赤磐市パブリックビューイングに行ってきました!

ロンドンオリンピック女子バレーボール競技の会場であるアールズ・コート。

韓国のヤン・ヒョジンのサーブを木村沙織が崩されながらレシーブ。
そのボールに竹下佳江が必死で食らいつき、レフト方向へ向けてアンダーでセット。
ボールは、これまでの人々の想い、全日本代表チームが目指した頂きを象徴するかのように高く、高く舞い上がり、思いきりよくジャンプした迫田さおりの大きくしなるように鋭く振り下ろされた腕で相手コートへ打ち込まれる。
相手の2枚ブロックの手に当たったボールは、ブロックの右後方で、『トン』と弾んだ。

25-21。

その瞬間、女子バレーボール日本代表チームは、実に28年ぶりのメダルとなるロンドンオリンピック銅メダルを勝ち取りました。

2012年8月11日土曜日。
岡山シーガルズと協定を結ぶ岡山県赤磐市の山陽ふれあい公園総合体育館において、ロンドンオリンピック3位決定戦の日本対韓国のパブリックビューイングが行われました。
日本は準決勝戦でブラジルに、また、相手チームの韓国はアメリカにそれぞれ敗れ、3位決定戦に回りました。
この日本対韓国という対戦カードは、奇しくもU-23代表のサッカー男子の3位決定戦の対戦カードと同じでもあり、そのサッカー代表は惜しくも韓国の前に涙を飲みました。
そんな因縁の対決とも言える対戦カードはもちろんですが、何より岡山シーガルズ初のオリンピック出場選手となる山口舞選手の銅メダル獲得を、シーガルズファン、山口選手ファンの方々と見届けたい、と思い、再びパブリックビューイングに行ってきました。

パブリックビューイングのスケジュールは、先日行われたロシア戦の時と同じく、18時30分開場、19時30分開始予定です。
大体前回と同じくらいの時間帯に行ったのですが、会場の駐車場は結構ガラガラで、どちらかというと、数台しか停まっていない、と言う方が正確なくらいでした。
11日は赤磐市の花火大会も行われるため、そちらの方に多くの人々が行ってしまったのかも・・・とちょっと寂しく思いながら体育館の方へ行きました。
e0234998_1031196.jpg

体育館の玄関には前回と同じようにパブリックビューイングを行う旨の張り紙がありましたが、扉を入ると玄関ホールはガラガラ・・・
前回はチームのグッズ販売なども行われていたのですが、この日はチームも来ないのか、全く通常の状態と同じで閑散としていました・・・
e0234998_1032917.jpg

「銅メダルがかかってる試合なのになぁ・・・」とまたもや寂しくなりながら、開場時間を待っていたのですが、いざ開場時間となっても人の入りは数えるばかり・・・
再び「銅メダルがかかってるんだよ?」と寂しい思いにとらわれていたのですが、パブリックビューイング開始の予定時間が近づいてくると、ポロポロと人が集まってきて、いざ19時30分になると、会場内は前回よりはやや少ないながらも、たくさんの人々が集まってきました!
観客席最前列に座られた熱烈なファンの方がメガホンを持って一生懸命盛り上げられているのに触発されたかのように、会場内は盛り上がってきました!
e0234998_104537.jpg

日本チームが得点を決めるたびに、会場中が手に持ったバルーンスティックを叩きならしながら、「ニッポン!ニッポン!」の大きい掛け声。
ミスをしたときも、遠くロンドンにいる選手達に声が届くように、大きく声を張り上げ「ニッポン!ニッポン!」。

対戦相手の韓国は長らく日本チームのライバルとして位置付けられ、大きな大会での対戦成績では後塵を拝することが多かった日本。
この日もさすがライバルと呼ばれるだけあり。一進一退の展開が続きます。
そして、第3セット、日本チームの勝利が決まったとたん、会場中の人々が歓声を上げながら立ち上がり、その歴史的快挙を祝うかのようにチアバルーンを叩きならしました!
会場に来ていた赤磐市長、岡山シーガルズを応援する会赤磐の方も日本チームの勝利を祝うメッセージを熱く語り、しばらく会場の中は銅メダル獲得の興奮が冷めませんでした。
e0234998_10572.jpg

