カテゴリ:試合など( 36 )

今日、明日とサマーリーグ決勝大会!

ついにサマーリーグ決勝大会!
地元新聞では予選大会同様若手中心の布陣で、岡野選手や森選手らベテラン勢はベンチ入りしないとのこと。
ミニ国体では年齢制限もあり、宮下選手の華麗なトスさばきは拝見できませんでしたが、今日は久しぶりに見ることができるかも!
他にも、ミニ国体時に見受けられたような課題などをチームが如何に修正してくるか、見所一杯です!
というか、当日券目当てで今日のチケットは買ってませんが、今になって前もって買っておけばよかったと大後悔!
昨日買おうと思ってたのに、忘れたんですよね・・・
二日目は購入済みなのに発券していないというテイタラク!
ともあれ、観戦行ってきます!
頑張れ!シーガルズ!

追伸
うろ覚えリポート、また頑張ります!
[PR]
by dafeng5 | 2011-09-10 07:17 | 試合など

ミニ国体のワンシーンをちょっと写真で振り返る。

今回久しぶりの試合風景の写真となったのですが、撮影枚数は連写もする関係でかなりいくのですが、やっぱり満足できる写真はなかなか・・・
今回もかなり撮った割にはあまりこれは!という写真がないのですが、当日の選手達の活躍が少しでも伝われば・・・と思いまして、いくつか写真をピックアップしました。

e0234998_0524069.jpg

いわずとしれた、河本監督です。
これは初戦前の練習中の監督ですね。
この写真ですと表情は柔らかいですが、実際はやはりなかなか厳しめですよ〜。

e0234998_0551251.jpg

続いて村田選手。
この日は関選手とのコンビプレーも良かったですが、レシーブなどでもガッツ溢れるプレーを見せていました。

e0234998_12568.jpg

岡野選手のブロックです。
セッターというと、全日本の竹下選手や中道選手をはじめ、身長があまり高くなかったりもするのですが、ブロックもすることが多いので、なかなか大変ですよね。
岡野選手は身長167センチということですが、この日もこのようにブロックで飛ばれることも多く、かなり相手攻撃を防いでいました。
そういえば、昨日の記事で国体での選手の背番号を書きましたが、岡野選手だけは1をのけた背番号でもなく、普段の背番号を2で割った番号でもない、6番でした。
軽傷とは言え、第二戦第3セット開始直後に大事を取られてベンチに下がった岡野選手ですが、無事完治して再び華麗なトス捌きを見せて欲しいです!じっくり治してくださいね!

e0234998_123827.jpg

卜部選手です。
サーブは選手毎に打ち方に特徴がありますが、卜部選手は助走してのジャンピングサーブ(ジャンピングフローター?)で、何となくイメージ的には全日本の木村選手の打ち方に似ていなくも無い感じのフォームです(打った後の右手の様子とか)。
ジャンプの滞空時間が長いのと移動距離も長いので、撮影する際は結構フォローするのに大変です・・・
余談ですが、サーブを撮影しにくいと思ったのは関選手です。
右に若干移動しながら打つそのフォームが、構図決めとフォーカスに厳しいというか・・・

e0234998_162711.jpg


吉田選手のスパイクです。
吉田選手も上背がすごく有るわけでもないのですがアジア選手権などでも攻撃陣として活躍されましたし、この日も攻守に活躍されていました。第二戦で岡野選手がベンチに下がられた後は、卜部選手や川畑選手などもトスを上げていましたが、メインは吉田選手のようでした。
e0234998_1112860.jpg

以前会報誌ではリベロ対談ということで金森選手や丸山選手達と一緒にお話しをされていましたが、そう考えるとほとんどのポジションを担当できるわけで、優秀なユーティリティープレーヤーなんですね!

e0234998_1123868.jpg

丸山選手です。
普段はとてもにこやかで快活な様子も見せる丸山選手ですが、どことなく心の芯の強さがにじみ出ているような方だと思います。また、おばあちゃんっこということを会報誌などでも仰っておりますが、その芯の強さは人への優しさから出ているような気もします。
彼女は学校などでもリベロやレシーブ一本だったそうですが、シーガルズのリベロ選手の中では若手の彼女ですが最近は試合出場数も増えてきています。
シーガルズはリベロを担当できる選手も多いだけに、かなり厳しいとは思いますが、頑張って欲しいですよね!

そして、
e0234998_1114849.jpg

e0234998_1115921.jpg

e0234998_11297.jpg

e0234998_1122466.jpg

小林選手です。
ある時期から僕の撮る写真の中に小林選手が増えてきたのですが、出場機会が増える毎にプレー中の静かな表情の中に秘めた激しさのようなものを感じ、それがプレーにも現れてきているように思うので撮影したいと思うのではないかと思います。

バレーは写真撮影をするには、光量が乏しく、照明の種類が撮影するには難しく色や画面上のムラがでる、動きが速いためシャッタースピードを上げないといけない、ISOを高く設定せざるを得ないのでノイズがのりやすい、観客席がコートから離れていることが多くと厳しい条件揃いなのですが、それでもなんとか納得のいく写真が撮りたいなぁ、と頑張ります。
機材でカバーできるところも、金額的にかなり高額なレンズとなってくるのでなかなか厳しく・・・
また、選手の動きや、戦術的なところも頭に入れて、ある程度試合の流れを読みながら撮影しないといけないので、場当たり的にはかなり撮りにくく(撮影しやすい攻撃ということは、対戦チームにとっても読みやすい攻撃でもあるでしょうし・・・)、機材だけの問題でも無いですし・・・
難しいものですね・・・

最後に。
e0234998_1312238.jpg

初戦での一幕ですが、若手中心の布陣の中で時折要所でしめるために出場された福田選手、今回は出番の無かった森選手が、河本監督となにやらお話しをされている様子です。
シーガルズの試合では気をつけているとこういうシーンがよく見られます。
何を話されているのか気になりますね・・・

以上、拙いものですが、ミニ国体のワンシーンを写真でお届けしました。
[PR]
by dafeng5 | 2011-08-22 01:00 | 試合など

ミニ国体 レポート!

本日既に速報としてお伝えしたミニ国体。
現場からセットが終わる毎に記事を更新したので、時間が全然無くて細部まで書いていなかったので、予告通りレポートをまとめました!

