『おいでませ!山口国体』感想 その2

山形県代表・パイオニアレッドウィングス、茨城県代表・日立リヴァーレを下し、準決勝に駒を進めた我らが岡山シーガルズ。

次なる相手は、サマーリーグ予選大会で1位通過を賭けて争い、決勝大会でも優勝の座を奪い合い、いずれも後一歩のところで後塵を拝することとなった相手、佐賀県代表の久光製薬スプリングスです。
もはやこうなってくると因縁の相手と言っても過言ではない相手のような気がします。

僕が会場である山口南総合センターに到着したのは、岡山シーガルズの試合開始時間の13時30分に合わせ、12時過ぎくらいでした。
e0234998_20123714.jpg

会場入口前には人が行列しています。会場に入場制限がかかっており、整理券を配布しているようなのです。
整理券をもらいしばらくすると場内に通され、少しずつ会場の中に通されていきます。
e0234998_20125276.jpg

場内には、1階のコートサイド片側に、入口を挟むように仮設のスタンドが設置され、それぞれ4分の1程度がチーム関係者席として区切られています。
2階はコートエンドの片側方向にスタンドがあり、それ以外は場内をぐるりと囲うように通路があり、そこが立ち見席となっていました。
僕が入るとき、1階は満席で、2階席に通されたのですが、スタンドは満員で、通路に陣取ることとなりました。
場内は一言で言うと『蒸し風呂』。
選手や観客の熱気で、ムシムシと暑く、じっとしていもじわっと汗ばんでしまうほどです。
e0234998_20132238.jpg


会場内に入った時間だと、予定通りならば、東レ対トヨタ車体の試合をやっているはずなのですが、試合はまだその前の茨城・日立リヴァーレ対大阪・三洋電機レッドソアが絶賛試合中でした!
結局、東レ対トヨタ車体の試合が終わり、岡山シーガルズの試合は16時過ぎくらいと、実に2時間30分押しでした・・・
よく考えると、この国体の日程、1試合の予定時間が1時間20分という、そりゃ時間がおすよな・・・という時間設定なんですけれども・・・

シーガルズの試合の前の東レ対トヨタ車体でちょっと注目だったのは、東レのメンバーの中に堀川真理選手と二見梓選手がいらっしゃったことです。
このお二人、昨年の春高バレーの頃だったか、テレビのスポーツ番組でライバルとして取り上げられていた選手達で、お二人とも東レに入られたということで気になっていた選手達だったのですが、本日はそのプレーが見れるかも、ということで楽しみにしておりました。
堀川選手はカナダと日本のハーフの方で共栄学園を卒業し、過去にアジアユース選手権や世界ユース選手権などに選出されたこともあり、今年の全日本にもメンバー登録された実力派の選手です。
一方、二見梓選手は大和南高校を卒業し、身長180センチという長身を活かしてミドルブロッカーとして東レに今年から在籍している選手です。
それぞれ試合に出場したのはセットの終盤あたり、ということで、まだまだ実戦での経験値を積んでいく、という段階なのかな、という印象でした。
堀川選手はサウスポーで、当方の観戦歴が短いからとは思いますが、サウスポーの選手はあまり見かけないので新鮮で、思い切りよいスパイクを打ち込んでいました。

そしていよいよ始まった岡山シーガルズ対久光製薬スプリングスの試合です。
恐らくほとんどの方がご存じと思うので、結果からお伝えしますと、

第1セット:21-25
第2セット:17-25
第3セット:23-25
で・・・岡山シーガルズは負けてしまいました・・・

この日のスターティングメンバーは、川島亜依美、高松未、川畑愛希、岡野弘子、福田舞、関李香、リベロ丸山亜季という布陣です。
関選手はサマーリーグ決勝大会でブロードにスパイクにサーブと、様々なプレーで抜群の活躍を見せた選手ですし、川島選手は同じくサマーリーグで全チームの中から敢闘賞を贈られた急成長中の選手です。
その他のメンバーも、ここ最近の試合で安定した実力を見せている選手達ですので、期待は出来ました。
リベロについては、サマーリーグ決勝大会ではメインが瀬尾選手だったのですが、ここにきて再び丸山選手が入ってきています。
選手の善戦も及ばず、ストレートで負けてしまった岡山シーガルズ。
連覇は途絶えましたが、次の日の3位決定戦で前試合に東レに敗れたトヨタ車体クインシーズ・愛知と争うこととなりました。

