだけは負けないというプレーがある・・・○
「ブロックです。」
(司会者からブロックのコツを聞かれて)
「昔から得意だったわけではないけど、背が高い分、ボールに当たるので、それがチャンスになって攻撃になる、ということで、背の高い選手の方が有利かな。」
(司会者から、『中学校の時にオーケストラでコントラバスをやっていて、指の先の使い方がうまいからブロックが良いんだ、と河本監督が言ってたんですが』というフォローが入り・・・)
「結構コントラバスは指を使うのでもしかしたら・・・」と答えながら、突然川島選手フリーズ・・・固まったまま4秒くらい経過・・・
思わず、テレビが壊れたのかと思うくらい、沈黙&固まっていました・・・
河本監督からのコメントということで動揺したのかもしれないですね!
「ブロックをするときに自分の神経が当たった後にブロックをするので、そういう意味で指を使っていたのは生きているのかもしれないですね」

4.岡山に来て驚いた事がある・・・○
「岡山に来て、初めて缶詰ではなく、果物の桃を差し入れに頂いて、それがすごくおいしくて感動した!」(それまでは桃と言えば缶詰だったそうです)
「甘くてすばらしいな!」という感想でした。

5.実はこんな趣味・特技があります・・・×
「無いですね〜」と断言。
B型の同期4人(B4!)で、休みの日は寮でトランプをするそうです。
すごくはしゃぎながらやるので、先輩に「うるさい!」と言われるそうです。
いくらやっても飽きないそうですよ〜。

6.岡山にお気に入りの場所がある・・・×
「インドアです!」と断言。
遠くには行かずに近場で買い物とか、近くを散策して帰るそうです。

7.食べ物の好き嫌いはない・・・○
本当になんでも食べられるそうで、特に好きなのは「チーズケーキ」だそうです!

8.負けたくないライバルがいる・・・×
「もちろん、すごい選手は自分のチームにもいるけど、この人に負けない!というよりは『この人にはできないことを自分はしてやろう!』という考え方なので。」

9.目標とする選手がいる・・・○
「シーガルズで同じセンターの森選手です!」
「ネット際のうまさとかは、他のチームのセンターと比べてもすごい!そこは吸収していきたい。」

10.バレーボールを続ける上で夢がある・・・○
「やっぱり、チームで日本一になること!」

○ビデオレポート
4問目の内容の後、ビデオレポートに。
今回のレポートは、卜部選手!
卜部選手は白い襟付きのポロシャツのようなさわやかな服装で、「岡山シーガルズの卜部です。これから川島選手の素顔に迫りたいと思います」とコメント。若干緊張しているようでした。
最初の場面は、川島選手の部屋。
机の上には、ドライヤーやファイル、うらじゃ踊りの時の記念写真(小さいので見えにくいですが、たぶん丸山選手と後お二方写っていました)と、奥の方にはぷっちょの空き箱。
ものを大切にされるたちで、なかなか整理がつかない派なのかもしれないですね!(僕も同じなので、そうだったらすごく共感です!)
川島選手は、机の上にある小さな水槽の中にいる『チョッパー』にえさをあげていたようです。
卜部選手の「チョッパーってなんですか?」という質問に「ベタで、先輩にもらったペットです!」との答え。
司会者が「ベタ?」と聞くと、「魚なんです。ちっちゃいんですけど、闘魚って言われています」。
チョッパーには特技があるそうで、おもむろに水槽に指を入れて「チョッパー」とかわいい声で呼びかけると、チョッパーはその指先を『チョン』とつついていました。かわいいですね!
卜部選手の「マイブームは何ですかー?」の質問に迷わず「東方神起でーす!」と顔の前に写真を差し出す川島選手(すいません、東方神起わからないので、誰の写真かわかりません・・・。colorsと書いてありました。ユチョンさん?)。
「東方神起の魅力は?」の質問に、「ダンスがうまいのと、歌がうまいんと、背が高いのと、イケメンだからです」とのこと。特に「ユチョンさんが好きです!」ということ。ということは、小林選手と同じ!
(ここでビデオが終わりました)
司会者の「どうしてシーガルズの選手は東方神起にはまるんでしょうね?」の質問に、「まず、背が高いこと。背が高いのは大事!」。
それをうけて司会者思わず「そんなこと言っていいんですか!監督はどうなるんですか!」とのコメントに、川島選手「い!いや!中身も大事なんですけど・・・」と慌ててコメント。
「ユチョンさんは中身はどうなんですか?」の質問には「中身、いいでしょう!」と断言する川島選手。本当に好きなんですね〜。最後には「見た目でしょう?」と言われて「ハイ」とおっしゃるあたり、正直ですね〜。
魚を飼っていることについては、癒されたいな、というときはチョッパーに話しかけるそうです。
以前出演した丸山選手も小鳥と会話していたのですが、みんな癒されたいときは動物に話しかけたりするようです。
川島選手は、癒されたいなぁ、と思ったときに「おまえは元気か〜」と話しかけるそうですよ!