昨日は仕事が遅くなり、家に着いたのは深夜(正確には既に今日・・・)で、床についたのも2時過ぎでした。
ミニ国体のシーガルズの試合は11時からのため、寝過ごさないように!とスマートフォンのアラームを10分刻みで仕掛けていました。
・・・が、結局、気が張っていたのか、アラームが鳴る前に勝手に目が覚めたのですが、それでも疲れが取れずにしばらくぼーっと・・・

そんなこんなで会場である岡山市総合文化体育館に到着したのは10時前くらいでした。
e0234998_23471716.jpg

この体育館は比較的大きい体育館で、既に成年以外の試合が行われていました。
メインアリーナでは3面、サブアリーナで1面コートがあったのですが、さて、シーガルズの試合はどこで行われるのか、全く分かりません・・・
困ったので、事務室の方にお伺いすると、サブアリーナだそうです。
実は最初に体育館に着いて最初にのぞいたのがサブアリーナで、関係者のみの2階席に野村さんと高田さんが座られているのが見えたので、ここかなぁ、と思いつつ、サブアリーナは規模がメインアリーナより小さいので、ここではないよなぁ・・・と思ったのです。

無事会場が分かったので、試合開始まで一休みと、体育館外にある喫煙所で休憩していました。

10時30分くらいでしょうか、神田さんが会場から駐車場の方へ歩かれていきました。
その後、しばらくして、駐車場の方からオレンジ色のユニフォームを着た選手のような方が数人歩いてきました。
まだシーガルズの方々は来ないのかなぁ、とまた喫煙所の方に行っていると、ついにやってきました!
トレーニングウェアに身を包んだ堀口選手や北村選手達。

と。
選手達の中に、先ほど見たオレンジ色のユニフォームを着た方がいらっしゃるではないですか。
深く鮮やかなオレンジ色にサイドに黒色のユニフォーム。
なんともかっこいいユニフォームです!
これは、岡山県代表のユニフォームがあって、今日はミニ国体だから、シーガルズのユニフォームじゃなくて、そのユニフォームを着ているのかなぁ、と勝手に考えました。

11時開始予定だった試合は、前の試合が白熱した試合展開で時間が押していたので、予定時間を過ぎて選手達がウォーミングアップを始めました。
e0234998_23493634.jpg


選手達が会場入りをされた際、トレーニングウェアを着ていて、今日は試合に出ないのだろうか?と思っていた選手達も、件のオレンジ色のユニフォームを着ているので、試合に出られるようです。

ここで初めて気づいたのですが、岡山シーガルズの公式ブログで、『ミニ国体で、あ!ということがあるかも』と書かれていたのは、ひょっとするとこのユニフォームのことでは!?と、察しの悪い僕はこのときはじめて気づきました。
確かに、あ!と言う新鮮な驚きがこのオレンジ色のユニフォームにはありました。
また、背番号もいつもの背番号ではなく、それぞれがいつもと違う番号を付けていました。
本日ベンチ入りされていた選手達の背番号は以下の通りです。

NO.1  吉田みなみ選手
NO.2  森和代選手
NO.3  高松未選手
NO.4  関李香選手
NO.5  福田舞選手
NO.6  岡野弘子選手
NO.7  小林亜里沙選手
NO.8  川畑愛希選手
NO.9  川島亜依美選手
NO.10  丸山亜季選手
NO.11  卜部里菜選手
NO.12  村田奈都美選手

・・・あれ、宮下選手は?

サマーリーグではメインセッターであった宮下選手。
若手中心と思われる国体でもセッターだろうと思っていたのですが、なぜかいらっしゃいません。
よくよく考えると、今回のこの試合は『成年女子バレーボール』の試合です。
ということは、宮下選手は年齢的に出場資格が無いんですね・・・
他にも、若手の中では、黒河選手や堀口選手、瀬尾選手なども今回はベンチ入りはされていませんでした。

ちなみに背番号ですが、全く同じ選手もいれば、全く違う選手もいたのですが、よくよく見ると、その微妙さが個人的におもしろかったです。
たとえば高松選手は、シーガルズでは13番ですが、国体では1をのけた3番。
卜部選手は、シーガルズでは22番ですが、それを2で割った11番。
1をのけた方と2で割った方と、どちらかだったのですが、うまくはまったなぁ、と思いました。

話を試合の方に戻します。
なお、今回は岡山シーガルズではなく、岡山県選手団の成年女子6人制としての出場ですので、この後、『岡山シーガルズ』や『岡山』とか、呼称がばらけてしまうかもしれませんが、ご容赦くださいませ・・・
一応、ミニ国体の記事ということで、岡山で基本的には統一します。

岡山の初戦の相手は鳥取です。
鳥取選手団のチームは、資料によると病院や企業に所属されている方々のようです。

いよいよ試合開始。
e0234998_23542724.jpg

手前の丸山選手が着ているのが、国体バージョンのリベロのユニフォームです。
ちなみに、オレンジのユニフォームの全体像はこれです↓
e0234998_23515561.jpg

なかなかかっこいいですよね!
シーガルズのTシャツが青とオレンジなので、そういう意味で、白のユニフォームがオレンジになったのかな、と思ったのですが、シーガルズの方に確認したところ、国体用のユニフォーム、ということでした。
森選手もベンチ入りされていましたが、今回は初戦・第二戦ともプレーはされませんでした。
e0234998_2356271.jpg


試合開始時、コートに並んでポジションの確認をしているとき、シーガルズの他の選手達は観客席すぐ横にいらっしゃったのですが、野口選手が観客の方々に「最初にみなさんで一緒に『がんばれおかやま〜!』と声援お願いします!」と言われ、一人で観戦で恥ずかしかったので声は小さかったのですが、僕もみんなと一緒に(小声で)声援を送りました。
こういうの、なんかいいなぁ、とちょっと嬉しくなりました。

村田選手のサーブからゲーム開始。
e0234998_2357073.jpg


キャプテン就任後、恐らく初の試合となるのではないかと思われる岡野選手。
e0234998_23491942.jpg

トスはもちろん、サーブにブロックにと大活躍でした。
安定した実力がありますよね、やっぱり。

サマーリーグで注目を浴びた川島選手ですが、この日もブロックやスパイクで活躍。
また、随所に川島選手が前でおとりになって、そのすぐ後ろを川畑選手がブロードでスパイク(クイック?)というプレーを見せていました。
同じプレーで言うと、関選手(おとり)と村田選手(打つ)のペアもありました。