試合内容については、実はほとんど詳しい内容は覚えていません・・・
というのが、やはり敗戦のショックが大きすぎて・・・力が抜けてしまって・・・
とはいえ、全体的な試合の印象としては、
・レフトが比較的多めな印象で、それだけに攻撃がある程度単調になってしまい、攻撃が読まれがちだったこと。
・粘りのプレーは随所で見受けられたものの、粘った末に決めきる、ということがなかなか出来なかったこと。
というところで、このあたりがやはり敗因だったのかなぁ、と素人ながら思いました。
選手個々についても、スターティングメンバーの攻撃がなかなか思うように調子が上がってこないように見受けられ、その代わりとして出場した村田選手がゲーム後半に調子が上がってきたものの、最初の躓きがそのままになってしまった、という感じです。
また、第3セットは多めのリードを奪いながらも、結局は逆転されてしまい、ゲームを落としてしまった、という、昨シーズンと同じような印象を感じました。
この、勝ちきれない、というところは、果たして何が影響しているのか、僕みたいな素人風情には何とも言えません。
負けはショックはショックですが、きっとこのあたりをシーガルズの皆さんも修正してきて、明日の3位決定戦ではきっと見事な勝利を成し遂げるはず!
そう信じて、その日の観戦は終えました。

そして迎えた、10月10日。

僕は軽やかに寝坊をして、あわや間に合わないか!?というところを、なんとか奇跡のドラテクで試合開始には間に合いました。
会場に入ったときは既に選手達が練習を始めており、そこからすぐに試合開始となる位のタイミングでした。
この日の試合は3位の座を賭けたトヨタ車体クインシーズ・愛知とのゲームとなります。
この日のスターティングメンバーは、小林亜里沙、高松未、村田奈都美、岡野弘子、福田舞、関李香、リベロ丸山亜季という布陣です。
試合開始前のポジション確認で選手がコートに立つ際、小林選手のポジションに川島亜依美選手が一旦はコートに立ったのですが、すぐに河本監督から声がかかり、小林選手に変更されました。最初からこのスタメンだったのか、急遽変えたのかまではちょっとわかりません・・・
昨日の敗戦を引きずらず、全力を出して勝利を目指して欲しいところです!

そしていよいよ試合開始。
e0234998_2015183.jpg

福田選手のサーブで火ぶたが切られました。
序盤から快調に点数を重ねる岡山シーガルズ。
第1セットは福田選手、村田選手のスパイクが要所で決まり、危なげなく1セットを取りました。
続く第2セット。ここからトヨタ車体がめざましく追い上げをしていきます。
一旦はシーガルズがリードするものの、いつの間にか逆転をされてしまいます。
トヨタ車体は、相手選手の強烈なジャンプサーブで守備を崩し、返ってきたチャンスボールを的確にパワフルにコートにたたき込んできます。随所にブロックアウトを狙ってくる攻撃もスピードとパワー溢れる攻撃にアクセントを付け、なかなかシーガルズは跳ね返すことが出来ません・・・
随所では、村田選手や小林選手、福田選手といった攻撃陣の強烈なスパイク、卜部選手のトスなど、光るプレーが見られるのですが、なかなか波に乗りきれません・・・
e0234998_20283087.jpg