○宝物
「高校生の時に一つ上の先輩(香野晶子さん。現在パイオニアレッドウィングスに所属!)が卒業するときに頂いた写真です」
川島選手と香野さんが二人で満面の笑顔でピースをしている写真で、ペンで『RIN がんばれ!』「なかよし姉妹 好き」『だいスキ』と書いてあって、大きくハートもあったりして、とても仲の良い先輩・後輩だったんだなぁ、と伺えるものでした!金色の熊の縁取りのフォトスタンドもかわいい感じでした。
「九州文化学園時代の思いでは、最初の一年の時に足にボールをはさんでの逆立ちをするのがあって、なかなかうまくできなかったのを、香野さんが夜までつきっきりで教えてくれたのが思い出!」

○キーワード
キーワードは・・・ずばり!『B4』!

○抱負
「去年のVリーグと黒鷲旗では結果を出せなかったのですが、サマーリーグでは若手中心になると思うので、自分たちらしいバレーをして、がんばって練習していきたいと思います!」


という内容でした!
[PR]
by dafeng5 | 2011-06-07 23:37 | その他

スポーツスピリッツ『小林亜里沙』選手編(平成23年4月26日放送)

シーガルズファンにとって、岡山放送の『スポーツスピリッツ』という番組でシーガルズの選手をメディアで拝見できることは、岡山在住であることのメリットの一つではないでしょうか。
そこで、スポーツスピリッツにシーガルズの選手が登場された際はレポートをしていこう、と思います。
先日公式ブログで川島選手の収録の様子が紹介されていましたが、当ブログで最初にお届けするのは・・・小林亜里沙選手!
なんと、川島選手の登場が本日深夜、というときに、最初に紹介するのが4月25日深夜(正確には4月26日)に登場された小林選手からという、超非リアルタイム的レポート・・・
実はずっと記事にしようと思っていたのに、なんだかばたばたしてなかなか記事にできず・・・

ちなみに、スポーツスピリッツという番組では、構成として、

○選手の簡単な紹介
○選手に様々な質問をする『テンクエスチョン』
○テンクエスチョンの内容を元に、司会者が選手とトーク
○県内の部活でがんばる人々を紹介するコーナー
○県内スポーツの主なニュース

というものです。
このブログでは、選手の紹介部分に絞って紹介していきたいと思います。

○最初の登場シーンと、映像を交えた簡単な選手紹介とトーク
登場した小林選手は、髪型もゲーム中とは違う前髪を片側に垂らして、後ろでくくった髪を右肩にふぁさっと垂らしたかわいい感じです。
衣装は、上はベージュの赤や緑の穏やかな模様の入った薄手の服にカーキ色のカーディガンを羽織って、袖をくしゅっと肘の下までたくり、下は黒色のタイト目なパンツ、足下は落ち着いた濃いブラウンのような色のスニーカーという、全体的にアースカラー的な落ち着いた大人のイメージのファッションでした。
ご本人曰く、「普段は全然こんな感じじゃない」ということで、コーディネートはみんなでしてくれた、とのことです。
選手紹介は、2010/11シーズンは19試合に登場し、21のブロックポイントをあげる。1セット平均0.49本は森選手に次ぐ成績、というものでした。
大阪出身と言うことで、「普段はこてこての『大阪人』」だそうです。
「バレーを始めたのは中学1年から。きっかけは、通っていた小学校の体育館に中学生のバレー部が練習に来ていて、そこに当時の米村選手が来ていて楽しそうと思ったのがきっかけ。そのときは背は160センチくらい。」
小学生とすると結構高い方ではないでしょうか(当方、現在背は182センチですが、小学校を卒業したときは164センチでしたので、女子がそれくらいだとかなり高い方っていうイメージです)。