そして、本当になんだか、『この人が出たら大丈夫』という安心感が出てきた小林選手。
e0234998_23591750.jpg

ピンチの時などに出てくると、本当にピシッとプレーでしめる、という雰囲気で、本当に安心できます。
今後の試合でも出場機会がもっと増えるかなぁ、とますます思わせる内容でした。

気になる岡山対鳥取の結果は、
第1セット:25対7
第2セット:25対13
第3セット:25対4
で、岡山がストレート勝利を収めました。


第二戦の相手は広島。
会場をメインアリーナに移しての試合となります。
e0234998_013636.jpg

広島の選手団は、広島大学の方々です。練習の様子を拝見していると、なかなか強そうな印象です。

ユニフォームはうって変わって、白とオレンジのユニフォームに。
e0234998_18543090.jpg

リベロは逆にオレンジと黒に。
e0234998_024848.jpg


岡野選手のサーブです。
e0234998_033698.jpg

そもそも、僕がシーガルズファンとなるきっかけが、全日本の一員として出場されていた岡野選手のまさにサーブがきっかけだったわけですが、やはりフォームも綺麗ですし、狙いも良いですし、すばらしいサーブと思います。

川畑選手は無理目な体制から打っていくことも多かったですが、柔軟に合わせて打たれますよね。
e0234998_0151545.jpg

それに加え、最近はバックアタックや川島選手とのコンビプレーも出し始めていますし、プレーの幅が広がってきていると思います。
e0234998_065036.jpg

ちなみに、川畑選手と言えば、ファン感謝会で披露された大食いキャラ、というイメージがつきつつありますが、プレー中は常に冷静にプレーされているように見えます。
福田選手も強力なスパイクが自慢ですが、プライベートではかなりかわったひょうきんな方のようですので、そのあたりのギャップは面白いですよね。

川島選手のサーブです。
e0234998_093849.jpg

今日のできは川島選手は結構良かったと思いました。
個人的にはサマーリーグの時よりも活躍が目立っているように思いました。

ともに最近めきめきと頭角を現しつつある二人のプレーです。
e0234998_0161422.jpg

小林・川島両選手のブロック、本当に安心感があります。

村田選手ですが、非常に身体能力が高いというか、ボールに食らいついていく、という印象があります。
e0234998_0112835.jpg

個人的には、感謝会やテレビなどで見る村田選手の普段のキャラクターと、バレーのプレーには、アグレッシブさという点で共通項があるように思います。

今日何度も狙ってなんとか撮れた丸山選手のプレー。
e0234998_1854431.jpg

なぜか狙ったときだけボールがこない、ということが多く、なんとか撮れたうちの一枚です。
狙っていたときに思ったのですがリベロというポジションは、いつボールがくるか分からないし、すごいプレッシャーだろうなぁ、と改めて思いました。
そのプレッシャーをはねのけ、コートを所狭しと動き回る丸山選手です。
e0234998_0463391.jpg


再び小林選手のプレー。
e0234998_0184429.jpg

他チームや外国チームと比べると比較的さほど背の高くない選手が多いシーガルズですが、それはすなわちブロックの面でも弱い、ということになるのではないかと思うのですが、ところがどっこい、森選手や小林選手、そして川島選手と、ブロックが強い選手もいらっしゃるのですよね。
今全日本で活躍されている山口選手も上背はない方ですが、それをものともしない独自のプレーで存在感を出しています。
小林選手にもそういうものを個人的に感じます。

ちなみに、今回のミニ国体で印象に残った選手がこの選手。
e0234998_0225655.jpg

そう、吉田みなみ選手です。
スパイクを打つ際もきっちり相手コートの開いているところを的確に狙ってうち、精度の高いサーブを決め、トスもこなす器用さ。
第二戦では岡野選手が中盤以降は出てこず、主にセッター役を果たしていたのが吉田選手でした。
これだけプレーが良いと、もっと今後は試合での活躍を見てみたいです!
あとはやはり小林選手ですね。
これはサマーリーグ大会の時と同じ印象なので省きますが、小林選手が出てくると本当に安心できます。
そんな、今回の大会で注目した小林選手と吉田選手。
e0234998_0264396.jpg

今後の試合に期待です!

気になる岡山対広島の結果は・・・

第1セット:25対15
第2セット:25対19
第3セット:25対21

で岡山がストレートで勝利しました。

これで、ミニ国体は岡山が優勝となりました!
賞状及びトロフィーの授与は、試合終了後、エンドラインに選手達が立っていて、ややすると唐突に始まりました。
試合終了から賞状・トロフィー授与があまりにシームレスで、ずいぶん長いこと整列しているなぁ、とちょっと疑問に思っていた矢先だったので、ちょっと慌てました・・・
そんな、授与の様子です。
小林選手が賞状をもらい、村田選手が大きなトロフィーを受け取りました。
e0234998_18545739.jpg


今回の大会は、サマーリーグから1ヶ月半ぶりの試合と思いますが、初戦では全般的に簡単なミスが目立ったものの、終盤では落ち着いた良いプレーが随所に見られました。
第二戦ではミスは大幅に減ったものの、なぜか序盤は相手にリードを許し、その後巻き返す、という試合展開が2、3セットと続き、ハラハラしたものの最終的には勝利。
全体を通した印象としては、サーブレシーブや最後の決めの部分のミスなど、ある程度課題を残したものの、昨年全日本女子バレーボールが銅メダルを獲得した世界選手権で、山口選手と井上選手が面白いように得点を稼いだコンビを彷彿とさせるようなコンビプレーが随所で見られました。
このあたり、ものになってくるとかなりな戦力となるのではないかと思いました。

次はサマーリーグ決勝大会、そして、国体、プレミアリーグと続いていきますが、プレミアリーグへ向けてチームの戦力がどれだけ上がっていくか、とても楽しみです。
全日本で頑張っている山口選手ですが、昨日のセルビア戦では悔しい思いをされたと思いますが、本日の韓国戦では大活躍で、テレビ放送でもインタビューを拝見することができました。
確かに、試合中、「はや!」と驚くことが多々あり、山本選手が全日本の中ではブロードなどがかなり早い印象があるのですが、それに勝るとも劣らないスピードと、従来のクレバーなプレーを織り交ぜていき、今日は本当にすばらしいご活躍でした。
山口選手が再びシーガルズに帰ってきたとき、成長していくシーガルズと組み合わさったときのチームがどうなるのか!非常に楽しみです!

以上、ミニ国体のレポートでした!