e0234998_2028599.jpg

e0234998_2030667.jpg

e0234998_20321583.jpg

結果、第2、第3セットは惜しいところまではいくのですが攻めきれず、相手に連取されてしまいます。

流れとしては、この時点で完全にトヨタ車体です。
続く第4セットは取られてしまうと当然ですがゲームを落としてしまいます。
そんな勝負がかかった第4セット。

ここからシーガルズは怒濤の反撃を見せていきます

圧巻だったのは、福田選手のスパイク!
e0234998_20165182.jpg

試合序盤から、昨日ゲーム後半で一時下げられるなど、なかなか調子が上がらなかった福田選手はこの日絶好調!
強烈なスパイクをたたき込む福田選手に、トヨタ車体はついに福田選手に3枚を付けてきます!
興奮してて三枚ついているときの写真は残念ながら無いのですが、伸びてくるブロックをかいくぐって相手コートに突き刺さるそのスパイクは、思わず興奮せずにはいられません!
この日のスタメンからは外れた川畑愛希選手も、その鬱憤を晴らすかのように攻撃を決めていきます。
e0234998_20191082.jpg


そして岡野選手。
e0234998_20201225.jpg

相手にうまく振られて、岡野選手一枚のブロックしかないとき。
ああ、厳しいかもと思った次の瞬間、完全に相手のスパイクを見事なブロックでシャットアウト!
あの瞬間は思わず「おお!!」と声を上げてしまいました!
もう一つ印象的だったのは、第3セットだったと思うのですが、流れが完全にトヨタ車体側に傾いたとき、岡野選手がコート上にいる選手達に声をかけ、コートの真ん中で円陣を組んで気合いを入れた場面でした。
岡野選手は今期からキャプテンを務めています。
チームを一つにまとめ上げるその責務を背負った試合において、メンバーが落ち込みかけたその時を的確につかみ、今一度気持ちを一つにしようとしたその行動に、岡野選手のキャプテンシーの片鱗を垣間見た気がしました。
e0234998_20492927.jpg

そのセットは惜しくも取られてはしまったのですが、今にして思えば、このときに選手達がくじけなかったことが、ひょっとしたら第4セットの奮起につながったのかもしれません。
e0234998_20233545.jpg


そして、そんな頑張りを見せる選手達をさらに後押しするのは、中田コーチと宮下遥選手が掲げるメッセージ!
e0234998_2025545.jpg

『さらりととめて 気を流す』と書かれたお手製の横断幕をいつしか掲げながら、宮下選手は試合内容をメモしつつ、プレー中は真剣な顔で仲間達を見つめ、中田コーチと共にコート外から力一杯応援をされていました!

一進一退の様相を呈してきた第4セットをもぎ取ったのは我らが岡山シーガルズ!

そして迎えた最終セット。
コート上でセット開始を待つのは、川島、卜部、福田、川畑、岡野、リベロ丸山。
会場内は1点が入るごとに大歓声があがる盛り上がりを見せます!
もうここから写真、ほとんど撮ってません・・・

14-11。
先にセットカウントを迎えたのは、我らが岡山シーガルズでした。
e0234998_2026461.jpg


トスが上がり、レフトからスパイクを打つ川畑選手。




次の瞬間、歓声をあげたのは、岡山シーガルズでした。
e0234998_2027861.jpg

コート上の選手はもちろん、年齢制限で出場できなかった宮下選手も、中田コーチも、喜びを爆発させた瞬間です!

セットカウントは、
第1セット:25-18
第2セット:23-25
第3セット:23-25
第4セット:25-21
第5セット:15-11
というフルセットの激戦となりました。

こうして、3連覇中の岡山シーガルズは、第66回国民体育大会『おいでませ!山口国体』の結果は3位という結果に終わりました。
e0234998_20342770.jpg

e0234998_20345011.jpg


一つ、これはシーズンでもアリなのでは?と思ったのが、瀬尾選手と丸山選手のダブルリベロ防衛ラインです。
e0234998_20335950.jpg

瀬尾選手は、全日本に急遽招集された森和代選手の代わりにメンバー登録をされ、その登録はリベロではありませんでした。
そのため、守備力を高める際や要所でのピンチサーバーとして出場した瀬尾選手。
リベロが入っている際は、事実上二人のリベロがコートに立つことになるわけで、ナイスレシーブを連発していました。
e0234998_20332630.jpg