○テンクエスチョン
1.2010・11シーズンは持ち味を出せた・・・○
「レギュラーで長く出してもらうことが多く、武器のブロックはまぁまぁだったと思う。」
(成績を振り返って)「ブロックが一番の仕事なのでもうちょっといけても良かったかな。」
「外人選手が他チームにはたくさんいるのでパワーに負けてしまうときがあり、大変。」
「デンソー戦のエベ選手にふられた形でブロックに飛んで、止めた後にアタックラインまで飛ばされてすごく痛かった・・・」

2.毎日欠かさない練習がある・・・×
「これといって決めた練習は無いけど、レシーブは苦手なので監督に指導してもらったりはする。」

3.コートに立つと人が変わる・・・○
「普段の性格はこてこてな関西人だけど、コートでは静かというか全然違う感じ。
決まったときなどはわーっとなるが、すぐに元の冷静な感じに戻る。」

4.岡山に来て驚いたことがある・・・○
「体育館に行くまでに川があるんですが、そこに大きな鳥がいたのにびっくりした。
実家の大阪は割と都会で、あまりそういうことはなかったので・・・」

5.実はこんな趣味・特技があります・・・○
「趣味というか、特技があって、小学校の時に新体操をやっていたので、トゥで歩くことができる。」
でも、ご本人によると特にメリットは無いそうです・・・

6.これだけはダメというものがある・・・○
「虫がダメなのと、食べ物はパプリカ。」
「緑のは大丈夫だけど、赤・黄・オレンジがダメ・・・。」
ご本人曰く、パプリカ(緑以外)は薬の味がするそうです・・・
家では食べたことが無く、シーガルズに入った後、食事の時にサラダの上に大量に乗っていて、食べてみて「・・・なんやねん・・・」となったんだそうです。

7.休みの日はバレーボールのことを考えない・・・×
「一日休みをもらっても絶対ボールは触るので、考えないことはないです。」

8.負けたくないライバルがいる・・・×
「チームのセンターの人を見ていても、ライバルとしてではなくお手本として見ている。」

9.目標とする選手がいる・・・○
「森選手と山口選手です。」
「森選手は、乱れたときにカバーをうまくするとことろ、基の入ったプレーをするところを見習いたい」
「山口選手は、全日本でも通用するスピードのあるプレーを見習いたい」

10.バレーボールを続ける上で夢がある・・・○
一言、「チームの優勝」!
「今シーズンは四強に全然届かなかったので、来シーズンは今シーズンの反省を生かして目標としている優勝に向かってがんばりたい!」

○寮でのレポート
3番目のテンクエスチョンの後、CMを挟んで、4番目のクエスチョン。その後に寮での小林選手のビデオレポートがありました。
レポーター役を買って出たのは吉田みなみ選手!
まずは、パソコンを前に、毎日日課のバレーノートを書いていた小林選手。
「好きなアーティストは?」の問いに、恥ずかしそうに「東方神起」。
特に好きな人はユチョンさんで、部屋にもポスターが!
次は寮の中のウォーターサーバーでインスタントのコーヒーを作っている小林選手。
自分でも「コーヒー中毒」というほどコーヒー好きで、吉田選手によると『カフェイン禁止令』が出たとのこと!
理由は・・・「貧血」。
次は休憩所みたいなところで、宮下選手と一緒にコーヒータイムを楽しむ小林選手です。
「お菓子を食べてます〜」という吉田選手に、「(カメラを撮っている吉田選手の前にも)お菓子あるじゃん!一言言って!」と小林選手がカメラにそのお菓子の袋を見せる、という感じです。
宮下選手は先輩達のほほえましいやりとりに、もぐもぐしながら微笑、というところで、ビデオレポートが終わりました。
東方神起は神田千絵さんの影響だそうです。
特に好きなユチョンさんですが、癒し系という感じで、好きな男性のタイプも癒し系で「くしゃっとした笑顔が好き」だそうです。河本監督も癒し系?と司会者に聞かれ、苦笑い・・・