※8月21日追記
第二戦の途中からゲームから離れた岡野選手ですが、本日の新聞で、第2セットで足に違和感を覚えられたのが理由だそうです・・・全然気づきませんでした・・・
幸い軽傷、ということではありますが、キャプテン就任直後の負傷と言うことで焦りなども出てくるかもしれませが、その前にシーガルズの一人の大切な選手ですので、じっくり治して欲しいです!
※8月22日追記
一部、選手の背番号の記載に誤りがありましたので、訂正いたしました。大変失礼いたしました・・・。
また、オフィシャルブログの記事を参考に、第二戦の第3セットの得点を修正しました。
[PR]
by dafeng5 | 2011-08-20 23:59 | 試合など

ミニ国体速報!第2戦は決勝戦の岡山対広島!

初戦の鳥取戦をストレート勝ちした我らがシーガルズの第2戦。

第1セットは 25対15(間違いかも?) で岡山がとりました!
見違えるようにいいです!

第2セットは 25対19 で 岡山がとりました!
逆転でのセット奪取です!

第3セットは・・・やってしまいました!
最後の最後で普通に応援してしまい、点数を失念!
25対20(か21点)で岡山がとり、見事優勝です!

また記事にはまとめますが、3セット目もかなり離されたのですが、逆転勝利。

特筆すべきは2試合目はセッターの岡野選手が中盤以降ずっとおらず、吉田選手がだいたいメインであげてました!

おめでとうございました!岡山(シーガルズ)!
[PR]
by dafeng5 | 2011-08-20 15:18 | 試合など

ミニ国体速報!初戦は岡山対鳥取

第1セット 25対07 で岡山が第1セットを先取しました!

第2セットは 25対13で岡山が第2セットをとりました!

第3セットは 25対04で岡山が第3セットをとり、ゲームをとりました!

序盤から中盤にかけてミスが多く、エンジンがかかりきってないようでしたが、第3セットは見違えるように動きがよくなりました。

福田、森両選手は温存。
小林選手は第3セット終盤で登場し、見事にチームは勝利を飾りました!
[PR]
by dafeng5 | 2011-08-20 12:02 | 試合など

明日はミニ国体。

なんだか、シーガルズファン感謝会が遠い昔のように感じる昨今です。
夢のようなひとときでしたので、普段の生活との乖離が激しすぎて、そう感じるのかもしれません・・・
まだ感謝会から一週間しか経っていないのですが・・・

感謝会の際に新キャプテンの岡野選手からもお話しがあったように、感謝会が終わった後は、ミニ国体(国体の中国ブロック大会)やサマーリーグ決勝大会、プレミアリーグへと続いていきます。
明日は、そのミニ国体が開催されます!

相手チームは中国地方の代表選手達です。
公式ブログによりますと、なにやら「あ!」ということがあるそうなので、今から何があるのかすごく!気になります。
もちろん、サマーリーグ以来の試合観戦となりますので、ほぼ1ヶ月ぶりの試合となりますが、そういう意味でもすごく楽しみです!
メンバーはサマーリーグのように若手中心で行くのか、はたまた・・・

また試合の模様は出来る限り早めに記事にしていこうと思います!
[PR]
by dafeng5 | 2011-08-19 23:30 | 試合など

シーガルズファン感謝会レポート!

待ちに待ったシーガルズファン感謝会があっという間に終わってしまいました。
盛りだくさんの内容だったので、今日はでかける用事があったにもかかわらず、なんとなくずーっとぼやぼやしてしまいました・・・

ともあれ、気になるファン感謝会ですが、岡山だけでなく、沢山のシーガルズファンがいらっしゃったようで、本日の新聞発表によると500人が訪れたそうです。
その盛況ぶりをレポートしようと思うのですが、昨日は参加型イベントもたくさんあったりして、写真が全く撮れていません・・・
ほぼ文章だけのレポートとなってしまいますが、その分記憶を振り絞って書いていきますので、ご容赦くださいませ・・・


8月13日土曜日。晴天。
車で今回の感謝会の会場となる岡山武道館に向かい、11時頃に到着しました。
開場の12時までは少し間がありましたが、会場には既に若干のファンがいらっしゃって、開場を待って入口の前で時間をつぶされていました。
e0234998_2332582.jpg


ちょうど入口が見える位置に駐車できたので、そのまま開場まで待機することにしました。
しばらくすると車がやってきました。
遠目に見ると、どうもシーガルズの関係者の方のようです。
それから立て続けに選手の方々や事務局の方々が車で到着し、続々と会場入りしていきます。
ついに!と気分が盛り上がってきました。

開場の時間を迎え、車から荷物を持って入口へ向かうと、出迎えてくれたのはウィンディーです!
e0234998_23322666.jpg

e0234998_23315218.jpg

当日はかなりの暑さで、立っているだけでもかなり暑かったのですが、ウィンディーはすごくがんばってファンの方々をお出迎えしていました!
子供さんと挨拶したり、いらっしゃった方に手を振ったり。
本当に炎天下の中、お疲れ様でした!

入口横には、選手達の写真が貼られており、それぞれに選手からのメッセージがサインと共に書かれていました。
e0234998_23335615.jpg

入口の前は入場者の方々が多かったため、すべての選手のメッセージまで撮影できていないのですが、一部ですが、そのメッセージを紹介します。
メッセージの後の名前の部分が選手のサインで、その横の数字が選手が書かれていたご自分の背番号です。

○Jump to Victory!  吉田みなみ 1
○応援よろしくお願いします! 山口舞 2
○いつも応援ありがとうございます!!! 関李香 NO.4
○(吹き出し風に囲んで)頑張ろう日本 福田舞 5
○いつも応援ありがとうございます 堀口夏実 6
○これからも頑張ります。応援よろしくお願いします 一緒に楽しみましょう(笑顔の顔文字)  川畑愛希 NO.8
○楽しみましょう いつもありがとうございます 北村みどり #11
○これからも皆さんの大きな愛(愛のまわりにハート!)で私の背中を押して下さい!! 村田奈都美 #12
○今日は一緒に楽しい時間を過ごしましょう(笑顔の顔文字) 高松未 NO.13
手元にある写真から文字を読み取れたのはここまででした・・・

このお写真を見ていて思ったのですが、非常に些細なことなのですが、背番号の書き方がみなさんそれぞればらばらなんだなぁ、ということです。
ちょうど上のメッセージのお名前のところが写真にサインで書かれていて、上のお名前の横に書いているところが背番号の表記なので全部原文ママなのですが、例えば吉田選手や山口選手は数字だけ、関選手や川畑選手はNO.○○、北村選手や村田選手は#○○という感じです。
確かにこの背番号の表記、ブログなどで書くときもどちらで書こうかな、と迷ったりするのですが、選手も意外と困っていたりするんでしょうか。本当に些細なことですが・・・
あと、印象に残ったのは、福田選手のお写真。
福田選手が笑顔でガッツポーズを撮っている写真にメッセージを書いているのですが、その後ろに半分だけ写っている左手を突き上げた森選手のところにも吹き出しを書いて「オー」と言わせてます。何となく、福田選手のひょうきんなキャラクターがうかがい知れますよね!