こうして、赤磐市でのパブリックビューイングを終えました。


このオリンピックでは、選手達がそれぞれのパフォーマンスを発揮しましたが、この最終戦で僕が特に輝きを感じたのは、岡山県倉敷市出身にして日本代表のキャプテン・荒木絵里香選手と、小柄な体とは裏腹に高いジャンプ力を生かしたバックアタックや前衛での走り込んでからのシャープなスパイクが持ち味の迫田さおり選手です。

迫田選手は僕の母親の出身県と同じ鹿児島県出身と言うことで、親近感を覚えるところがあったのですが、もっと彼女を凄いと思う出来事がありました。
全日本選手として登録された選手は12名の他に、リザーブとして1名の選手が登録されていました。
久光製薬スプリングスに所属し、全日本チームでもスピード感溢れるバックアタックや巧みなサーブで流れを変えるムードメーカーとして活躍されている石田瑞穂選手です。
石田選手はずっとチームに帯同されていたのですが、開幕を前にして母親が倒れられた、ということで急遽帰国されました。
会場にいない選手もチームの一員。
その思いを体現するかのように、迫田選手は石田選手の背番号・13番が入ったユニフォームを自分のユニフォームの下に着込んで試合に出場していました。
なんとも素晴らしい心意気を持った選手ではないでしょうか。
荒木選手は全日本のキャプテンに就任されましたが、一時期はなかなかレギュラーとしては定着できず、苦しい時期が続いていたと思います。
井上香織選手や大友愛選手の負傷もあり、最近はスターティングメンバーとして出場することも多くなってきました。
ただ、そのプレーは『誰かの代わり』とは言わせない、自らの実力で勝ち取ったと思わせるだけのパフォーマンスを見せつけてくれるようになっていました。
持ち前のパワーに加えて、ブロードのスピードもアップし、相手ディフェンスを崩す巧みなコースをついた重いサーブを武器とし、さらには、得点が決まる毎に大きく雄叫びをあげムードを盛り上げる。
その姿は、『キャプテンは荒木選手しかいない!』と思わせるだけの確かな実力を身につけていました。

その2選手の活躍はこの3位決定戦でもめざましいものがあり、相手スパイクをたたき落とし、流れをぐっと日本に引き寄せたのは荒木選手でしたし、チーム最多得点をたたき出し、第3セットの25点目を挙げたのも迫田選手でした。

このオリンピックを通じて、全ての選手達がそれぞれの持ち味を発揮し、まさにチーム一丸で勝ち取ったのが、バレーボール女子28年ぶりとなる銅メダル。

シドニー五輪最終予選での悔しさを糧とし、全日本の中心選手としてチームをリードしてきた竹下佳江選手。
2枚替えのスペシャリストとしての役割に徹しながらも、変幻自在のサーブで強豪・中国からも勝利をもぎ取った中道瞳選手。
絶対的な日本のエースとしてコートに立ち続けることを求められ、疲労困憊の中でも眼差しは常に前を、上を見続けていた木村沙織選手。
二度に亘る脱臼という怪我から立ち上がり、最終予選、本戦と調子をあげ、目の覚めるようなブロックで相手攻撃をシャットした井上香織選手。
2枚替えやワンポイントブロッカーとして出場し、サーブレシーブ、スパイク、ブロックなど、どんな局面でも安定したプレーを見せた狩野舞子選手。
自コートには絶対ボールを落とさないという静かなる闘志を感じさせるプレーで幾度も日本のピンチを救ってきた佐野優子選手。
ロンドン入りした後は、本来の持ち味であるスピードとパワーのあるブロードで相手チームを翻弄した大友愛選手。
チーム最年少ながら、確実なサーブレシーブと思い切りの良いスパイクで五輪初出場とは思わせない安定したプレーでチームを支えた新鍋理沙選手。
コースをうまくついたスパイクと重量感あるバックアタックで、木村沙織選手と並ぶ絶対的エースにまで成長したことを証明した江畑幸子選手。
リザーブとして帯同し、身はロンドンにあらずともその心でチームの銅メダル獲得を心で支えた石田瑞穂選手。
きら星の如き選手達をまとめ上げ、それぞれのパフォーマンスを最大限に生かせるようにサポートし続けた、眞鍋政義監督をはじめとするスタッフ。