普段はリベロなのでサーブを見ることはありませんが、ピンチサーバーとして出るだけあり、サービスエースを決めるなどもしていましたし、守備固めの際は瀬尾選手をあえてリベロ以外で起用、ということもあり得るのではないかと思いました。
昨日深夜(正確には本日)に放送された岡山放送のスポーツ番組『スポーツスピリッツ』に瀬尾選手が登場した際、瀬尾選手はリベロ以外にセッターもやってみたい、ということを仰っていました。
元々彼女は翠松高校時代、セッターとしてプレーしており、そのあたりもあるのだとは思いますが、リベロというポジションについて気づいたこともある、ということで、『リベロを外れる』という意味ではなく『リベロ以外のポジションで起用する』というプラスの意味での起用もアリなのではないかと思いました。
外国人選手や全日本組が加わった相手に試合をしていく上で、シーガルズは長身の選手が少ないことから、まずは返す、ということを実践するためにある意味、理にかなっているような気もしないではないのですが。
とはいえ、素人の僕が考えることなので、理にかなっていないかもしれないですし、そのあたりはあくまで個人の感想と言うことで・・・
昨年の世界選手権で、全日本のコート上に、竹下選手、佐野選手、井野選手、中道選手と4人の170センチ以下の選手達が立ったことがありました。
その時の守備力は尋常ではなかったです。
シーガルズでも、そういう、とにかく拾って拾って拾いまくる、という守備的な布陣を時々見てみたいなぁ、ということを思いました。


サマーリーグ、ミニ国体、国体と続いてきたオフシーズンの試合ですが、この後はいよいよ12月に迫ったV・プレミアリーグです。
そこに向けてどう調整していくか。
また、高速バレーを標榜する新生全日本でプレーしてきた山口舞選手、森和代選手が合流してきたとき、現在のチームとどう融合していくのか。
リーグ開幕へ向けて、これからも目が離せません!

とはいえ、しばらくシーガルズのゲームを見ることはできないので、寂しくなりますね・・・
[PR]
by dafeng5 | 2011-10-11 20:30 | 試合など


女子バレーボールチーム・岡山シーガルズを応援する、とあるファンのブログです。主に、岡山近辺で行われる試合やイベントなどの情報等を発信しますが、更新はえっちらおっちらマイペースです。


by dafeng5

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

facebookページを開設..
at 2012-12-13 18:23
2012/13V・プレミアリ..
at 2012-12-10 00:00
24時間テレビ チャリティー..
at 2012-08-27 00:13
牛肉サミット2012
at 2012-08-25 23:28
赤磐市パブリックビューイング..
at 2012-08-12 10:09

カテゴリ

全体
選手紹介
チアスティック
応援歌
試合など
その他
未分類

外部リンクです。

●岡山シーガルズ公式サイト●
岡山シーガルズの公式サイトです。

●Seagulls Support Shop●
岡山シーガルズのオフィシャルショップです。
こちらのサイトの売り上げの一部は岡山シーガルズの活動資金の一部となるそうです。

●exciteによる東日本大震災義援金(寄付)のお願い●
平成23年3月11日に起きた東日本大震災への義援金(寄付)にexciteが取り組んでいます。
少しの力でもきっと何かの役に立つと思います。是非ご覧ください。


●岡山シーガルズ-卜部里菜ファンサイト/flying-beauty.net●
岡山シーガルズの卜部里菜選手のファンサイトです。ここに来れば、きっとあなたも卜部選手の魅力に虜になります!

●岡山シーガルズ・山口舞選手を応援する会●
岡山シーガルズの山口舞選手のファンサイトです。山口舞選手の情報を始め、様々なシーガルズ・バレーボール情報が盛りだくさんです!

●岡山シーガルズ丸山亜季選手のファンブログ!●
岡山シーガルズの丸山亜季選手のファンであるGOHさんのブログです。関西にお住まいで県外のシーガルズファンの雄です!笑顔が素敵な丸山選手の写真も満載!

以前の記事

2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月

最新のトラックバック

小林亜里沙選手
from Strange days

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

オーストラリアドルfx業者

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ

画像一覧