入口入るとすぐ右手には受付席があって、向かい側の入口入ってすぐ左手にはTシャツや新商品のふにふにうちわなどのグッズ売り場が。グッズ売り場では神田さんもお客さんの対応をされていましたよ!
サマーリーグの時に色々グッズを買った際、Tシャツを買うのにおつきあいいただきましたが、接客上手ですよ!神田さんは!今回はお客さんが多すぎて買えませんでしたが・・・

受付の際に、感謝会のプログラムと、選手達への質問を記入する用紙、シーガルズの名前が入った濃い青の不織布のような生地の袋に、スポンサー企業さんからの提供と思われるいろいろな品が。
その中は、カップ焼きそば、シーガルズせんべい、アセロラドリンク、缶コーヒー、チョコレート型鏡などなどとバラエティ豊か!

入口真っ正面には体育館一階へ下りていく階段があり、その両脇に2階席への上り階段があり、来場者は2階席へ通されました。
会場内はこんな感じです↓
e0234998_23541019.jpg

会場内に入ると、既に選手達がアップをされていました。

ステージの上の懸垂幕から、『岡山シーガルズファン感謝会 2011.8.13』という垂れ幕がかかり、ステージ上には机や演台が設置され、机の上にはなにやら気になるモノが・・・

ここで、今回の感謝会の式次第の紹介ですが、公式ブログを引用させていただくと、

12:00 開場
13:00 オープニング
13:10 青白戦(2セット)
14:00 チャレンジコーナー
14:20 トークショー
14:40 サイン会
15:10 抽選会
15:30 シーガルズ応援歌演奏
15:35 引退セレモニー
15:45 エンディング

どうやら、ステージ上に置かれているモノは、15時10分からの抽選会の商品ではないかと!
と、それは後回しとしまして、しばらくすると予定通り、オープニングです。

選手達が入場口から並んで入ってきて、コート左右に散らばっていきます。
山口選手と、金森選手をのぞいた全員の選手が入場されてきました。
※後程説明がありましたが、金森選手は体調を崩されているそうで、ご欠席されたそうです。心配ですよね・・・
オープニングでは、河本監督の挨拶がありました。
e0234998_014939.jpg

昨シーズンのことや感謝会のことなどをお話しになられた後、ついに青白戦です!
それぞれのメンバーは、「青チームはベテラン、白チームは若手メンバー」と紹介がありましたが、それぞれのメンバーは以下の通り。

○青チーム
岡野弘子、高松未、小林亜里沙、村田奈都美、福田舞、森和代、北村みどり、瀬尾有耶、野口彩佳
○白チーム
関李香、川島亜依美、宮下遥、黒河亜紀、川畑愛希、卜部里菜、吉田みなみ、堀口夏実、丸山亜季、そして・・・若浦貴子!

白チームは若手中心と言うことですが、どうやらその若手をピシッとしめる意味での若浦選手の起用です。
青チームはベテランとは言え、やはりポジションを考えたメンバー配分となっているようです。
青白戦では、1セット目は通常に試合が行われ、2セット目ではファンの方の飛び入り参加!
男性2人と女性2人(若い女性と小学生中学年くらいの女の子)が参加され、サーブを打った後はそのままポジションにつき、見事なレシーブも披露されたりして会場は大盛り上がりです!
小学生の女の子は、最初はやっぱりサーブは普通の位置からでは届かなかったのですが、ちょっと前に出て、河本監督も側で指導(指導というと堅苦しい感じですが、サーブの打ち方を教えてあげられていました)され、その成果もあってか見事なサーブを披露!
その他、線審も観客の方が飛び入りなものですから、微妙な判定の際は選手達が線審にアピールしてジャッジが翻ることも・・・
ともあれ、しっちゃかめっちゃかの楽しい青白戦となりました。

続いては、チャレンジコーナー。
選手達が一般の方々とバレーボールでふれあうもので、一言で言えばバレー教室のようなものです。
堀口選手達があげるトスを一般の方がスパイクしたり、川島選手や卜部選手とレシーブ練習をしたり、瀬尾選手は小さい子供達を相手に大きなスポンジボールでレシーブ練習。
とても楽しそうでしたよ!
中にはファンの中にもかなり強烈なスパイクを打つ方もいたりして、子供達からその親御さん、バレーをされている方々など、ファン層の広さを改めて感じたコーナーでした。

続いてはトークショー。
ステージ上に選手達がポジションくくりで5人位ずつあがり、入場時に記入してボックスで回収していた選手への質問事項に選手達が答えていく、という内容でした。

福田選手にはいきなり「彼氏はいますか?」の超プライベートな質問で、福田選手も黙秘権を発動。

高松選手には、先日のスポーツスピリッツでも出てきた禁断の質問、「シーガルズの選手の中に酒豪がいらっしゃるということなのですが?」が飛び出し、「誰ですか?」の質問に高松選手は沈黙・・・。それもそのはず、高松選手と同じく壇上に上がっている選手達の中に、まさにその『酒豪』と目される方が・・・
その酒豪の選手は「いや、酒豪じゃないです。お酒を飲んでも酔わないだけです。そんなに飲まないです」という否定発言をされていました。その選手は一応秘密にしておきますが、当ブログのスポーツスピリッツの高松選手登場の記事でその名前が明かされていますので、ご参考に。ヒントとしては、『高松選手+川畑選手の背○号』ということで分かるのではないでしょうか。
川畑選手には「大食いと聞いたのですが?」との質問があり、ご本人から「ご飯食べて、ラーメン行って、ミスドいって、マクドいって・・・」という驚愕のはしごエピソードが披露されました。
個人的に印象的だったのは黒河選手に関することです。
どなただったかど忘れしたのですが、新メンバーとなる黒河選手はどういう人ですか?の質問に「アン○○タンです。」という衝撃の発言が!
黒河選手は涼しげな顔立ちでとても知性的な感じですので、僕は「え!?アン○○タンなの?」と思ったのですが、黒河選手の番になってそのお話を聞いていると、アン○○タンというか、とてもふわふわした不思議な感じの方なのかな?と思えるような印象の語り口で、なんだかお顔立ちとキャラクターのギャップが激しくてとても親近感を抱きました。
ちなみに、『アン○○タン』というのも、愛情のこもった『アン○○タン』という感じで仰っていたので、黒河選手、はやくもシーガルズになじんで、みんなにかわいがられているんだなぁ、と思いました。