そして、山口舞選手。
三重県志摩市で産声を上げ、広い海を見ながら砂浜を走り回っていたころは、夢のような存在でしかなかったオリンピック。
関西の強豪・大阪国際滝井高校で汗を流し、決してバレーボール選手としては恵まれた身長では無いながらも、自他共に認める『負けず嫌い』で、ただただ努力に努力を重ねた日々。
初めて2009年に全日本代表選手に選ばれると、変幻自在なプレーで後に世界から『NINJA』と恐れられるプレースタイルで異彩を放ち、チームには欠かせない存在へと成長。
そして、岡山シーガルズ初の五輪代表選手に選出されると、初の大舞台にも動じず、自らを貫くプレースタイルで世界を相手にした堂々たるプレー。

銅メダルを獲得した瞬間、チームの全員がコート内に集まり、歓喜の声を上げながら倒れ込みました。
その輪の中ではじけるように笑顔を輝かせる山口選手の目には、まるで真珠のようにきらりと輝く涙が浮かんでいました。
そして、約20000人を収容する歴史あるアールズ・コートでは、山口選手が追い続けてきた夢の舞台であるオリンピックを象徴する、青・黄・黒・緑・赤の5つの輪が、彼女を温かく見守るように柔らかくまたたいていました。
[PR]
by dafeng5 | 2012-08-12 10:09 | その他


女子バレーボールチーム・岡山シーガルズを応援する、とあるファンのブログです。主に、岡山近辺で行われる試合やイベントなどの情報等を発信しますが、更新はえっちらおっちらマイペースです。


by dafeng5

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

facebookページを開設..
at 2012-12-13 18:23
2012/13V・プレミアリ..
at 2012-12-10 00:00
24時間テレビ チャリティー..
at 2012-08-27 00:13
牛肉サミット2012
at 2012-08-25 23:28
赤磐市パブリックビューイング..
at 2012-08-12 10:09

カテゴリ

全体
選手紹介
チアスティック
応援歌
試合など
その他
未分類

外部リンクです。

●岡山シーガルズ公式サイト●
岡山シーガルズの公式サイトです。

●Seagulls Support Shop●
岡山シーガルズのオフィシャルショップです。
こちらのサイトの売り上げの一部は岡山シーガルズの活動資金の一部となるそうです。

●exciteによる東日本大震災義援金(寄付)のお願い●
平成23年3月11日に起きた東日本大震災への義援金(寄付)にexciteが取り組んでいます。
少しの力でもきっと何かの役に立つと思います。是非ご覧ください。


●岡山シーガルズ-卜部里菜ファンサイト/flying-beauty.net●
岡山シーガルズの卜部里菜選手のファンサイトです。ここに来れば、きっとあなたも卜部選手の魅力に虜になります!

●岡山シーガルズ・山口舞選手を応援する会●
岡山シーガルズの山口舞選手のファンサイトです。山口舞選手の情報を始め、様々なシーガルズ・バレーボール情報が盛りだくさんです!

●岡山シーガルズ丸山亜季選手のファンブログ!●
岡山シーガルズの丸山亜季選手のファンであるGOHさんのブログです。関西にお住まいで県外のシーガルズファンの雄です!笑顔が素敵な丸山選手の写真も満載!

以前の記事

2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月

最新のトラックバック

小林亜里沙選手
from Strange days

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

オーストラリアドルfx業者

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ

画像一覧