○部活の思い出
「高校1年の時にレギュラーの先輩がけがをされて、そこでレギュラーになって、近畿大会で優勝したのが思い出」だそうです。

○宝物
「20歳の誕生日の時に母からもらったブレスレットが宝物」。
ブレスレットは鎖状に結った赤い糸に大小様々、ミドリ、黄色、赤、紫、茶色と色とりどりの透明な石が結いつけられたかわいいものでした!
「プレゼントは滅多にもらえないのだけど、20歳の時にあげる、と言ってお母さんがくれた」そうです。
「バレーをしていることをすごく応援してくれているので、家族にはとても感謝している」ということでした。
先日公式ブログでも、オフの日に引っ越しの手伝いをしている小林選手の記事が写メールとともにありましたが、家族本当に仲が良いんですね!

○プレゼント用のキーワードは
『コーヒー』
ご本人曰く「・・・つい飲んでしまうんです・・・」ということで、キーワードに選ばれたそうです。

○最後に、これからの抱負
「昨シーズンは自分としてもチームとしても悔しい思いをしたので、来シーズンはチームの優勝目指して全員でがんばっていきたい!」

という感じでした!
かなり録画していた映像を戻したり早送りしたり一時停止したりと大変な作業だったので、すぐに情報をアップすることは難しいかもしれませんが、今後もまたレポートをしてみたいと思います!
[PR]
by dafeng5 | 2011-06-06 00:00 | その他


女子バレーボールチーム・岡山シーガルズを応援する、とあるファンのブログです。主に、岡山近辺で行われる試合やイベントなどの情報等を発信しますが、更新はえっちらおっちらマイペースです。


by dafeng5

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

facebookページを開設..
at 2012-12-13 18:23
2012/13V・プレミアリ..
at 2012-12-10 00:00
24時間テレビ チャリティー..
at 2012-08-27 00:13
牛肉サミット2012
at 2012-08-25 23:28
赤磐市パブリックビューイング..
at 2012-08-12 10:09

カテゴリ

全体
選手紹介
チアスティック
応援歌
試合など
その他
未分類

外部リンクです。

●岡山シーガルズ公式サイト●
岡山シーガルズの公式サイトです。

●Seagulls Support Shop●
岡山シーガルズのオフィシャルショップです。
こちらのサイトの売り上げの一部は岡山シーガルズの活動資金の一部となるそうです。

●exciteによる東日本大震災義援金(寄付)のお願い●
平成23年3月11日に起きた東日本大震災への義援金(寄付)にexciteが取り組んでいます。
少しの力でもきっと何かの役に立つと思います。是非ご覧ください。


●岡山シーガルズ-卜部里菜ファンサイト/flying-beauty.net●
岡山シーガルズの卜部里菜選手のファンサイトです。ここに来れば、きっとあなたも卜部選手の魅力に虜になります!

●岡山シーガルズ・山口舞選手を応援する会●
岡山シーガルズの山口舞選手のファンサイトです。山口舞選手の情報を始め、様々なシーガルズ・バレーボール情報が盛りだくさんです!

●岡山シーガルズ丸山亜季選手のファンブログ!●
岡山シーガルズの丸山亜季選手のファンであるGOHさんのブログです。関西にお住まいで県外のシーガルズファンの雄です!笑顔が素敵な丸山選手の写真も満載!

以前の記事

2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月

最新のトラックバック

小林亜里沙選手
from Strange days

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

オーストラリアドルfx業者

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ

画像一覧