続いて、選手達のサイン会。
ずらっと並んだ選手達の前には、ファンの方々がずらりと並び、サインをもらったり、写真を撮ってもらったり。
サイン会の毎に印象的なのは、子供達に対して本当に選手達が優しい感じで、見ていてとてもほほえましくなります。
また、子供さんとお話ししているときに「大きくなったね〜」という台詞を選手達がよく仰います。
これって、要はその子供さんが小さい頃を知っているということで、ファンの方が長年シーガルズを愛されていると言うことと同時に、選手達もちゃんとファンの方々のことを覚えていらっしゃる、ということですよね。
このあたりは、本当に地域とのふれあいを大切にするシーガルズらしさがにじみ出ているなぁ、ということを改めて感じるところです。

サイン会の後は抽選会です。
最初から気になっていたステージ上のモノたちは、やはり想像通り抽選会の商品だったようです!
ここから進行はアナウンサーから野村まりさんにバトンタッチ。
受付時に配られたプログラムには番号が振られていて、抽選で当たった番号の方に商品が送られます。
商品はスポンサー企業さんからの商品の他、選手達から提供された商品も!
その内容はユニフォームから始まり、ボディオイルなどの一風変わった商品も。
最後に発表されたのは、プレミアリーグの全試合無料招待券!
欲しい!と思いましたが、外れてしまいました・・・

続いて、TKOBBというバンドの方々によるシーガルズ応援歌の演奏です。
普段聞き慣れているシーガルズの応援歌ですが、ボーカルの方の張りのある歌声と、吹奏楽器による演奏で、またちょっと違った印象を受け、自然と体が動き出すような軽快な演奏でした!
シーガルズの応援歌の他、名探偵コナンの曲など、吹奏楽でよく聞かれる演奏もあったりして、会場は大いに盛り上がりました!

そして、最後のプログラムとなる、米村選手の引退セレモニー。
選手達が一同ステージ脇に並び、福田舞選手がステージに上がり、米村選手に花束を贈られました。
福田選手から米村選手へメッセージを読み上げられたのですが、万感こもって思わず涙ぐみ、言葉が出てこなくなる場面も・・・。同年代の選手ということも有りますし、福田選手と米村選手は中学校時代に対戦していたこともある、ということで、福田選手もやっぱりすごく感慨深いところがあったのでしょうね・・・

そして、米村選手からの最後のご挨拶。

河本監督から教えられたことの一つに「親から良いところを盗め」ということ。
怪我で苦しみ、本当に何度も何度も何度も何度もあきらめようと思ったこと。
昨シーズン、試合に勝てず、このままではシーガルズのファンの方々が離れていってしまうのではないかと思ったこと。
でも、ファンの方々はずっと応援してくれたこと。
そして、シーガルズの選手達がバレーを思う気持ち、仲間を思う気持ちは日本一だと思うこと。

怪我は誰もがしたくてするものではなく、さまざまな理由で突然してしまうものです。
僕も親族にプロのスポーツ選手がいますが、長年怪我に苦しみ、なかなか実力を発揮できず、その苦悩というのは、周りはもちろんですが、本人も相当つらい、ということを聞いています。
その怪我を克服するためには、特にプロ選手の場合は並大抵ではない努力が必要と思います。
努力の他にも、その努力を続ける精神力も必要と思います。
きっと米村選手も、怪我をするたびに、何度も何度も不屈の精神力でリハビリを続け、プレーをされてきたのだと思います。
僕は、シーガルズの選手の中で、米村選手はボールが回ったら決めてくれる選手の一人、という感じに思っていました。とても安定して力を発揮される選手と思っていました。
そんな選手が、その裏では必死の思いで、本当に本当に苦しみ、困難を乗り越えてきたということを知り、今更ながら本当に、ただ素直に、すごい方だ、と思いました。
米村選手、本当にお疲れ様でした!
ゆっくり休まれて、またお元気な姿を会場などで拝見できれば嬉しいです!

引退セレモニーからは、最後のエンディング。
選手達がステージ前に並び、岡野選手から最後の挨拶があり、シーガルズファン感謝会は閉会となりました。

最後は、選手達が出口前に一列に並んで、ファン達とハイタッチをしながら退場していき、すべての会が終了しました。

その後も、入口側のグッズ売り場では、神田さんをはじめ、大勢のファンの方とお話しをされたり、会場外では、選手達がファン達と話をしたり、写真を撮ったり。
選手達がお帰りになるまで思う存分感謝会最後の交流を楽しんでいました。
選手達が車を運転されていて、それが結構新鮮でした。
米村選手もまだいらっしゃって、高田さんとご挨拶をされた後、しばらくしてお帰りになりました。


これで終わりなのかぁ、もっと選手の方々と一緒に時間を共有できればな・・・
きっとファンの方々もみんなそういうふうに思っていたのではないかと思います。

でも、岡野選手も挨拶で仰いましたが、これからは、国体予選やサマーリーグ、プレミアリーグと、試合が続いていきます。
スポーツ選手は、ファンの方に応援されて力をもらう、と仰いますが、逆にファンの方も選手達から本当に沢山の勇気と力をもらっているんだよ!と強く思います。
ファンは選手達に応援で力を、選手達はそのプレーでファンに勇気と力を。
そんなシーガルズとファンの素敵な交流は、これで終わりではなく、これからも続いていきます。
ずっと。ずっと。


そんな風に思いを巡らせつつ、感謝会のレポートを終えます。
最後に、シーガルズの選手の方々、事務局の方々、その他今回の感謝会を企画し、運営された方々など、今回の素敵な感謝会という場を設けていただいたことにお礼を申し上げたいと思います。
素敵な体験をありがとうございました!
[PR]
by dafeng5 | 2011-08-15 00:00 | 試合など

2011・Vサマーリーグ 予選リーグを振り返って。

岡山県笠岡市にて7月1日〜3日に開催された2011・Vサマーリーグの1次リーグ。
この1次リーグから6チームが9月に行われる決勝リーグへと進みます。
サマーリーグは、若手中心のメンバー構成で行われるのが特徴ですが、それはすなわち将来のチームの強さを占うような大会でもあると言えるのではないでしょうか。

我らが岡山シーガルズは、1次リーグ・1stステージを2勝1敗の1位で通過、続く2ndステージでは2勝1敗の2位で通過し、無事決勝リーグへと駒を進めました。

この大会は、岡山県笠岡市が岡山シーガルズの監督である河本昭義氏の出身地でもあることから、地元メディアでも注目されました。
なかでも、地元新聞の山陽新聞さんでは、各試合日翌日の朝刊で、試合結果を伝えるとともに、囲み記事で注目選手を特集していました。
その選手とは、川島選手、宮下選手、小林選手です。

確かにこの3選手は今大会において様々な局面で注目に値する活躍を見せていたと思います。
さて、自分はどうかと言えば、小林亜里沙選手という人に改めて注目するようになりました。
e0234998_2101775.jpg


コート上では仲間に冷静に指示を出し、動きを確認するように声を出し、コート外にいるときでも突き刺すような真剣なまなざしでボールや仲間、そして敵の動きを見つめ、いざコートに立つと「小林選手に回れば決まる」といった安心感さえ抱かせるほどの決定力を魅せてくれました。
川島選手や高松選手といった長身の選手達がブロックに飛ぶ中、センターとしては決して高い方とは言えない176センチという身長ながらも、力強いブロックで相手の攻撃を阻んでいく。
怪我などの不運に見舞われることも多かったこの選手が、自ら様々なプレイで若い仲間達を引っ張っていくさまが、僕にはとても輝いてみえました。
e0234998_2103419.jpg


地元新聞を入手することは他県の方々には難しいと思いますが、山陽新聞さんのWEBサイトでその記事が掲載されていますのでご紹介いたします。

※各選手の記事は、山陽新聞WEBサイトのシーガルズ関連ページへのリンク先にてご覧ください※
川島選手について(7月2日付)
宮下選手について(7月3日付)
小林選手について(7月4日付)

もちろん、こうしてメディアでは取り上げられていない他の選手達もそれぞれの持てる力を発揮されました。
その振り返りとして、シーガルズの選手達、そして、今回は裏方として活躍された選手や事務局の方々など、
3日間の激戦を戦い抜いた岡山シーガルズを少しでも感じて頂ければ幸いです。

e0234998_20281295.jpg

e0234998_20293581.jpg

e0234998_2029983.jpg

e0234998_20292676.jpg

e0234998_20284376.jpg

e0234998_20283395.jpg

e0234998_20282770.jpg

e0234998_20281745.jpg

e0234998_20275243.jpg

e0234998_2028795.jpg

e0234998_2028267.jpg

e0234998_20282141.jpg

e0234998_20283873.jpg

e0234998_20284781.jpg

e0234998_20285340.jpg

e0234998_20292068.jpg

e0234998_20285830.jpg

e0234998_2115650.jpg

e0234998_20291449.jpg

e0234998_20275856.jpg

e0234998_20293178.jpg

e0234998_21145657.jpg

選手の皆様、連日の激闘、お疲れ様でした!
また、大会前から表に裏にてご尽力された事務局の方々、試合に参加されなかった選手の方々、そして、今大会の運営に携わられたたくさんの方々、お疲れ様でした!
[PR]
by dafeng5 | 2011-07-04 21:25 | 試合など

サマーリーグ3日目フォトレポート

7月1日から開催されたサマーリーグもついに3日で最終日。
1stステージを2勝1敗でBグループ1位通過を成し遂げたシーガルズですが、本日の相手はAグループで同じく首位の久光製薬戦。
ここで勝って弾みをつけて9月10日〜11日開催の決勝リーグに駒を進めたいところです!

会場に着いたとき、試合をしていたのはKUROBEアクアフェアリーズ対大野石油広島オイラーズ。
試合は終盤でしたが、小菅選手がセッターとして出場されていました。
e0234998_0461065.jpg

試合はフルセットの末、KUROBEアクアフェアリーズが勝ちました。

その後、同じコートでは上尾メディックス対JA岐阜の試合が行われたのですが、隣のコートでは波乱が起きていました。
健祥会レッドハーツがパイオニアレッドウィングスを、日立リヴァーレがNECレッドロケッツを破ったのです。つまり、チャレンジリーグ勢がプレミアリーグ勢を打ち負かしていたのです。

会場内が異様なムードにある中、いよいよ岡山シーガルズ対久光製薬スプリングスの試合です。
e0234998_0532422.jpg

最後の試合と言うこと、また、相手が同じプレミアリーグ所属のチームということで、見ているだけのこちらもとても緊張してきました・・・

シーガルズのスターティングメンバーは、小林、宮下、村田、川畑、高松、川島、リベロ丸山という布陣です。
ついに試合が始まりました。
e0234998_0561829.jpg


この試合で非常に注目されている川島選手のサーブ。
そして、チームに声援を送り、見守る選手達。
e0234998_057815.jpg

チームが一丸となって勝利へと向かう姿勢がひしひしと伝わってきます。

サーブを打つのを待っている間、ここまでの試合ではないくらい会場も静まりかえります。
やはりこの試合の結果を固唾を呑んで見守る、という気持ちは、会場内にたくさんいるシーガルズファンに共通した想いのようです。

昨日は非常に終始安心できるゲーム展開だったシーガルズですが、17-25で第1セットを落としてしまいました・・・。随所にサービスミスやレシーブの乱れなどが目立ち、それがじわじわと効いてしまった感があります。
こういう展開になると、僕自身写真を撮るどころではなく、応援に力が入ってしまいます・・・

続く第2セット。
最終戦と言うだけに、祈りにも似た気持ちで試合を見守ります。

e0234998_104070.jpg

この大会では非常にスパイク、ブロックと安定したプレイを見せる小林選手。
それだけに、小林選手が入ってくると相手コーチが「17番17番!」と選手に注意を促し、マークも厳しくなってきます。

e0234998_122370.jpg

この大会でメインでセッターを務める宮下選手。
昨日のレポートでも書きましたが、この大会での気迫はすごいものを感じます。
e0234998_19426.jpg

この試合でも、幾度か厳しい体制でも果敢にトスを上げていく、ボールに向かう気持ちがすごく強く感じられました。河本監督も、全日本の合宿から帰ってきた宮下選手は、「以前とは眼が違う」と仰っていましたが、それが本当に感じられるプレイを随所で見せます。

また、この試合で改めて気づいたのは、川畑選手のプレイです。
e0234998_1115517.jpg

この写真では普通にスパイクを打っているのですが、要所要所で相手を手に当てていき、ワンタッチを狙っていくことがよくありました。
また、本日はバックアタックなども敢行するなど、プレイの幅がとても広がっているように感じました。

第2セットは、かなりの接戦だったのですが、終盤、激しく追い上げられ、正直セットを取られてしまうかも・・・という流れになりました。
どきどきしながら見ていると、ここで登場したのが卜部選手です。
e0234998_1155489.jpg

今大会では意外と出場機会の少なかった卜部選手ですが、ここから明らかに試合の流れが変わり、一気にシーガルズ優勢ムードとなり、25-22で第2セットはシーガルズがとりました。

そして、泣いても笑っても最後のセットが始まります。
e0234998_1385854.jpg

フォトレポートなのに申し訳ないのですが、ここから写真の数が激減しています・・・
もう応援で精一杯です・・・

e0234998_126933.jpg

e0234998_13610100.jpg

e0234998_1255624.jpg

e0234998_1185573.jpg

e0234998_1362375.jpg

e0234998_1264274.jpg

e0234998_1265640.jpg

ひたむきに勝利を目指して、コートに立つ選手だけでなく、控えている選手達も一緒になってボールを追い続けます。

きっと、辛かった昨シーズンへのそれぞれの想いもあったと思います。
そして、その想いを次へのバネとして新たなスタートを歩もうとする選手達。

15-11。

第3セットは久光製薬がとり、この結果、セットカウント1-2で久光製薬スプリングスが勝利しました。

この敗戦は、『選手達の健闘空しく』という結果では無いと思います。
何事でもやり遂げるまでには困難にぶち当たることも必ずあります。
その困難にあるからこそ、壁を越える力をつけ、壁を乗り越え、そして、高く高くはばたいていけるのだと思います。

岡山シーガルズのとあるファンとしては、課題を看過するのは良くないことだと思いますし、しょうがないという言葉で片付けることも良くないことだと思います。
ただ、敗戦を嘆いて今を憂えるのではなく、それを大好きな岡山シーガルズがいつか乗り越え、そして大空へ飛び上がっていくことを応援し、そして、それが実現すると信じることがファンとしての僕が出来ることと思っています。

サマーリーグの予選リーグが終わり、第1ブロックは久光製薬スプリングス、岡山シーガルズ、上尾メディックス、第2ブロックは日立リヴァーレ、NECレッドロケッツ、健祥会レッドハーツが決勝リーグへと駒を進めることになりました。
9月の決勝リーグまで後2ヶ月。
それまでにはファン感謝会を挟むなど、シーガルズの方々には大変な時期と思いますが、優勝目指してがんばって欲しいです!

以上、2011・Vサマーリーグのフォトレポートでした!
e0234998_159239.jpg

[PR]
by dafeng5 | 2011-07-04 00:00 | 試合など

サマーリーグ3日目速報!

いよいよサマーリーグも本日が最終日。
パイオニアやNECなどのプレミア勢がチャレンジリーグ勢に破れていくという波乱が立て続けに起こり、異様な雰囲気に包まれた会場の笠岡総合体育館。
シーガルズの今日の相手はプレミアリーグ所属の久光製薬です。

気になる結果は・・・



フルセットの末、惜しくも敗れました・・・

サーブやレシーブのミスが最後まで響いた感じです・・・
とはいえ、川畑選手が山口選手のお株を奪うような巧妙なワンタッチ狙い、堀口選手の絶妙なサーブ、福田選手の強烈なスパイクと、随所に見所もありました。

見事加古川へ進出を決めたシーガルズ。
昨シーズンによく見られた、追い込まれたときの脆さは無くなっている気がしました。
課題を見つめつつ、良いところをどんどん伸ばして、優勝目指して頑張ってほしいです!

ゴー!ゴー!シーガルズ!です!
[PR]
by dafeng5 | 2011-07-03 14:51 | 試合など


女子バレーボールチーム・岡山シーガルズを応援する、とあるファンのブログです。主に、岡山近辺で行われる試合やイベントなどの情報等を発信しますが、更新はえっちらおっちらマイペースです。


by dafeng5

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

facebookページを開設..
at 2012-12-13 18:23
2012/13V・プレミアリ..
at 2012-12-10 00:00
24時間テレビ チャリティー..
at 2012-08-27 00:13
牛肉サミット2012
at 2012-08-25 23:28
赤磐市パブリックビューイング..
at 2012-08-12 10:09

カテゴリ

全体
選手紹介
チアスティック
応援歌
試合など
その他
未分類

外部リンクです。

●岡山シーガルズ公式サイト●
岡山シーガルズの公式サイトです。

●Seagulls Support Shop●
岡山シーガルズのオフィシャルショップです。
こちらのサイトの売り上げの一部は岡山シーガルズの活動資金の一部となるそうです。

●exciteによる東日本大震災義援金(寄付)のお願い●
平成23年3月11日に起きた東日本大震災への義援金(寄付)にexciteが取り組んでいます。
少しの力でもきっと何かの役に立つと思います。是非ご覧ください。


●岡山シーガルズ-卜部里菜ファンサイト/flying-beauty.net●
岡山シーガルズの卜部里菜選手のファンサイトです。ここに来れば、きっとあなたも卜部選手の魅力に虜になります!

●岡山シーガルズ・山口舞選手を応援する会●
岡山シーガルズの山口舞選手のファンサイトです。山口舞選手の情報を始め、様々なシーガルズ・バレーボール情報が盛りだくさんです!

●岡山シーガルズ丸山亜季選手のファンブログ!●
岡山シーガルズの丸山亜季選手のファンであるGOHさんのブログです。関西にお住まいで県外のシーガルズファンの雄です!笑顔が素敵な丸山選手の写真も満載!

以前の記事

2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月

最新のトラックバック

小林亜里沙選手
from Strange days

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

オーストラリアドルfx業者

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ

画像一覧